3DModel, Sketchfab,

本記事では3Dモデル界のYoutubeとも呼ばれる3DCGデータ投稿・共有サービス「Sketchfab」から3DモデルをダウンロードしてSTYLYへインポートする方法をご紹介します。

お好みの3Dモデルを無料で活用し、自分だけのVR空間を作りたい!という方オススメです。

Sketchfabとは?


Sketchfabは、3Dモデルの投稿・共有ができるプラットフォーム。MayaやBlenderなどの一般的なファイルを含め、対応ファイルは30種類以上あり、作品投稿数は500,000を超えている。

アップロードされた3Dモデルは、グリグリ回転させながら360°確認できるだけでなく、クリエイターがアップ時に許可している3Dモデルであれば、ローカルへダウンロードも可能です。

対応ファイル一覧

  • 3DC point cloud (.3dc, .asc)
  • 3DS (.3ds)
  • ac3d (.ac)
  • Alembic (.abc)
  • Alias Wavefront (.obj)
  • Biovision Hierarchy (.bvh)
  • Blender (.blend)
  • Carbon Graphics Inc (.geo)
  • Collada (.dae, .zae)
  • *Design Web Format (.dwf)
  • Designer Workbench (.dw)
  • DirectX (.x)
  • *Drawing eXchange Format (.dxf)
  • Autodesk Filmbox, FBX (.fbx)
  • GDAL vector format (.ogr)
  • Generic Tagged Arrays (.gta)
  • GL Transmission Format (.gltf, .glb)
  • Initial Graphics Exchange Specification, IGES (.igs, .iges)
  • Kerbal Space Program (.mu, .craft)
  • Google Earth, Keyhole Markup Language (.kmz)
  • LIDAR point clouds (.las)
  • Lightwave (.lwo, .lws)
  • Mimesys Q3D (.q3d)
  • Minecraft (.mc2obj, .dat)
  • Open Flight (.flt)
  • Open Inventor (.iv)
  • OpenSceneGraph (.osg, .osgt, .osgb, .osgterrain, .osgtgz, .osgx, .ive)
  • Polygon File Format (.ply)
  • Quake (.bsp)
  • Quake / Valve source engine (.md2, .mdl)
  • Shape (.shp)
  • *Stereolithography, Standard Tessellation Language (.stl, .sta)
  • Terrapage format database (.txp)
  • Valve source engine (.vpk)
  • Virtual Reality Modeling Language, VRML (.wrl, .wrz)

 

Sketchfabアカウント登録

まず始めに「Sketchfab」へアクセスし、”SIGN UP”からアカウント登録を行います。

メールアドレスで登録も可能ですが、FaceBook / Twitter / Google+などのSNS連携も可能です。

 

3Dモデルを探そう

ログイン後、ヘッダーメニュー左上部にある” EXPLORE ”にマウスオーバーさせると、”BROWSE BY CATEGOLY“と”HIGHLIGHTS”、2つのサブメニューが表示されます。

カテゴリーメニューからお好みの3Dモデルページへ遷移してもいいですが、前述した通り、ダウンロード可能になっている必要があるので、一つ一つ確認するよりはHIGHLIGHTSメニューにある”downloadable”を選択し、ダウンロード可能なモデル一覧を表示しましょう。

 

3Dモデルをダウンロード

3Dモデル一覧から、お好みの3Dモデルを見つけたらクリックして詳細ページへ遷移しましょう。

詳細ページ左中段にDownloadボタンが表示されている(※許可していない場合は表示されません)ので、クリックしてください。

Original format、Autoconverted format (gLTF)どちらかを選び、ダウンロードボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。

 

Blenderでポリゴン数を削減

50MBを超える3DモデルはSTYLYにアップロードできないので、Blenderを使ってポリゴン数を削減し、容量を下げましょう。

まず、Blenderを起動し、画面右側にあるScenes一覧から対象Sceneをクリックもしくは、”A”をクリックすると全選択にします。その後、画面右中段にあるスパナボタンをクリックしたのち、Add Modifierをクリックしてください。

次にDecimateボタンをクリック。最後に画面右下部のRatioの数値を1がデフォルトなので、半分にするのであれば0.5などに設定いただいて上で改めて.objファイルとしてエクスポートしてください。

ここまでで容量の削減は完了です。

 

STYLYへインポート

STYLYへアクセスし、STYLY Editorを立ち上げます。

※アカウント作成方法はこちら:https://styly.cc/manual/styly-account-create/

 

STYLY Editorを立ち上げたらAssets > 3D Model > Uploadの手順でアニメーションを付けた3Dキャラクターデータをアップロードします。

アップされた3DデータはMy Modelsに入っているので、そこからクリックするとVR空間内に配置することができます。

 

※シーンの公開方法はこちら:https://styly.cc/manual/scene-create-tutorial/

 

ただ、現状だとテクスチャーが剥がれてしまい、STYLY上で綺麗に表示させることができません。現在、運営側でより簡単な方法で綺麗に取り込める方法を模索中なので、乞うご期待!

About Styly

STYLY is a cloud-based service for creating high quality, beautiful VR spaces that doesn’t require any coding.

By using STYLY, creators can express their imaginations indefinitely and build a variety of virtual spaces.

Through these spaces, we can share experiences that are unachievable in the real world.

STYLY Official Site:https://styly.cc

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ryohei Watanabe

Ryohei Watanabe

VR Inside元創刊編集長。Psychic VR Labが提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」に惚れ込み、2018年1月よりChief Media Officerとして同社へ移籍。