パーティクルライブをVRoid StudioとSTYLYで作る -1-

この記事ではVRoid Studioで作成したモデルを使ってパーティクルの演出の中、歌って踊るライブ空間を作成します。
これを応用すれば、自分で作成したオリジナルモデルを利用したり、別の曲を利用したり、またオリジナルのパーティクル演出をしたりと自分好みのライブ空間を作成できます。

これから作るパーティクルライブの完成イメージです

パーティクルライブの完成イメージです

1~11章までを全4回に分けてご紹介します。
本記事では1~5章までを扱い、VRoidで作成したモデルをUnityに取り込むところまでとなります。

サンプル

STYLY GALLERYからサンプル空間を体験できます。

https://gallery.styly.cc/jojomon/9c5ece23-1fe9-11e9-b34d-4783bb2170d0

記事で紹介しているUnityプロジェクトのダウンロードはこちらからできます。

STYLY_Particle_Live.zip

事前準備

本記事では、キャラクターの作成にVRoid Studio、ライブのベースにUnity-Chan “Candy Rock Star” Live Demoのプロジェクトを利用します。

VRoid Studio

https://studio.vroid.com/

Unity-Chan “Candy Rock Star” Live Demo

https://github.com/unity3d-jp/unitychan-crs

STYLYへアップロードするプロジェクトは、Unity2017.4.3を利用します。

全体構成

本記事のパーティクルライブは以下で構成しており、その多くはタイムラインで制御しています。

  • 3Dモデル
  • アニメーション(モデル全体、表情、髪・服の揺れ)
  • 曲(CandyRockStar)
  • ステージ(パーティクル、シェーダ)
  • PostProcessing
    完成TimeLineイメージ

    完成TimeLineイメージ

VRoid Studioで作成したキャラクター取り込み

VRoid Studioは、Windows・Mac用で3Dモデルを作成できる無償利用可能なアプリケーションです。

VRoid Studioにデフォルトで用意されているキャラクターの服を編集してVRM形式で出力するまでの流れを説明します。

なおキャラクター作成から出力までの詳細は下記の記事を参照ください。

以降はVRoid Studio ver.0.5.4を利用しています。

VRoid Studioのダウンロード

下記のサイトの「ダウンロードはこちら」からダウンロードしてください。

VRoid Studioのダウンロード

VRoid Studioのダウンロード

本記事では Win版(64bit)ダウンロード (v0.5.4-p1)を利用しています。

VRoid Studioのダウンロード

VRoid Studioのダウンロード

服のテクスチャをダウンロード

BOOTHにはVRoid用の服、アクセサリーなどが多数置いてあります。

今回はslip氏が作成した服を利用させていただいています。

https://mrslip777.booth.pm/items/1112303

Boothからテクスチャのダウンロード

Boothからテクスチャのダウンロード

※利用規約はクリエイター毎に異なりますのでよく読んでお使いください

VRoid Studio使用方法

  1. 起動後の画面からサンプルキャラクターを選択します。
    デフォルトキャラクターの選択

    デフォルトキャラクターの選択

  2. 衣装編集タブ、テクスチャタブを選択します。
    テクスチャの編集1

    テクスチャの編集1

  3. 事前準備した服に変更します。
    レイヤー横の「+」をクリックしレイヤーを追加します。
    追加したレイヤーを右クリック→インポートを選択し、ダウンロードした服のテクスチャを選択します。
    テクスチャの編集2

    テクスチャの編集2

  4. 保存します。
    メニューのファイル→名前をつけて保存で保存します。
  5. 撮影・エクスポートタブからVRMで出力します。
    VRMのエクスポート

    VRMのエクスポート

Vroidで作成したモデルをUnityに取り込む

作成したモデルをUnityに取り込んで表示するまでを説明します。

Unityで新規にプロジェクトを作成します。

プロジェクト作成

プロジェクト作成

公式サイトからUniVRMをダウンロードしてUnityにインストールします。

https://github.com/dwango/UniVRM/releases

 

UniVRMダウンロード

UniVRMダウンロード

 

UniVRM-0.45_0c49.unitypackageを利用しています。

プロジェクトを開いた状態でダウンロードしたUniVRM-0.45_0c49.unitypackageをダブルクリックしてインポートします。

UniVRMインポート

UniVRMインポート

VRoidを取り込みます。

UniVRM-0.45 → import から出力したVRMファイルを選択します。

VRMインポート

VRMインポート

prefabをHierarchyにD&Dして取り込み完了です。

キャラクターをSceneに配置

キャラクターをSceneに配置

本記事は以上で終了です!

次回の第2回はCandyRockStarプロジェクトからベース情報(曲、アニメーションなど)への移植をご紹介します。

[関連記事]