NEWVIEW FEST 2021

2022.01.21(Fri.)~01.31(Sun.)
@SHIBUYA PARCO & VIRTUAL VENUE

XR作品体験、ライブ、トーク、ポップアップetc.XRカルチャーの最前線を発信
3次元空間での表現と体験のデザインを開拓するNEWVIEW初の複合型イベント

東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都の6都市でSTYLYの「リアルメタバースプラットフォーム」実装完了 AR/MRコンテンツの配信が可能に

Music by DÉ DÉ MOUSE

〜 2022年を目途に制作ツールを公開予定 誰もが都市スケールのAR/MRコンテンツを配信可能に ~

株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区・代表取締役 山口征浩)が提供する、VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc  )」は、東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都の6都市で「リアルメタバースプラットフォーム」の実装を完了し、2021年12月20日より、都市空間に向けてAR/MRコンテンツの配信を可能にしました。

STYLYはこれまでに、東京・渋谷の街をリアルメタバース化、さまざまなAR/MRコンテンツの配信を行ってきました。その事例をもとに東京はさらに広範囲に、そして大阪・名古屋・札幌・福岡・京都においても、リアルメタバースプラットフォームの実装が完了、AR/MRコンテンツが配信できるようになりました。

「リアルメタバース」とは

私たちはメタバースを、「『テクノロジーで拡張された知覚』によって認識可能になった新たな世界」であると捉えています。人間が認識している世界は、知覚や経験を通じた主観的なものです。この知覚をテクノロジーによって拡張することにより、これまで認識できなかった世界を知覚可能にしたものがメタバースの本質だと考えています。

よって私たちが目指すのは、都市というリアルな空間においても、VRで表現される仮想空間においても、「人間中心のリアルな自分を起点としたメタバース」であり、それを「リアルメタバース」と定義しています。

 STYLYはタグラインとして「Free your inner world」を掲げるサービスです。これはまさに主観的な世界(your inner world)をテクノロジーによる知覚拡張によって解放(free)するという意味を込めたものです。

 今後、リアルメタバース(人間中心のリアルな自分を起点としたメタバース)のためのOSとして、STYLYを進化・発展させていきたいと思います。

(株式会社Psychic VR Lab 代表取締役 山口征浩)

「STYLY Studio」に6 都市の3Dデータを搭載、今後海外の都市も

「STYLY Studio」で東京・渋谷の3Dデータを見たイメージ

STYLYが提供する制作ツール「STYLY Studio」に搭載された各都市の3Dデータ( 国土交通省が主導する3D都市モデル”PLATEAU”などのオープンデータにも対応予定 )を活用し、AR/MRコンテンツの作成・公開することで都市空間に合わせた作品を配信することが可能になります。配信されたAR/MRコンテンツは実際のロケーションに足を運び、STYLY(スマートフォンARやNrealなどのスマートグラス)のアプリケーションを利用することで体験が可能です。

また、人流・交通などの都市データを取り込む事も可能で、AR/MRを活用して情報のビジュアライズや、ユーザーの街歩きなど回遊施策にも活用することができます。

現在、日本 6 都市(東京・札幌・名古屋・大阪・京都・福岡)の対応が完了。
今後は国内対応を進めるほか、海外主要都市への対応や、IPとコラボした都市スケールのAR/MRライブなどエンターテインメントでの利用も加速させていきます。

2022年上期、一般の人でも都市空間にAR/MRコンテンツが配信可能に

東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都、6都市のリアルメタバース・プラットフォームが実装

現在、STYLYは、世界中のアーティスト・クリエイターに向けて、XR(VR/AR/MR)* コンテンツに関わる制作負荷を下げ、知識の少ない人でも手軽に配信ができる基盤として開発・提供していますが、今後、2022年上期を目途に、一般の人たちでも、都市空間にAR/MRコンテンツを配信することができる機能を追加、より多くの人が、リアルメタバースを体験できるプラットフォームへと大型アップデートする予定です。

* XRとは、VR(人工現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの現実世界と仮想世界とを組み合わせて新たな体験を提供する技術の総称

STYLYについて

STYLYは、アーティストに空間表現の場を提供するリアルメタバースプラットフォームです。

STYLYを活用することで、Webブラウザのみで、VR/AR/MRコンテンツを手軽に制作できるだけでなく、VR HMDやWebブラウザ、スマートフォン、ARグラスなど多彩なデバイスに配信することが可能です。

また、MacやWindowsに対応。VR対応型PC以外の普及型パソコンでも稼働します。また、MAYA, Blenderなどの3Dソフトはもちろん、YouTube、SoundCloudといったサービスと連携しているので、複雑な操作なしに各種素材を取り込み、空間制作に活用することができます。

2022年には都市空間にAR/MRコンテンツを配信できる追加機能も実装予定。今後は世界中のアーティスト・クリエイターが都市スケールのAR/MRコンテンツを作成・配信できる環境を提供していきます。

STYLY Official Site:https://styly.cc/
STYLY GALLERY:https://gallery.styly.cc/

VIVEPORT:https://www.viveport.com/c6682fba-9f3c-4519-abd9-4d799665a372

STYLY Mobile:
Google Play | https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr
App Store | https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256?mt=8

STYLY for Nreal:
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.styly.Nreal

株式会社Psychic VR Lab について

・本社所在地 :東京都新宿区新宿1丁目34−2 MORIAURA 2F
・代表者 :代表取締役 山口征浩

xR時代におけるクリエイティブプラットフォームとして、ブラウザだけでxR空間を構築し、配信を行うことができるクラウドサービス『STYLY』を展開、すべてのアーティストがxR空間を作ることができる世界を作ることをミッションにアート、ファッションからライフスタイルに関わるインターフェイスのxR化を推進しています。

HP:https://psychic-vr-lab.com/

 

<本件に関するお問い合わせ先>
  株式会社Psychic VR Lab
  担当 : 渡邊
  メールアドレス : info@psychic-vr-lab.com

PressKit:
https://drive.google.com/drive/folders/1vplvXbkgkdd5lZ3MyCPtn0OMoWjugf7f?usp=sharing