渋谷ハチ公前広場特設ブースにて体験可能な 1964年の渋谷へタイムスリップするXRアートの プラットフォームとしてSTYLYが採用

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( http://styly.cc  )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩 以下、Psychic VR Lab)は、KDDI株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)が、2020年3月に予定している第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G)の開始に先駆け、2020年1月24日から1月25日の2日間、5G可搬型基地局を渋谷駅ハチ公前広場に設置。それに合わせて開設される特設ステージにて体験できる1964年の渋谷へタイムスリップするXRアートのコンテンツ配信プラットフォームとしてSTYLYが採用されました。

ARコンテンツ制作:YORIMIYA

ARコンテンツ制作:YORIMIYA

実施概要

実施期間:2020年1月24日から2020年1月25日

内容:5G開始となる2020年3月に先駆け、創造文化都市「渋谷」の象徴的なスポットである渋谷駅ハチ公前広場で、5Gの可搬型基地局を設置。

ライゾマティクス・アーキテクチャ(本社:東京都渋谷区)ディレクターの齋藤 精一氏監修のもと、一般社団法人1964 TOKYO VR(所在地:東京都渋谷区、代表理事:土屋 敏男)、Psychic VR Lab( ARコンテンツ制作:YORIMIYA )、KDDIが連携し、スマートフォンをかざすと1964年の渋谷の街並みへタイムスリップできる5Gを活用したXR体験ブースを開設。

 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトhttps://shibuya5g.org)について

KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会の三者が2019年9月に立ち上げた「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」を前身としています。これまで渋谷の街がアートミュージアムになる「INVISIBLE ART IN PUBLIC by au」や「MUTEK.JP」、Coldplayといった有名海外アーティストとコレボレーションし、渋谷の街に音楽をインストールする施策など7本の企画を実施しました。STYLYを提供するPsychic VR Labも本プロジェクトへ参画。音楽やアートなど5Gを活用したXR領域を中心に、新たな文化の創出や、魅力的な街づくりを推進していきます。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社Psychic VR Lab
担当 : 渡邊
メールアドレス : info@psychic-vr-lab.com

×