News,

VRクリエイティブプラットフォーム「 STYLY 」を提供する株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」は、VRコンテンツアワード「 NEWVIEW AWARDS 2018 」のファイナリスト19作品を発表しました。

ファッション/カルチャー/アート分野のVRコンテンツを世界中から公募した本アワード。「超体験をデザインせよ」というテーマのもと、2018年6月1日から7月31日までの募集期間中に、7ヶ国から合計219作品の応募があり、事務局による審査を経て19作品がファイナリストとして選出されました。

全ファイナリストの作品は、以下のリンクからもご覧いただけます。

・ファイナリスト19作品の発表ページ(日本語):https://newview.design/awards/2018/jp
・ファイナリスト19作品の発表ページ(英語):https://newview.design/awards/2018/en/
※作品動画もあり

 

グランプリなど最終審査結果は2018年10月上旬に発表予定

賞金 20,000USDのグランプリや各賞受賞者の最終審査結果発表は、2018年10月上旬に発表予定です。最終審査は、デビッド・オライリー(アーティスト)、m-flo(プロデュース)、伊藤ガビン(編集者)、松武英樹(音楽家、シンセサイザー・プログラマー)ら、国内外の豪華審査員により行われます。

 

ファイナリスト作品をVR体験できるNEWVIEW初の展覧会を8月30日より開催!

ファイナリスト19作品を中心に、NEWVIEWプロジェクトより誕生したVRコンテンツを体験できる展覧会「NEWVIEW EXHIBITION 2018」を、2018年8月30日(木)より東京・渋谷のGALLERY X BY PARCOにて開催いたします。8月31日には、クリエイターによるトークイベントおよびDJライブも開催いたしますので、取材機会としてぜひお越しください。

※取材撮影を希望される場合は、事前にinfo@newview.designまたは各社PR担当までご連絡ください。

 

NEWVIEW EXHIBITION 2018

ファイナリスト作品を中心に、NEWVIEWプロジェクトで制作された気鋭クリエイターらの作品もVR体験できるエキシビジョン。VRコンテンツの制作プラットフォームSTYLYも紹介します。

会期:2018/8/30(木) 〜 9/2(日)
時間:11:00〜20:00(8/30は13:00 スタート)
料金:無料会場:GALLERY X BY PARCO(東京都渋谷区宇田川町13-17)
※8/31(金)18:30-20:00は「NEWVIEW EXHIBITION SPECIAL TALK&DJLIVE」のため、17:00以降は、一般入場できません。

告知ページURL
https://newview.design/event-action/newview-exhibition-2018

 

NEWVIEW EXHIBITION SPECIAL TALK&DJLIVE

ファイナリスト作品のレビューを中心に、3次元空間表現の「これからの可能性」を語るトーク&DJイベントを開催します。出演は、NEWVIEWプロジェクトで初のVR作品を作成したVIDEOTAPEMUSIC、VRに高い関心を持つ音楽作家の鶴岡龍 (LUVRAW)、メディアアーティストのゴッドスコーピオンの3名(敬称略)です。NEWVIEWプロジェクトのキュレーションを担当する編集者の安東嵩史がトークのモデレーターを務めます。

日時:2018/8/31(金)18:30-20:00
会場:GALLERY X BY PARCO(東京都渋谷区宇田川町13-17)
料金:無料
プログラム:
・トーク:VIDEOTAPEMUSIC、鶴岡龍 (LUVRAW)、ゴッドスコーピオン
モデレーター:安東嵩史(編集者/NEWVIEWキュレーター)
・DJ:VIDEOTAPEMUSIC

申し込みページURL(Peatix)
https://newview-exhibition-sp.peatix.com

 

VIDEOTAPEMUSIC /  音楽・映像クリエイター

地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオショップなどで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している。VHSの映像とピアニカを使ってライブをするほか、MV制作、VJ、DJ、イベントのオーガナイズなど活動は様々。

 

鶴岡龍 (LUVRAW) /  音楽作家

電子音で歌う鼻歌と溜め息は夜に響いて波に合う。メロウな手口のシンセ歌手(トークボクサー)。横浜生まれのムードにこだわる音楽作家。生きる快楽レイドバック研究家。 DJ。-IMAGECLUV- 主催。イメージする事を生業に猫と暮らす。

 

ゴッドスコーピオン /  メディアアーティスト

1990年生まれ。渋家、Psychic VR Lab所属。メディアアーティスト。魔術、テクノロジー、時間軸、空間軸のフレームの変化をテーマに、ラボラトリー、チームと共に作品を製作。主な作品に2014年度文化庁若手クリエイター育成事業採択『Stricker』。DJVR空間ジョッキー『Spatial Jockey』東京リチュアル、バンギ・アブドゥル氏との共作でVRリチュアル作品『NOWHERE TEMPLE Beta』など。

 

NEWVIEW AWARDS ファイナリスト19作品

ENCLOSURE

TeamMIKAMI (from OMNIBUS JAPAN)/ JAPAN

身体の形状記憶装置 -Shape memory of you-

Discont / JAPAN

Emma VR: Painting Life

Wyatt Roy / USA

Solvitur Ambulando

Alejandro Zamudio S. / TAIWAN

FAMILIAR

FUKUPOLY / JAPAN

paper island

machutorica / JAPAN

Daydream

Lagthorin / JAPAN

Whisper National Park: Glowworm

Wyatt Roy / USA

Fever

Tomoaki Seo / JAPAN

Immersive Photo Exhibition “美少女は目で殺す”

chiepomme & Albina Albina & APOLIA / JAPAN

prints

Yuki Matsuoka / JAPAN

Emoco’s First Private Exhibition

えもこ / JAPAN

Personal Space

橋口 尚朋 / JAPAN

サラリーランド

Dave Maggio / JAPAN

Compression Artifact -Lk.2:14-

Takehiro Kumagai / JAPAN

Kyo

MaruTangle / JAPAN

Myth Building

Trudy Erin Elmore / CANADA

『新紀元 ~The Birth~』

バーチャルキャスタープロジェクト / JAPAN

Maillots de bain

Mask du Video / JAPAN

 

主催 NEWVIEW PROJECT

NEWVIEWについて
3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティー。ファッション、音楽、映像、グラフィック、イラストレーションなど、都市空間におけるカルチャーを体現するクリエイターとともに、リアルと空想を越境する次世代のカルチャー/ライフスタイル体験をデザインする実験を仕掛けていきます。国内外でのレクチャーやミートアップを通じて次世代のVRクリエイターの発掘・育成・交流の展開をしています。

Web:https://newview.design/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ryohei Watanabe

Ryohei Watanabe

VR Inside元創刊編集長。Psychic VR Labが提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」に惚れ込み、2018年1月よりChief Media Officerとして同社へ移籍。

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。
 

Unity

STYLYを活用し、全世界に向けVRコンテンツを配信
まずはアカウントを作成しよう

Click here

×