岩のチュートリアル1 C4D R20を使用したボリュームモデリング

こんにちは!SensitiveCubeです!

このチュートリアルでは、様々なパターンの岩の作成方法を案内します。パート1ではCinema4D R20のボリュームモデリングの基礎を解説します。パート2では、Substance Painterの基礎を解説します。

Rocks Tutorial : sensitiveCube

Cinema4D R20のボリュームモデリングで作成したモデル

岩オブジェクトセット用に、ベースオブジェクトを作成

まず、C4DのシーンのHierarchyをご覧ください。画像と同じようにHierarchyを構成してください。

Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 1

まず、Sphereオブジェクトを作成し、Typeを”Octahedron”に変更しましょう。Sphere配下にDisplacerを追加し、シェーダーにノイズを追加してください。ノイズにはパラメータがたくさんありますが、心配する必要はありません、今回使用するのは3つだけです。Noise、Global Scale、Seedを使用します。

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 2

Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 3

Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 4

Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 5

次に、mographのClonerとrandom設定を行います。Sphereを選択し、Altキーを押下した状態でClonerアイコンをクリックしてください。ModeはGrid Arrayとし、Countの値は2 2 2とします。

Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 6

Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 7

Clonerオブジェクトを選択したまま、random effectorを作成してください。パラメータタブを開き、Transformを以下の画像のように設定してください。
 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 8

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 9

次はEffectorタブを開いてください。Seedのパラメータを確認しましょう。これは後ほど使用します。

ボリュームオブジェクトの追加

今回は2つのボリュームオブジェクト、Volume builderとVolume Mesherを使用します。C4Dのこの新しいモデリング方法はとても便利で応用しやすいです。Volume builderはオブジェクトをvoxel(volume + pixel)データに変換します。
 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 10

 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 11

こちらに関して詳細を知りたい方は、”OpenVDB”フォーマットを確認してください。Volume Mesherがvoxelデータよりポリゴンメッシュを作成します。
 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 12

 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 13

Volume builderオブジェクトは他にも、ポリゴンメッシュをパーティクルとして使用することもできます。かっこいいですよね!
 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 14

様々なパターンを作成

ではチュートリアルに戻りましょう。Amorphous poly-meshを作成します。見た目はいいのですが、VR(またはリアルタイムレンダリング)に使用するためにはポリゴン数が多すぎます。その対処としてPolygon Reductionオブジェクトを利用します。以下のようにパラメータを設定してください。
 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 15

 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 16

岩や雲のような不定形の形を作成する際、コンピュータのランダム生成機能を利用すると便利です。または、C4Dの新機能”ボリュームモデリング”もおすすめです。
今回のチュートリアルでは、”seeds”パラメータ内mographのrandomize effecterがランダム生成に用いられています。
それではランダムオブジェクトの生成に戻ります。満足行く形ができるまで、seedsの値を変更し続けてください。納得できたら、オブジェクトのセットをコピーします。Seedsの値のメモを取ることを推奨します。C4DのAnnotationタブを利用すると便利です。
 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 17

 Make sure now selecting the Cloner Object and create random effector. Goto Parametor tab and Transform below. Rocks : tutorial 1. modeling with c4d r20 volume modeling.

Cinema4D R20のボリュームモデリングのイメージ 18

他の形を作成するには、seedの値を変更してください。簡単ですよね?
次回のチュートリアルでは、モデルのエクスポートを行いテクスチャとマテリアルの作成を行います。
×
newbview popup