Tips,

皆さんこんにちは!

本日は、MixamoからダウンロードしUnityからSTYLYへアップロードしたキャラクターのテクスチャが、以下の画像のように表示されない際の対処法について解説します。

まず、キャラクターのPrefabを選択肢、Inspectorウィンドウの“Materials”を選択します。

次に、“Extract Textures”をクリックし、ディレクトリのウィンドウが表示されるので、新しいフォルダーを作成します。

そして、“Extract Materials”をクリックし、先ほど作成したフォルダーを選択します。キャラクターのテクスチャが表示されたことを確認します。

“Diffuse Shader”を適用します。手順に関してはすでに記事があるので、詳細に関してはそちらをご確認ください。

後は、STYLYへキャラクターをアップロードするだけです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ryohei Watanabe

VR Inside元創刊編集長。Psychic VR Labが提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」に惚れ込み、2018年1月よりChief Media Officerとして同社へ移籍。

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。
 

Unity

Unityで制作されたコンテンツをお持ちの方へ
Unityシーンアップロード機能を活用すれば簡単にVR化が可能に!

Click here

×