現実とバーチャルを交差させる新機能「ARオクルージョン」実装

STYLY Studioに「ARオクルージョン」機能が正式実装

クリエイティブツール「STYLY Studio」にARオクルージョン機能が正式実装されました。

STYLY Studio上で制作できる従来のARでは、バーチャルで描かれた物体は現実の物体の手前にのみ映し出すことができました。
今後はオクルージョン機能を使うことによって、現実にある物体をARが認識し、バーチャルで描かれた物体を隠すような表現が可能になります。
これにより、現実とバーチャルが自然にリンクする、よりリアリティのあるARを誰もが制作できるようになりました。

  • (右)STYLY上で制作できた従来のAR
  • (左)オクルージョンを適用したAR

ARオクルージョン機能を適用したARでは、手前のカラーコーンを遮蔽物と認識し、奥にいるゾウの足が隠れています。

 

オクルージョン”Occlusion”とは

手前にある物体が奥にある物体を隠している状態を指す3DCG・AR用語。
遮蔽の表現を可能にすることにより、バーチャルで描かれた物体が現実に溶け込む様子を、より自然に表現できるようになります。

 

ARオクルージョン適用方法

Studioから「シーンを作成」→「AR Scene Template」を選択して、新規ARシーンを作成すると、”Enable AR Occulusion”というアセットがデフォルトで設定されています。
これがARオクルージョン機能を適用するためのアセットです。

 

アセットを消してしまった、既存のARシーンにARオクルージョンを追加したい、などの理由で新たにARオクルージョンアセットを適用したい方は、下記をご参照ください。

 

①STYLY Studioを開き、”Assets”を開きます。

 

②”Assets”メニューから、”Lab”をクリックします。

③”Lab”メニューから、”Enable AR Occulusion”を選択します。

 

ARオクルージョンの対応デバイス

  • iOS

https://www.apple.com/jp/augmented-reality/

「拡張現実に対応しているiOSデバイスとiPadOSデバイスはこちらです。」の項目に記載のあるデバイス

 

  • Android

https://developers.google.com/ar/devices

ページ内の「デバイスリスト(表)」より、「DepthAPIをサポートします」と記載のあるデバイス

 

LiDAR搭載有無による差

LiDAR(ライダー)と呼ばれるリモートセンシング機能が搭載されているデバイスでは、遮蔽物の認識がより緻密になります。

 

  • LiDAR搭載デバイス(2022年2月現在)

iPhone12 Pro,Pro Max
iPhone13 Pro,Pro Max
iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代)
iPad Pro 11 インチ (第 3 世代)
iPad Pro 12.9 インチ (第 4 世代)
iPad Pro 11 インチ (第 2 世代)

 

ARオクルージョン機能を利用したシーン

Trace “Gate of Babylon”/kiyossy

https://gallery.styly.cc/scene/0475c5a4-41a8-465f-b923-44a3f9cd085b

 

Heart Balloons/Getrichnever

https://gallery.styly.cc/scene/66361742-36f2-4b57-bf42-e2a9653134df

 

ARdeepsea/Irori

https://gallery.styly.cc/scene/8bb52200-fb40-4d48-919d-80c6a67b0ce4

 

ARオクルージョン機能を利用した動画

 

 

STYLYに関する質問、バグ報告、改善してほしい要望はSTYLY FORUMまで

https://jp.forum.styly.cc/support/discussions