News, cameramode, STYLY,

STYLYはVR空間を手軽に撮影できるカメラ機能を標準搭載しました。本機能を活用する事で、様々なプロモーションムービーの撮影が可能となるため、VR HMDをお持ちでない方にも動画を通じて、VR作品の魅力を伝えることできます。


※ NEWVIEW AWARDS 2018ファイナリスト 丸山ミカ氏のVR作品「 Daydream 」のMV

STYLY WebEditorカメラ機能について

本機能はSTYLY WebEditor上でVR空間の動画撮影を行うことができる機能です。カメラ機能にはマニュアルモードと自動モードの2種類があります。

マニュアルモード

マニュアルモード撮影では、WASDキーで前後左右に、EQキーで上下に移動しながらVR空間を自由に撮影することができます。カメラスピードの変更やズームイン&ズームアウトも可能なので、撮りたい絵をイメージ通りに撮影することが可能です。

左:マニュアルモード 右:自動モードの説明

自動モード

自動モード撮影では、軸を中心とした回転する動画を撮影することができます。

回転の中心となる軸は手動で変更できる他、回転の半径やカメラの角度、高さに加え、カメラ自体を反転させることも可能なため、様々なバリエーションの動画を手軽に撮影することが可能です。

自動モードで撮影した映像

 

カメラを反転させて撮影した映像

撮影した動画はWebM形式で自動保存されます。用途に応じて無料ソフトなどを使ってMP4などに変換してください。本機能の詳細な使い方は下記からご覧ください。

・STYLY WebEditor カメラ機能の使い方:https://styly.cc/manual/webeditor-cameramode-manual/

※「Daydream」の動画はマニュアルモード撮影機能を使って動画素材を撮影し、別途編集作業を行っております。

Ryohei Watanabe

VR Inside元創刊編集長。Psychic VR Labが提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」に惚れ込み、2018年1月よりChief Media Officerとして同社へ移籍。

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。