ボカロP“バルーン”ことシンガーソングライターの須田景凪とコラボ 「INVISIBLE ART IN PUBLIC by au vol.3 須田景凪」の プラットフォームとしてSTYLYが採用

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( http://styly.cc  )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩 以下、Psychic VR Lab)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)、ぴあ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内 廣、以下 ぴあ)、株式会社A-Sketch(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:相馬 信之、以下 A-Sketch)が、2020年1月24日にKDDIとぴあの共同で開催する「uP!!!NEXT 須田景凪~晩翠~ powered by au 5G」開催期間に展開予定のXRアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC by au vol.3 須田景凪」のコンテンツ配信プラットフォームとしてSTYLYが採用されました。

ARコンテンツ制作:haquxx

ARコンテンツ制作:haquxx

INVISIBLE ART IN PUBLIC by au vol.3 須田景凪

概要:ARアートを体験できるアプリ「STYLY」を起動し、専用マーカーをスキャンすると、目の前に須田景凪のスペシャルARコンテンツが出現します。ライブに向かう途中、帰宅途中もアーティストの世界観が街の中に存在する体験を提供します。

GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr

AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256

実施期間:2020年1月24日から2020年1月31日

利用の流れ:

体験可能映像:

須田景凪について

2020年1月~3月期フジテレビ系ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の主題歌「はるどなり」をワーナーミュージック・ジャパン unBORDE(アンボルデ)より本日配信リリース。2013年より“バルーン”名義でニコニコ動画にてボカロPとしての活動を開始。代表曲「シャルル」は自身によるセルフカバーバージョンと合わせ、YouTubeでの再生数は現在までに約7,000万回を記録しており、JOYSOUNDの2017年発売曲年間カラオケ総合ランキングは1位、2017&2018&2019年の年代別カラオケランキング・10代部門では3年連続1位を獲得し、現代の若者にとっての時代を象徴するヒットソングとなっています。

2017年10月、自身の声で描いた楽曲を歌う“須田景凪”として活動を開始。2019年1月、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルunBORDEより1st EP「teeter」をリリース。8月には2nd EP「porte」をリリースし、オリコンウイークリーアルバムランキングでTOP5にランクイン。楽曲は作詞、作曲、編曲全てを須田自身が手掛けており、中毒性のある予想外かつ大胆でありながら、隅々までこだわりの詰まったサウンドと、聴く人に絶妙な距離感で寄り添う歌詞とメロディーが、10代から20代を中心とした若者から多くの支持を集めています。

uP!!!NEXTについて

KDDIとぴあが提供するエンタメサービスuP!!!でこれからの音楽シーンを先駆けるアーティストと、時代に敏感なユーザーを繋ぐ、無料招待型ライブ・イベント。これまで17回開催しており、今回が第18弾となる。

過去の開催実績:
Vol.1(2013年10月)片平里菜 / 塩ノ谷早耶香 / Serena
Vol.2(2013年10月)Ailee
Vol.3(2013年11月)黒沼英之 / Salley / 南壽あさ子
Vol.4(2014年1月)asobius / シナリオアート / TAMTAM
Vol.5(2014年2月)笹木ヘンドリクス/ THE TON-UP MOTORS / 爆弾ジョニー
Vol.6(2014年3月)感傷ベクトル/ つづくバンド / テスラは泣かない。
Vol.7(2014年4月)aquarifa / HOWL BE QUIET / ヒトリエ
Vol.8(2014年6月)アカシック / GLIM SPANKY/ 本棚のモヨコVol.9(2014年10月)ゲスの極み乙女。Vol.10(2015年1月)KANA-BOON
Vol.11(2015年7月)SHISHAMO
Vol.12(2016年2月)米津玄師
Vol.13(2016年9月)水曜日のカンパネラ
Vol.14(2017年1月)BLUE ENCOUNT
Vol.15(2017年6月)WANIMA
Vol.16(2018年1月)ヤバイTシャツ屋さん
Vol.17(2018年4月)岡崎体育

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社Psychic VR Lab
担当 : 渡邊
メールアドレス : info@psychic-vr-lab.com

×