「STYLY」がVR Creative Award 2019で大川ドリーム賞を受賞

VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Labが、VR Creative Award 2019にて「大川ドリーム賞」を受賞しました。

「STYLY」がVR Creative Award 2019で大川ドリーム賞を受賞

STYLYのデモの内容

MirageSolo10台を使ったSTYLYマルチプレイヤー機能でのVR/MRデモを行いました。

最終審査では審査員9人全員に同時に体験していただきました。ホストがSTYLYの12の空間を次々に切り替えながら、前半はSTYLYの説明・NEWVIEWの活動や作品を、後半はVR/MRが日常となった世界をイメージした空間をVR、MRで体験していただきました。

※本機能は開発中の機能です。

 

STYLYデモの様子

審査員コメント

 

[藤井] プラットフォームとしての今後の可能性が楽しみ。
[近藤] フォトグラを皆で見る体験が楽しい。アーカイブの新しいカタチ。
[落合] 共有すると体験が違うね。
[西川] 皆で一斉にエディットできるようになるとより楽しそう。
[久保田] マルチモード、MRモードなど段々機能が増えてきて進化している。
[水口] プラットフォームとしての可能性が、見えてきた感じがします!コンテンツというよりも、ソーシャルの機能や、開発ツールとしての機能が拡充されて、これからの展開にますます期待したいと思います。
[南條] 実用的なビジネス展開の可能性をしめした。さらなる幅広い展開の可能性が見たい。
[稲見] 多人数で没入することで、体験の質が一気に上がったと思います。

 

STYLYとは?

STYLYは、アーティストに空間表現の場を提供するVRクリエイティブプラットフォームです。

STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどクリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。

WebブラウザのみでVR空間制作が可能で、MacやWindowsに対応。VR対応型PC以外の普及型パソコンでも稼働します。また、MAYA, Blenderなどの3Dソフトはもちろん、Youtube、SoundCloud、Instagramといったサービスと連携しているので、複雑な操作なしに各種素材を取り込み、空間制作に活用することができます。

STYLY Official Site:https://styly.cc/