Tips,


ゆるめるモ!VR衣装展示空間の作り方をご紹介します。第2弾は「ナイトハイキング」です。ナイトハイキングはゆるめるモ!のメンバが楽器を使って演奏する空間ですが、メンバ以外はGoogle polyだけで作ってます。Unity使用しないでSTYLY WebEditorのみでこの空間を作成することができます。では、前回と同じようにコンセプト設計~空間のディレクション、空間作成方法についてご紹介していきます。

コンセプト設計~空間ディレクション

ゆるめるモ!(You’ll Melt More!)『ナイトハイキング』(Official Music Video)

ナイトハイキングのMVをそのままコンセプトにしました。(夏の夜にゆるめるモ!とナイトハイキングしたいのは、僕だけでしょうか。妄想乙)。今までなら妄想乙だったことがSTYLYでは実現できます。

動画1:55

動画3:59

動画1:55のシーンと動画3:59のシーンを切り取り、星座の輝く洞窟の空間でゆるめるモ!が演奏するという空間に決めました。この空間は、ほぼGoogle Polyを使って作っていますのですぐ再現できると思います。では空間の作り方をご紹介します。

空間作成方法

STYLY WebEditor ナイトハイキング 制作画面

この空間の作り方をご紹介します。

Poly 3D Models画面

Poly 3D Models画面

まずこの洞窟をGoogle Polyで検索します。[Assets]ボタン → [3D Model] → Poly 3D Modelsで検索フォーム「cave」(洞窟)を入力して[Search]ボタンをクリックします。Cave(Part 1 of 3)をクリックします。

Cave(Part 1 of 3)

Sceneに洞窟が出現しました。しかし、とても小さいので大きくします。数値の部分をクリックして直接入力して、X:20、Y:20、Z:20に変更します。

Cave(Part 1 of 3)  サイズX:20 Y:20 Z:20に変更後

Cave(Part 1 of 3)  移動X:0 Y:10.5 Z:0に変更後

サイズが大きくなり、洞窟の完成です。Start Positionの足の位置と洞窟の地面の高さを合わせます。洞窟を移動(move)モードにして、X:0、Y:10.5、Z:0に変更します。次は、回る星座を作ります。

Imageの「Rotating Sphere」をクリック

Assetsメニューから[Image]をクリックします。次に、星座の画像をアップロードします。そして3D Rotating Screensの「Rotating Sphere」をクリックします。

Rotating Sphere 表示

そうすると、回転する天球画像が空間に出現します。しかし、これではサイズが小さいので、大きくします。X:40、Y:40、Z:40

Rotating Sphere 外側から見た場合

Rotating Sphere 内側から見た場合

これで洞窟内に、星座を映し出す(回転する)空間を作ることができました。あとはこの空間にステージ、各メンバが使う楽器を置いて、ゆるめるモ!を配置したら完成です。ちょっとした工夫(サイズ変更、imageに動きを付ける)をすることによって、思い描いた空間を作ることができます。どうやったら実現できるか、色々試してみてください。考えて試行錯誤するのもSTYLYでVR空間を作成する醍醐味の一つです。

About Styly

STYLY is a cloud-based service for creating high quality, beautiful VR spaces that doesn’t require any coding.

By using STYLY, creators can express their imaginations indefinitely and build a variety of virtual spaces.

Through these spaces, we can share experiences that are unachievable in the real world.

STYLY Official Site:https://styly.cc

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中将

中将

1988年生まれ。長野県出身。大学卒業後、通販サイトや公共事業システムなどのバックエンド側のシステムエンジニアとして働き、2017年夏よりPsychic VR Labへ。

 

Unity

STYLYを活用し、全世界に向けVRコンテンツを配信
まずはアカウントを作成しよう

Click here

×