STYLY Studio アセット 「MediaPlayer Set」マニュアル

静止画や動画をVR/AR内で閲覧できるアセット群です。

シーン内で動画鑑賞や、資料を用いたプレゼンテーション等で活用可能です。

Mediaplayer Set動作環境

 
VR AR
Web
Steam
Vive Port
スタンドアロン
Mobile
Nreal
Mobile
Pico Neo 3 Vive Flow Quest2 DayDream
MediaPlayer Set ?

アセットの位置

このアセットは以下の場所にあります。

Assetsアイコンをクリック

Assetsアイコンをクリック


Curatedをクリック

Curatedをクリック


Mediaplayer Set

Mediaplayer Set

MediaPlayer_AutoPlay_SlideShow

一連の静止画最大8枚までをスライドショーとして閲覧できる、ミディアムサイズのアセットです。

MediaPlayer_AutoPlay_SlideShow

MediaPlayer_AutoPlay_SlideShow

スライドショーは設定次第で自動再生されますが、手動で見ることも可能です。

MediaPlayer_AutoPlay_SlideShow

MediaPlayer_AutoPlay_SlideShow

Customizable properties

Image files

1〜8ファイルまで画像をアップロードできます。
ファイルを点線内にドラッグ&ドロップあるいはクリックしてパソコンからアップロードしましょう。

Image Files

Image files

8枚の画像が読み込まれた後に新しく他の画像をアップロードしたい場合は、いずれかの画像右上のXマークをクリックし再度アップロードしてください。

最大8枚アップロード可能

最大8枚アップロード可能

Slide show switching waiting time

0〜60秒の間でファイルのスライドショー1枚あたりの表示秒数を設定できます。
0に設定するとスライドショーは停止します。

Loop setting

スライドショーのループを設定できます。
0に設定するとループを停止します。

Thumbnail load distance

ユーザーが特定の距離まで近づいた時に画像を読み込むことで、視線を誘導できます。
3〜30の間で設定できます。

Slide show playback start distance

スライドショーのリプレイをスタートする距離を設定できます。
次の項目のSlide show stop distanceよりも小さな値(2〜30)を設定してください。

Slide show stop distance

スライドショーをストップする距離を設定できます。
前の項目のSlide show playback start distanceよりも大きな値(3~31)を設定してください。

全ての設定が完了したら、右上のADD TO SCENEボタンをクリックしてシーンに追加しましょう。

MediaPlayer_AutoPlayVideoPanel

近づくと動画が自動的に再生され、鑑賞できるミディアムサイズのパネルです。

MediaPlayer_AutoPlayVideoPanel

MediaPlayer_AutoPlayVideoPanel


MediaPlayer_AutoPlayVideoPanel

MediaPlayer_AutoPlayVideoPanel

Customizable properties

Thumbnail

点線内にドラッグ&ドロップあるいはクリックしてサムネイルを1つアップロードしましょう。
データは100KBのJPG推奨です。

thumbnail

Thumbnail

Video

点線内にドラッグ&ドロップあるいはクリックしてビデオを1つアップロードしましょう。
データは100MB以下のMP4推奨です。

Video

Video

Videos volume

ビデオのボリュームを0~で設定できます。

Thumbnail loading start distance

サムネイルの読み込み開始時間を1~100秒で設定できます。

Video playback distance

ビデオのリプレイをスタートする距離を設定できます。
前の項目のThumbnail loading start distanceや後の項目のVideo stop distanceよりも小さな値(1~99)を設定してください。

Video stop distance

ビデオの再生を停止する距離を設定できます。
前の項目のVideo playback distanceよりも大きな値(1~100)を設定してください。

MediaPlayer_EquipToPlay_360Image

360度天球状の中に入って静止画を閲覧できる、ミディアムサイズのアセットです。

このアセットは脱着可能です。

MediaPlayer_EquipToPlay_360Image

MediaPlayer_EquipToPlay_360Image


MediaPlayer_EquipToPlay_360Image

MediaPlayer_EquipToPlay_360Image

Customizable properties

Spherical image

点線内にドラッグ&ドロップあるいはクリックして画像を1つアップロードしましょう。
読み込みに時間がかかる場合はJPGの小さなサイズの画像を置き換えてください。

 
Spherical image

Spherical image

MediaPlayer_EquipToPlay_360Video

360度天球状の中に入ってビデオを閲覧できる、ミディアムサイズのアセットです。

このアセットは脱着可能です。

 

MediaPlayer_EquipToPlay_360Video

MediaPlayer_EquipToPlay_360Video


MediaPlayer_EquipToPlay_360Video

MediaPlayer_EquipToPlay_360Video

Customizable properties

Thumbnail of spherical image

点線内にドラッグ&ドロップあるいはクリックしてサムネイル用画像を1つアップロードしましょう。
読み込みに時間がかかる場合はJPGの小さなサイズの画像を置き換えてください。

Thumbnail of spherical image

Thumbnail of spherical image

 

Spherical video

点線内にドラッグ&ドロップあるいはクリックしてビデオを1つアップロードしましょう。
データは100MB以下のMP4推奨です。

Spherical video

Spherical video

MediaPlayer Setを使用したシーンの一例

サンプルは以下から確認できます。

 

アセット使用時の注意点

画像を使用するアセットを用いて500KB以上のファイルをシーン内に使用するとデータが重くなってしまいます。
特にMobile/Web/StandaloneVRなどの環境ではメモリ不足で落ちてしまうことも懸念されますので注意してください。

解決策

  • なるべくファイルサイズを小さくする
    透過無し→jpgで約100kb、透過あり→pngで400kb以下が目安
  • 解像度の設定
    (1920*1080あれば充分)
  • 複数画像を一枚にまとめる方法も有効