PlayMaker,

ゆるめるモ!VR衣装展示空間の作り方をご紹介します。第3弾は「生きろ!!」です。生きろ!!の空間は、モデル以外すべてUnityからSTYLYにアップロードして作っています。また、反対側にメンバが描いた生きろの文字が、数秒毎に入れ替わるようになっています。こういうアクションは、PlayMaker(Unity)を使って作っています。では、コンセプト設計~空間ディレクション、空間作成方法についてご紹介していきます。

コンセプト設計~空間ディレクション

ゆるめるモ! “生きろ!!” (Official Music Video)

生きろ!!のMVの空間をそのまま再現しようと思いました。このとき8人メンバーいますね。Youtubeに2014/07/17に公開されて、振付:ももぴ になっています。ゆるめるモ!の歴史を感じますね。

動画 0:24

動画 0:22

動画 0:22のシーンをそのまま再現し、動画 0:24で出てくる各メンバが描いた生きろ!!を空間に出して、そこにシンプルにゆるめるモ!のメンバを配置しようと決めました。生きろ!!というメッセージを視覚化して、認識したら面白いのではと思いました。

空間作成方法

STYLY WebEditor 生きろ!! 制作画面

この空間の作り方をご紹介します。このカーテンついた部屋はUnityで作りました。

Unity画面

Unityで四角形の部屋を作り、カーテン毎に色を変えて配置します。Directional Lightを4つ各カーテンに当てて照明を強めます。次に、生きろ!!パネルが秒ごとに入れ替わる仕組みを作ります。その仕組みをつくるためにPlayMakerを使います。PlayMakerについては以下を参照してください。

 

Unity 生きろ!!パネル 切り替え

次は、生きろ!!パネルを5秒ごとに入れ替わる仕組みをご紹介します。

生きろ!!パネル作り方1

Hierarchyメニューで右クリック → [3D Object] → [Quad]クリックして、Sceneにパネルを作ります。

生きろ!!パネル作り方2

Projectに画像ファイル(今回はikiro.jpg)に入れておきます。フォルダからProjectにドラック&ドロップで入れられます。次に、Hierarchyメニューで作ったQuadに、Projectにあるikiro.jpgをドラック&ドロップします。するとQuadに画像が貼り付けられます。同じように3つのパネルを作ります。

生きろ!!パネル作り方3

パネルを3つ作ったら、3つを重ねます(X軸を3つとも0にします)。重ねた後、パネル2とパネル3のチェックボックス(赤丸部分)のチェックを外して、非表示にします。パネルの切り替えの最初の部分を作っておきます。

生きろ!!パネル作り方4

GameObjectを作って、その中にパネル1~3をドラックドロップで入れてグループ化します。

生きろ!!パネル作り方5

GameObjectのInspectorから[Add Component]をクリックして、PlayMakerFSMを選択します。次にPlayMakerにどういうアクションを追加していくか、説明していきます。アクション内容の概要を説明します。パネル1を5秒表示 → パネル1を非表示 パネル2を表示 → パネル2を5秒表示 → パネル2を非表示 パネル3を表示 → パネル3を5秒表示 → パネル3非表示 パネル1表示(始めに戻る)。これをPlayMakerで作っていきます。

Playmaker State 1

State1ではWait(待ち)アクションを使います。Time 5に設定して、Real Timeにチェックを入れます。パネル1を5秒間表示しますという意味です。

Playmaker State 2

State2ではActivate Game Objectアクションを使います。Activate Game Objectアクションはオブジェクトを表示/非表示の切り替えができます。パネル1を非表示にしたいので、Activateのチェックを外します。パネル2は表示させたいので、Activateのチェックを入れます。これの繰り返しをState3~State6に追加していきます。

PlayMaker(Unity)を使うことによって、自分の実現したいアクションをプログラムを組まずSTYLYで実現できます。

 

 

About Styly

STYLY is a cloud-based service for creating high quality, beautiful VR spaces that doesn’t require any coding.

By using STYLY, creators can express their imaginations indefinitely and build a variety of virtual spaces.

Through these spaces, we can share experiences that are unachievable in the real world.

STYLY Official Site:https://styly.cc

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中将

中将

1988年生まれ。長野県出身。大学卒業後、通販サイトや公共事業システムなどのバックエンド側のシステムエンジニアとして働き、2017年夏よりPsychic VR Labへ。

 

Unity

Unityで制作されたコンテンツをお持ちの方へ
Unityシーンアップロード機能を活用すれば簡単にVR化が可能に!

Click here

×