【Blender2.83α】Cloth Brushの使い方解説

この記事では、Blender2.83 Alpha版に実装されているCloth Brushというブラシを使い、布のシワなどの作り方を検証していきます。

シワが簡単に作れる

シワが簡単に作れる

Cloth Brushとは

Cloth Brushは、Blender2.83で実装予定の、メッシュを布のように変形させることができるスカルプティングブラシです。

現在Blender2.83はAlpha版が公開されており、以下からダウンロードできます。

https://builder.blender.org/download/

基本的な使い方

まずは変形したいメッシュ(今回は平面)を用意し、サブディビジョンサーフェスモディファイアを追加して、できるだけ頂点を細かくしておきます。

細かく分割しておく

細かく分割しておく

オブジェクトモードに切り替え、モディファイアを「適用」します。

モディファイアの適用

モディファイアの適用

画面上部のSculptingタブからスカルプティングモードに切り替えます。

スカルプティングモードに切り替え

スカルプティングモードに切り替え

左側にブラシが並んでいるので、その中から「クロス(Cloth)」を選択します。

クロスブラシ

クロスブラシ

「クロス」ブラシを選択した状態でメッシュの上にカーソルを乗せると、何重かの円が表示されます。

クロスブラシの円

クロスブラシの円

これらの値は[N]キーを押したときに表示されるプロパティパネルの「ツール」から値を変更できます。

ブラシ設定

ブラシ設定

  • 半径:px数で指定
  • 強さ:半径を1とした時の比率で指定
  • Simulation Limit::半径を1とした時の比率で指定
  • Simulation Falloff:Simulation Limitを1、半径を0とした時の比率で指定

この状態でメッシュの上をドラッグしてみましょう。

まるで布のように動きました。

さまざまな布表現を試してみる

Cloth Brushの開発者Pablo Dobarroさんの動画ツイートを参考に、ブラシの使い方をいくつか探っていきたいと思います。

作業の際は、変形したい物体のメッシュをできるだけ均等になるように細かく分割しておきましょう。

ループカットで縦方向も分割しておく

ループカットで縦方向も分割しておく

デフォルトでは左右対称に変形するように設定されていますが、「対称」の項目から解除することも可能です。

ミラー設定を解除

ミラー設定を解除

各パラメーターの数値は動画を参照していますが、オブジェクトの形や大きさによって効果は異なるので、参考程度にお試しください。

布をつまむ – Pinch Point(放射)

変形を「Pinch Point」に変更し、その下のFarce Falloff(力の減衰)を「放射」に設定すると、布をつまんだような変形が可能になります。

ブラシ設定

ブラシ設定


上へ引っ張られた

上へ引っ張られた

シワを寄せる – Pinch Point(平面)

変形を「Pinch Point」に変更し、その下のFarce Falloff(力の減衰)を「平面」に設定すると、袖のシワのような変形を行えます。

ブラシ設定

ブラシ設定


上下にドラッグしているため上にも下にもシワが寄っている

上下にドラッグしているため上にも下にもシワが寄っている

膨らませる – インフレート(放射)

変形を「インフレート」に変更し、その下のFarce Falloff(力の減衰)を「放射」に設定すると、布に空気を入れて膨らませたような変形が可能になります。

ブラシ設定

ブラシ設定


膨らんだ

膨らんだ

STYLYにアップロードする

変形したオブジェクトはSTYLYにアップロードすることができます。

BlenderからSTYLYにオブジェクトをアップロードする方法は以下の記事の「モデルをSTYLYにインポートしよう」の章をご参照ください

×