NEWVIEW FEST 2021

2022.01.21(Fri.)~01.31(Sun.)
@SHIBUYA PARCO & VIRTUAL VENUE

XR作品体験、ライブ、トーク、ポップアップetc.XRカルチャーの最前線を発信
3次元空間での表現と体験のデザインを開拓するNEWVIEW初の複合型イベント

Unity Plugin for STYLY アップロード時 エラーになった場合の解決方法

この記事ではUnityのプレハブ・シーンをアップロードする際に発生するエラーに関して、その問題と解決方法に関してまとめた記事となります。
Unityのアセットをアップロードしようとした時、エラーになった場合、この記事を参考にしてみてください。

STYLY Plugin for Unityのエラー

STYLY Plugin for Unityのエラー

Unity Plugin for STYLYとは

STYLYはUnityで制作したプレハブ・シーンをアップロードできます。
その際に使用するプラグインが”Unity Plugin for STYLY”です。

アップロードの仕方は以下の記事を参考にしてください。

STYLYアップロード処理に時間がかかる理由

Unity Plugin for STYLYの役割は、プレハブ・シーンをSTYLYにアップロードするだけではありません。
プレハブ・シーンをマルチプラットフォームで動作させるための処理をしております。
この処理が行われないと、UnityにアップロードしたアセットがSTYLY上で反映されません。
アップロードに時間がかかってしまいますがその分、利便性を追求して少しでも多くの人にSTYLYでのXRを楽しんでもらえるようにしております。

事前確認

UnityのバージョンがSTYLY推奨のものになっているか

STYLY Plugin for UnityはUnity2019対応です。
対応するPluginを使用しないとアップロードができません。

STYLYはUnityバージョン 2019.3.X, 2019.4.X(Unity 2019.4.29f1推奨)に対応しています。

必要なモジュールがインストールされているか

STYLY Plugin for Unityを使用するためには、Unityにあらかじめインストールしなくてはならないモジュールがあります。
そのモジュールがインストールされていないと、セッティングのウィンドウで以下のように、赤文字でエラーが表示されます。

モジュールがインストールされていないエラー

モジュールをインストールしてから再度アップロードしましょう。
必要なモジュールに関しては、以下のリンク先に記載されています。

モジュールの追加方法は、以下の記事で説明しています。

APIキー / メールの認証エラー

アップロードの際に以下のダイアログが表示された場合、認証エラーが発生しています。

認証エラー

認証エラー

このような場合は、Asset Uploader SettingsのEmail、API Keyを見直すようにしてみてください。

EmailとAPI Keyを確認

アカウントと接続されていない

STYLYアカウントと接続してない時のエラー

STYLYアカウントと接続してない時のエラー

STYLY Plugin for Unityはアップロードするアカウントと接続する必要があります。
アカウントと接続されていない場合、以下のようなエラーが表示されます。

「〇〇(Prefabの名前):You don’t have a account settings. [STYLY/Asset Uploader Settings]

アカウントとSTYLY Plugin for Unityを接続してから再度アップロードしましょう。
以下の記事を参考にして、接続しましょう。

スクリプトは使用できない

Unityで使用されているプログラミング言語のC#は、STYLY上では対応していません。
そのため、C#スクリプトが設定されたプレハブ、C#スクリプトが設定されたオブジェクトを含むシーンをアップロードしても動作しません。
STYLY上で、オブジェクトの制御やインタラクションを実装するには「PlayMaker」を使用します。

PlayMakerに関しては、以下の記事を参考にしてください。

Unityアップロードの容量制限に関して

UnityからSTYLYにアップロードするアセットはPrefabの場合は20MB以下を、Sceneの場合は100MB以下を推奨しています。(2021年11月現在)
STYLYへのアップロードのファイルサイズに関する最新情報は以下をご参照ください。

もし、それ以上の容量になると動作が重くなってしまったり、アップロードに時間がかかってしまう場合がございます。

アセットの容量を削減するにはいくつか方法がございますが、代表例として以下の記事を参考にしてください。

STYLYの容量制限に関して

Unityからプレハブ・シーンをアップロードする際に注意しなくてはならないのは、STYLY上でアップロードできる容量に限りがあるという点です。
STYLYでは約1.7GBまでアセットを配置することができます。
容量に関しては、右下に現在使用している容量が表示されます。

容量は右下に表示されます

この容量を超えてしまうと、シーン内にアセットを配置することができません。
容量を超えようとすると、以下のウィンドウが表示されます。

容量制限エラー

このように表示された場合、再度シーンを作り直す必要があります。
また、容量が増えすぎると、シーン内での操作がとても重くなります。
容量に注意してUnityでアセットを作成しましょう。

Out of MemoryでSTYLT Studioが開けなくなった場合の対処法は以下をご覧ください。

Unityのアップロード時間を短縮する方法

アップロード時間を少しでも短縮するにはいくつか方法がありますが、ひとつの方法として以下の記事を参考にしましょう。

効率よく作業できるようにしましょう!