アイキャッチ

【Blender】VRMファイルを扱う

はじめに

今回の記事では、VRMファイルをBlenderにインポートする方法をご紹介します。

Blender初心者の方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

https://styly.cc/ja/tips/blender-modeling-start1/

Blenderのバージョンについて

今回はBlenderのバージョン2.79での解説記事となります。

この記事執筆現在は2.8が最新ですが、2.8でVRMファイルを読み込んだところ、キャラクターが骨になってでてきました。

Blender2.8でVRMを読み込んだ結果

Blender2.8でVRMを読み込んだ結果

…おそらく彼女(VRMファイル)たちは2.79時代に生きていて、2.8の時代にはもうこの世にいない存在だったのでしょう。

2.8時代という未来に召喚されてしまい、2.8時代での彼女たちの姿、そう、遺骨となってでてきたのだとおもいます。

時代の流れを感じますね。

原因が分かり次第ここに書こうとおもいます。

VRM IMPORTERのインポート

まず、以下のURLからVRM_IMPORTERをダウンロードします。Blender2.79用のものです。

解凍せずにZipファイルのままでオッケーです。

https://github.com/iCyP/VRM_IMPORTER_for_Blender2_79

 

Blenderを開き、File>User Preference>Add-onsタブを開きます。

Add-onsタブを開いたら、下にあるInstall Add-on from File…をポチっとします。

User Preference

User Preference

 

ファイル選択の画面になるので、先ほどダウンロードしたVRM_IMPORTERをZipファイルのまま選択し、

Install Add-on from Fileを押します。

アドオンのインポート

アドオンのインポート

 

アドオンの表示画面に戻ったら、①Testingを選択すると先ほどのVRM_IMPORTERがでてくるので、②チェックを入れて

 ③Save User Settingsをポチっとします。これでUser PreferenceのWindowは消してオッケーです。

アドオンにチェック

アドオンにチェック

 

Blenderの画面で、File>Importを開いてみてください。すると!なんとそこに!

VRMという選択肢が!!(ドンドンパフパフ)

VRMファイルをインポートします。少し時間かかったりたまにBlender落ちたりしますが諦めない心、タイセツ。

インポートするときの注意なのですが、インポートするときにVRMファイルを選択したディレクトリにテクスチャの画像データがたくさん作られるので、ファルダを作ってその中にインポートしたいVRMを入れてからインポートすると良いです!

選択肢にVRMが!!!!

選択肢にVRMが!!!!

 

VRMの扱い方

うちの子はインストールできましたか?ほーらかわいいです。愛らしい。

うちのうちの子

うちのうちの子

もし、死体みたいな状態で出てきた場合、表示がSolid表示になっているかCycles Renderになっているので、

Material表示、もしくはBlender Renderに変更しましょう。

こんなときはSolid表示かCyclesRenderになってます

こんなときはSolid表示かCyclesRenderになってます

 

表情の変更

まずは表情の扱い方です。VRMファイルを読み込むと、髪、頭と顔、体と服、ボーンでグループが分かれた状態でインポートされます。

顔の表情を変えたいときは、顔のメッシュを選択し、右メニューの①のタブ(Object dataタブというらしい)の、Shape Keysの部分で変えることができます。

Blend Shape

Blend Shape

シェイプキーとは表情のセットみたいなもので、Vroidで作成したVRMファイルの場合はもうすでに割り当てられています。

以下のようにシェイプキーを選択して値を変えてあげるとそのシェイプキーに設定された表情になります。(正確には、「目や口などのメッシュの動きが設定されてる」といった感じ)

シェイプキーの操作

シェイプキーの操作

 

ポーズの変更

ポーズの変更にはボーンのポーズモードを使用します。

ボーンを選択し、Ctrl+Tabを押すと選択している色が水色になります。

この状態がポーズモードといって、ボーンを回転や移動させてポーズを作るモードです。

 

ポーズモードでポーズを変える

ポーズモードでポーズを変える

 

 

モデルを書き出す

ポーズが決まったら、そのポーズでモデルを書き出してみましょう!

ポーズの変更

ポーズの変更

 

書き出しはVRMではなくFBXで行います。そうすることでポーズを反映したまま書き出すことができます。

書き出しとSTYLYへのアップについては以下の記事をご覧ください。

https://styly.cc/tips/blender-vrm-export1/(近日公開予定)

 

BlenderとUnityを連携させる方法もあるので、以下の記事もご覧ください。

https://styly.cc/tips/blender-vrm-export2/(近日公開予定)

 

アニメーションを付けたい場合は以下の記事にアニメーションの付け方を書いております!

なお、アニメーションを付けた場合も、書き出しに関しては上記の記事のようにしてください。(VRMの扱いが少し特殊なので)

https://styly.cc/ja/tips/blender-modeling-start6/

 

VRMにアクセサリーなど付け足したい場合は以下の記事をご覧ください。

https://styly.cc/tips/blender-modeling-vrm-accessories/(近日公開予定)