3D Scan,


伊勢丹新宿本館2F TOKYO解放区で開催された「未来解放区万博」でHATRA、BALMUNG、chlomaの3ブランドの世界の中に入り込み、実際に服を購入できる体験をSTYLYを使って展示しました。
そしてその3ブランドの空間を一般公開しました。
服の購入はできませんが、「ブランドの世界観を感じながら、服を見ることができる」未来のショッピング体験ができます。

各ブランドのGalleryサイトへのリンク

HATRA:http://gallery.styly.cc/hatra/f84414e1-ad77-11e7-af2f-fb1a918a0060
BALMUNG:http://gallery.styly.cc/BALMUNG/81b3e7b9-ad77-11e7-af2f-fb1a918a0060
chloma:http://gallery.styly.cc/chloma/75f7a361-755c-11e8-b34d-4783bb2170d0

今回はこの3ブランドをSTYLYでどう作ったのかをご紹介します。
3ブランドすべて始めはUnityで作成して、オブジェクトをSTYLYにアップロードして再構築しています(2016年にSTYLYがまだ一般公開されていなかったため)。

HATRA

HATRA
・WEBサイト:https://hatroid.com/
・Twitter:@hatroid

HATRAの空間の作り方をご紹介します。

HATRA Unity 01

地面はPlaneで作成します。ShaderをStandard、Materialをblackに設定します。

HATRA Unity 02

HATRA Unity 03

SKYBOXはSphereを使って作成します。Sphereにテクスチャを貼り付けて、ShaderをUnlit/Textureに設定します。

HATRA Unity 04

HATRA Unity 05

床のロゴ「namitori」は、Planeにテクスチャを貼り付けて、ShaderをStandardに設定します。

HATRA Unity 06

村瀬材木 シラスウナギ

村瀬材木 (@Latimeriaa)シラスウナギを3Dスキャンしたものを、Unityに取り込みます。

HATRA Unity 07

Psychic VR Labの3Dスキャンシステムで3DスキャンしたHATRAの服をUnityに取り込みます。
作成したアセットをprefab化してSTYLYにアップロードします。
あとはアップロードをしたアセットをSTYLY WebEditor上で組み合わせて空間を作成していきます。

BALMUNG

BALMUNG
・WEBサイト:http://www.balmung.jp/
・Twitter:@hachiBALMUNG

BALMUNGの空間の作り方をご紹介します。

BALMUNG Unity 01

SKYBOXはSphereを使って作成します。
Sphereにテクスチャを貼り付けて、ShaderをUnlit/Textureに設定します。

BALMUNG Unity 02

BALMUNG 2016-17AW“黒い花”インスタレーションショー

BALMUNG 2016-17AW“黒い花”インスタレーションショーのアセットをUnityで作成します。

BALMUNG Unity 03

蛍光灯はCylinderを組み合わせて作成します。

BALMUNG Unity 04

木材はCubeを使って作成します。

BALMUNG Unity 05

Psychic VR Labの3Dスキャンシステムで3DスキャンしたBALMUNGの服をUnityに取り込みます。
作成したアセットをprefab化してSTYLYにアップロードします。
あとはアップロードをしたアセットをSTYLY WebEditor上で組み合わせて空間を作成していきます。

BALMUNG WebEditor 01

BALMUNGの空間は、いくつもの動画を貼り付けて空間を創っています。

BALMUNG WebEditor 02

床と天井は動画を引き延ばして作ります。

chloma

chloma
・WEBサイト:http://dl-chloma.com/
・Twitter:@chlomagears 

chlomaの空間の作り方をご紹介します。

 

chloma Unity 01

SKYBOXはSphereを使って作成します。
Sphereにテクスチャを貼り付けて、ShaderをUnlit/Textureに設定します。

chloma_Unity 02

パネルはQuadにテクスチャを貼り付けて作成します。

chloma Unity 03

Quadにテクスチャを貼りつけたものを2つ用意して表裏に貼り付け、3Dスキャンした服に貼り付けます。
次に、Quadに対してplaymakerを使って回転する動作を追加します。

chloma Unity 04

柱はCubeを組み合わせて作成します。

chloma Unity 05

水色のライトは、Point lightを使いします。
Colorを水色に変更します。

chloma_Unity_06

Psychic VR Labの3Dスキャンシステムで3Dスキャンしたchlomaの服をUnityに取り込みます。
作成したアセットをprefab化してSTYLYにアップロードします。
あとはアップロードをしたアセットをSTYLY WebEditor上で組み合わせて空間を作成していきます。

STYLYではブランドの世界観を表現でき、その空間(世界観)の中で、3Dスキャンされた服を見ることができます。
3Dスキャナの精度はとても高く、素材感やシワ、シルエットなどとても鮮明に見ることができます。
ブランドやショップの空間をつくってみたい方は是非STYLYを使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中将

1988年生まれ。長野県出身。大学卒業後、通販サイトや公共事業システムなどのバックエンド側のシステムエンジニアとして働き、2017年夏よりPsychic VR Labへ。

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。
 

Unity

Unityで制作されたコンテンツをお持ちの方へ
Unityシーンアップロード機能を活用すれば簡単にVR化が可能に!

Click here

×