3DModel,

高品質の3Dモデルを配布しているhum3Dというサイトを利用しました。

hum3Dは車や建造物、動物などの3Dモデルを掲載しています。

本記事ではhum3Dで3Dモデルをダウンロードして、STYLYにアップロードする方法を紹介します。

3Dモデルをダウンロードする

hum3D(https://hum3d.com/)にアクセスしてください。

カテゴリー一覧

使用したい3Dモデルを探します。
カテゴリー別に分かれているので、探しやすいと思います。

有料の3Dモデルもありますが、今回はサンプルとして無料の3Dモデルを使用します。

無料でダウンロードできる3Dモデルはこちら(https://hum3d.com/free/)から確認できます。

ダウンロードボタン

3Dモデルのページにアクセスすると、右上にダウンロードボタンがあるのでクリックするとダウンロードが始まります。

利用規約の確認

ちなみに3Dモデルの利用規約に関しては、3Dモデルのページ右下に記載されています。
この3Dモデルに関しては「いかなる商用利用も認められない」となっていますね。

STYLYにアップロードする

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

ファイル一覧

解凍したフォルダを開くと、3Dモデルを構成するファイルの一覧を確認できます。

この中で

・ obj
・ mtl
・ jpg(複数ある場合は全て)

を複数選択してSTYLYにアップロードしてください。

3DモデルをWebEditorで確認

Web Editorに配置することができました。

以上でhum3D上の3DモデルをダウンロードしてSTYLYにアップロードする方法の紹介は終わりです。

yuriesky

大学3年です。普段はAdobe PremiereProとAfterEffectsを使った動画制作をやっていて、今はVRの勉強もしています。 ↓Twitter↓ https://twitter.com/Hitori_Hara ↓YouTube↓ https://www.youtube.com/channel/UC0bKcaSRqufMRAbHq2lCb-Q?view_as=subscriber

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。