【Photoshop】3Dモデルの書き出しとSTYLYへのアップロードの方法

Photoshopは画像編集ソフトとして、写真家やデザイナーに愛用されているソフトです。
あまり知られていないですが、Photoshopでは、3Dデータを取り扱うことができます。その機能を利用して、モデリングや、画像を3Dモデルにすることができます。

今回はPhotoshopで作った3Dモデルを、3Dデータに書き出し、STYLYやUnityにアップロードする方法を説明します。

 

3Dモデルの用意

最初に3Dモデルを作りましょう。
以下の記事を参考にして3Dモデルを作ってみてください。

【Adobeユーザー必見】Photoshopで1枚の画像から3Dモデルを作る方法

【Adobeユーザー必見】Illustratorのデザインを3Dモデルにする方法


今回は、あらかじめ作っておいたモデルを利用します。

 

Photoshopで3Dモデルを用意

3Dモデルを用意

書き出し準備

3Dモデルを用意したら、書き出しの準備をします。書き出しを行う前に、2点調整するものがあります。

・テクスチャ:UVを生成する
・リグ:座標位置を初期化する

この2つを調整しないと、書き出した際に、データが正しく反映されません。1つずつ説明します。

テクスチャ:UVを生成する

UVとは、3Dモデルにテクスチャを貼り付ける際の座標のことです。
詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

UV座標系 | CG用語辞典 | CGWORLD Entry.jp

UVを生成しないと、書き出した際に正しくテクスチャが反映されません。
場合によっては、テクスチャが崩れてしまうこともあります。

UVを生成する方法は以下のとおりです。

 

上部のメニューバーより、「3D」を選択します。メニューを開いたら、「UVを生成」を選択します。

UVを生成する

①3D ②UVを生成 を選択

これで自動的にUVが生成されます。

リグ:座標位置を初期化する

リグとは、3Dモデルを操作するX,Y,Zの矢印のことです。

 

リグ

リグ

Photoshopで作ったモデルが座標からずれてしまうと、書き出した際にリグの位置もずれてしまいます。書き出す前に、リグを調整しましょう。

リグを3Dモデルに正しく設定するには、3Dモデルの座標を初期化すると、設定できます。

座標の初期化の仕方を説明します。
オブジェクトを選択した状態で、属性ウィンドウの4番目のアイコンを選択します。

 

座標を初期化

①オブジェクト ②座標アイコンを選択

すると、座標メニューが表示されます。
座標メニューの下から2番目の「座標を初期化」というボタンを押します。座標が初期化され、初期位置に戻ります。

座標メニュー

①座標を初期化 ②位置座標の値がすべて0なら初期化された状態

これで座標が初期化されました。

以上で、書き出しの準備ができました。

書き出し

準備ができたら、書き出しをしましょう。

まず、上部メニューの「3D」を選択し、メニュー内の「3Dレイヤーを書き出し」を選択します。

 

3Dモデルの書き出し

①3D ②3Dレイヤーを書き出し を選択

「プロパティを書き出し」のウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、以下の2点の項目を修正します。

・3Dファイル形式:Wavefront | OBJ (今回は.objデータで書き出すため、OBJで設定します)
・テクスチャ形式:JPEG

この2点を選択したら、「OK」を押します。

 

拡張子を選択して書き出し

①Wavefront | OBJ ②JPEG ③OK を選択

ファイルに保存できたら、書き出し完了です。

これで3Dデータを他のソフトやSTYLYで利用できます。

STYLYで利用する

書き出した.objのデータはSTYLYに直接アップロードできません。
一度、Sketchfabにアップロードし、テクスチャをモデルに張り付けて、gITFのデータで再度書き出す必要があるからです。

その手順を説明します。

Sketchfabへのアップロード

Sketchfabのアカウントへ未登録の方は、まずアカウントを作成しましょう。

アップロードの仕方ですが、まずトップページの右上の「UPLOAD」をクリックすると、アップロードのウィンドウが表示されます。

 

Sketchfabにアップロード

トップメニューの「UPLOAD」を選択

アップロードのウィンドウが表示されたら、今回書き出した3Dのファイルをすべてアップロードしましょう。

 

全てのファイルを選択してアップロード

全てのファイルを選択してアップロード

アップロードが完了すると、自動的にテクスチャが貼られ、3Dモデルが作られます。

3Dモデルが作られたら、右側の「Download」の項目を「FREE」にし、「SAVE & PUBLISH」を選択すると、ダウンロード可能な状態で公開されます。

 

PUBLISH

①Download : FREE ②SAVE & PUBLISH を選択

公開画面で、左下のアイコンの下に「Download 3D Model」が表示されれば、ダウンロードできる状態になってます。

 

Sketchfabからダウンロード

①Download 3D Model

これで3Dモデルのアップロードが完了しました。

Sketchfabからダウンロード&STYLYへのアップロード

Sketchfabから3Dモデルをダウンロードし、STYLYへアップロードしましょう。
詳しい方法は、以下の記事の「3Dモデルをダウンロード」以降の項目を参照します。

実際にアップロードしたのがこちらです。

STYLY Studioにアップロード

実際にアップロードしたモデル

 

Unityで利用する

Unityで利用する場合は、Sketchfabにアップロードする必要はありません。

Photoshopから書き出したデータを全てUnityにインポートします。

すると、自動で書き出したテクスチャが、マテリアルに張り付けられ、モデルにも反映されます。

 

Unityへ直接アップロード

Unityへ直接アップロード

以上が書き出しと、STYLYへのアップロードの方法となります。

UV生成と座標の初期化は忘れやすいので、気を付けましょう。