シーン再生中に赤くなる

【Unity入門】再生中に気づかないでシーン編集してしまう防止策 エディタの色を変更する

本記事では、Unityのシーン再生中の色を変更する方法を紹介します。

Unityはシーン再生中にプロジェクトを編集しても、編集内容が保存されません。

デフォルトの設定ではシーン再生中は画面が少し暗くなるのですが、この程度の変化だと気づかない場合もあります。

デフォルトの設定でシーン再生

デフォルトの設定でシーン再生

「シーン再生中ということに気づかず、編集を進めてしまって後悔した・・・」といったことが起こらないように、シーン再生中はわかりやすい色が表示されやすくします。

シーン再生中に画面が赤くなる設定

シーン再生中に画面が赤くなる設定

設定の手順

メニューバーの「Unity」→「Preferences」をクリックしてください。

Preferencesを選択

Preferencesを選択

パネルが表示されるので、「Colors」タブを選択してください。

このパネルでは、Unityでさまざまなインターフェース要素を表示するときに使用する色を選択できます。

デフォルトのColors設定

デフォルトのColors設定

Colorsタブの一番上に「Playmode tint」という項目があります。
これがシーン再生中の色です。

デフォルトの設定では灰色になっているので、わかりやすく赤に変更しました。

Playmode tintを赤に変更

Playmode tintを赤に変更

ポップアップを閉じ、シーンを再生して確認しましょう。

シーン再生中の色を赤に変える

シーン再生中の色を赤に変える

その他の色の設定

Colorsタブの他の項目についても、簡潔に紹介します。

Background シーンの背景色。Shading ModeをWireframeにすることで確認可能。
Center Axis シーンギズモの中央軸の色
Grid シーンのグリッド線の色
Guide Line ガイドラインの色
Selected Axis 軸が選択されているときの色
Selected Outline オブジェクトが選択されているときの色
Wireframe ワイヤフレームが表示されるときのワイヤフレームの色
Wireframe Overlay オブジェクトが表示されるときのワイヤフレームの色
Wireframe Selected 選択されたワイヤフレームの表示色
X Axis シーンギズモのX軸の色
Y Axis シーンギズモのY軸の色
Z Axis シーンギズモのZ軸の色