3DModel,

画像1枚から3Dモデルを作れる「Smoothie-3D」を使ってみました。
「Smoothie-3D」はWebブラウザ上で無料で使用でき、Objファイルをエクスポートしたり、
Skechfabに直接アップロードすることができます。
画像1枚から3Dモデルが作れるということで、3Dモデリングができないユーザの方でも、画像さえあれば3Dモデルを作れてしまいます。
今回は、Smoothie-3Dの使い方から、作った3DモデルをSTYLYにアップロードするところまで紹介します。

Smoothie-3Dの使い方(登録~3Dモデル作成)

Smoothie-3D: squirrel modeling

Smoothie-3D:http://www.smoothie-3d.com/site/page_index.phpにアクセスします。
トップページが開きますので、ユーザ登録(無料)をします。

Smoothie-3D トップページ

右上メニューの[Register!]ボタンをクリックします。

Smoothie-3D Registration

Registration fromが表示されますので、下記情報を入力して、
一番下の[I agree to terms and conditions! Resister me!]ボタンをクリックします。

  • Email:メールアドレス
  • Nick name:ユーザネーム
  • First name:名前(名)
  • Last name苗字(姓)
  • Password:パスワード
  • Captcha:画像に表示されてる文字を入力してください

登録したメールアドレスにSmoothie-3DからURL付きメールが届きますので、認証してください。

Smoothie-3D Log-in 1

右上にある[Log-in!]ボタンをクリックして、ログインフォームを開きます。

Smoothie-3D Log-in 2

Google Chrome(ブラウザ)だと、ログインフォームがつぶれてしまっていたので、IE(ブラウザ)を使いました。
もし、ログインフォームがつぶれて入力できない場合は、違うブラウザを使ってみてください。

Smoothie-3D

こちらがSmoothie-3Dのワークスペース画面になります。
今回はサイリウムの写真から、3Dサイリウムを作ります。

Smoothie-3D Image→Add

3Dモデルにしたい画像の読み込みをします。
左上のImageタブをクリックして、Addボタンをクリックして、画像の選択します。
画像サイズが大きすぎると読み込めない場合があります。
その場合は、画像サイズを縮小できるサービス(無料)がインターネット上にあるので、それを使ってサイズ縮小して再度トライします。

Smoothie-3D

画像読み込み後、真ん中上部メニューから、一番右のアイコンをクリックします。
画像の中心に赤線が表示されます。
マウスで画像をアウトラインをなぞります。

Smoothie-3D

なぞると3Dモデルが出来上がります。
これだけの作業でサイリウムの3Dモデル化ができてしまいます!!

3Dモデルのエクスポート

エクスポート先およびエクスポートファイルは下記になります。

  • Sketchfab
  • Shapeways
  • materialise
  • 3DHubs
  • OBJ
  • STL
  • VRML2

STYLYで使用できるのはOBJファイルですが、OBJファイルだけだとSTYLYにアップロードするとテクスチャ(画像)がつきません。
ですので、Sketchfabにアップロード→ダウンロードしてSTYLYにアップロードします。
Sketchfabにアップロードしてみましょう。
アップロードするために、SketchfabのAPIを取得する必要があるため、Skechfabにログインします。
Skechfab:https://sketchfab.com

Skechfab

Skechfabにログインしたら、ログインメニューから[Settings]をクリックします。

Skechfab

[PASSWORD & API]ボタンをクリックします。
次にAPI tokenフォーム内をコピーします。

Smoothie-3D

Smoothie-3Dのサイトに戻り、Exchangeメニューから[Export to Sketchfab]をクリックします。

Smoothie-3D

SketchfabのAPIをコピーして、[OK]ボタンをクリックします。

Skechfabに3Dサイリウムがアップロードされました。
DownloadをFreeに変更して、ダウンロードしましょう。

STYLYにアップロード

Skechfab 3Dモデル ダウンロードファイル 1

ダウンロードしたフォルダを開きます。
sourceフォルダを開きます。

Skechfab 3Dモデル ダウンロードファイル 2

model.zipファイルを解凍(展開)します。

Skechfab 3Dモデル ダウンロードファイル 3

解凍(展開)したmodelフォルダを開きます。

Skechfab 3Dモデル ダウンロードファイル 4

下記ファイルを全選択(重要)してSTYLYにアップロードします。

  • model.mtl
  • model.obj
  • texture.jpg

STYLY WebEditor画面 1

STYLYにアップロードしたモデルをMy modelから、Editorに入れます。
StartPotisionが見えないぐらいモデルがでかいですね。。。
モデルを縮小します。

中将P(@chujo_hell)に3Dサイリウムを持たせてあげて、完成です。

今回は、Smoothie-3Dの使い方からSTYLYへのアップロードを紹介をしました。
ツールを使い込めば1枚の画像から動物やギター、初音ミクなどを作成することができます。
STYLYにこういう3Dモデルが欲しいけど無いって場合、画像さえあれば3Dモデル作れますね!

About Styly

STYLY is a cloud-based service for creating high quality, beautiful VR spaces that doesn’t require any coding.

By using STYLY, creators can express their imaginations indefinitely and build a variety of virtual spaces.

Through these spaces, we can share experiences that are unachievable in the real world.

STYLY Official Site:https://styly.cc

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中将

中将

1988年生まれ。長野県出身。大学卒業後、通販サイトや公共事業システムなどのバックエンド側のシステムエンジニアとして働き、2017年夏よりPsychic VR Labへ。