VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Labは、SVRと共にSTYLYを活用したVRコンテンツの創出とクリエイターの育成を目的としたバーチャルリアリティーラボ「SVR Lab(Social VR Lab)」をパキスタン・ラホールと、インド・パンジャーブに設立しました。

MESA地域のVR市場発展に貢献

既にパキスタンの15大学、のべ2,165名にワークショップを開催しているが、今後はインド・パキスタンだけでなくMESA(中東・南アジア)地域の学生向けにもワークショップを開催し、ファッション、アート、ショッピングなど、新たなVRコンテンツの創出を推進して参ります。

インド・パキスタンの最高責任者で、弊社CAO(Chief Alliance Officer)を務めるMir Nausharwan(ミール・ノシェルワン)は、インド・パキスタンの経済は2030年に日本を、2050年にはアメリカを越えると予想され、巨大なマーケットになるとコメント。

SVRでは、高いポテンシャルを持った学生達のために、VRの最新機器など創作活動に必要な一式を提供。また、継続的なVRコンテンツ制作方法のレクチャーやツールの提供を通じて、次世代のVRクリエイターの育成を行い、MESA地域のVR市場発展に貢献していきます。

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ryohei Watanabe

Ryohei Watanabe

VR Inside元創刊編集長。Psychic VR Labが提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」に惚れ込み、2018年1月よりChief Media Officerとして同社へ移籍。