本記事では、3Dモデルサイトの3D Warehouse、Unity Asset Store、Sketchfabでのアセット入手方法をご紹介します。

3D Warehouseについて

3DソフトのSketchUpで作られたデータが格納・公開されている「3D Warehouse」からSTYLYで使える3Dモデルを取得することができます。

 

赤い「Download」ボタンを押すと、ドロップダウンメニューが現れます。

現状のSTYLYではskpファイルの2015年と2014年モデルのみ対応していますので、ダウンロード時の年度をどちらかに指定する必要があります。クリックすると自動ダウンロードが始まり、データの入手が完了します。ダウンロード後の3Dモデルのアップロード方法はこちらをご覧ください。

 

Unity Asset Storeについて

Unity Asset Storeはゲーム制作用エンジンUnityで使われる3Dモデルやその他アセットを格納、販売しているサイトです。STYLYはUnityで制作したデータを取り込むことができるため、Unity Asset Storeから入手したモデルを活用することができます。これらのアセットをSTYLYで利用するには次のステップが必要になります。

  1. アセットを購入する(有料の場合のみ)
  2. アセットをダウンロードする
  3. Unityにアセットをインポートする
  4. アセットをSTYLYにアップロードする

 

ここでは始めの3つのステップを解説します。4番目のステップはSTYLY Unity Uploaderを活用するためこちらをご覧ください。

 

既存のプロジェクトを開くか新しいプロジェクトを作成し「Asset Store」というウインドウを開いてください。

もしこのウインドウがない、もしくは見つけられない場合はWindow > Asset Storeと進むか、Ctrlキー(Macの場合、Commandキー)と9キーを同時に押してください。

もし入手したいアセットの検討がついている場合、検索ボックスにキーワードを入れましょう。画面右側のメニューでは、アセットをカテゴリーから探すこともできます。

 

キーワード検索またはカテゴリから選択後、画面上部のパラメータを変えることでさらに高度な検索をかけることができます。たとえば、無料アセットのみを探したい場合や、過去一年以内にリリースされたアセットなどの分類が可能です。

 

アセット毎にあるサムネイルをクリックすると、アセットの写真を確認したり、さらに詳しい情報を見ることができます。

アセットを決めたら「Buy」とかかれた青いボタンを押し、購入を完了させてください。もし無料であれば「Download」と書かれています。押すとダウンロードが開始されます。

 

ダウンロードが完了すると新しいウィンドウが現れ、全てのアセットがパッケージになっています。これらすべてのチェックを付けたまま「Import」を押します。

 

アセットは一度インポートされるとアセットフォルダ内の新しいフォルダに置かれます。

 

通常、このフォルダはたくさんの項目を含んでおります。多くの場合、あらかじめ作成されたシーンや各モデル、シェーダ、マテリアル、スクリプトなどで構成されています(しかしながら、今回は格納されたモデルをSTYLYにアップロードしたいだけですので全てが揃っている必要はありません)。

アセット内には「Prefabs」と呼ばれるフォルダがあり、通常その中にモデルのプレハブが含まれています。

 

このプレハブを置いたらSTYLYにアップロードする準備は完了です。もしこちらのやり方がわからない場合は、STYLY Unity Uploaderの解説をご覧ください。

 

Sketchfabについて

3Dモデルの共有・公開プラットフォームSketchfabでは一部の3Dデータがダウンロード可能になっています。

 

 

取得したい3Dモデルを検索すると次のような各3Dモデル毎の個別ページに遷移します。

 

このページに「DOWNLOAD」というボタンがあればデータを入手可能です。

 

 

 

クリックするとライセンスに関する確認画面がでます。どのように使用可能かはこちらで確認します。

商業利用等でダウンロードする場合はよく読んでからルールに従った使用を心がけましょう。ダウンロード後の3Dモデルのアップロード方法はこちらをご覧ください。

 

About Styly

STYLY is a cloud-based service for creating high quality, beautiful VR spaces that doesn’t require any coding.

By using STYLY, creators can express their imaginations indefinitely and build a variety of virtual spaces.

Through these spaces, we can share experiences that are unachievable in the real world.

STYLY Official Site:https://styly.cc

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Miyuki Yasuzawa

Miyuki Yasuzawa

デジタルハリウッド東京本校卒業後、今はフリーランスデザイナーです。主に動画制作、プロジェクションマッピング制作などをしていて、HP制作や英訳もたまにやります。宇宙と読書が好きです。