PlayMaker,

このチュートリアルでは、3Dモデルが他のオブジェクトと衝突した際に破壊する設定について解説します。このためには、”is_Trigger”設定を使用し、そのトリガーの状態によってアクションが発生するよう設定します。今回のチュートリアルでは、銃弾が球体に命中した際に、球を破壊するよう設定します。以前の記事でコントローラーの設定方法や銃弾を発射できるようにする設定などについて解説していますので、未読の方はそちらもご覧ください。

ではまず、3DのSphereを作成します。これがtarget objectとなります。このSphereにcolliderを設定し、Is Triggerを選択状態にしてください。これで、この球は当たったものをブロックしません。ただし、colliderが設定されたオブジェクトが触れると、球のcolliderがそれを判定します。

次に、球へFSMを追加します。今回、私はゲーム内で球へ銃弾が当たった際に球の破壊アクションを発生させたいため、Trigger Eventアクションでdieを設定し、Dyingステートへ移行するよう設定しました。

Dyingステートへは、Destroy Selfアクションを追加しました。

銃弾の作成方法については前回の記事ですでに解説しました。銃弾のprefabがRigid bodyを持ち、colliderが設定されていることだけ確かめましょう。

後はprefabをそのままSTYLYへアップロードするだけです。これで銃から銃弾を撃てば、球を破壊することができます。球以外に、例えば敵キャラへ同じ設定を行い追加し銃で撃つことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ryohei Watanabe

VR Inside元創刊編集長。Psychic VR Labが提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」に惚れ込み、2018年1月よりChief Media Officerとして同社へ移籍。

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。
 

Unity

Unityで制作されたコンテンツをお持ちの方へ
Unityシーンアップロード機能を活用すれば簡単にVR化が可能に!

Click here

×