trench-run_large

無料で使える 3Dモデルサイト BLEND SWAPを使ってVR空間を作る

こんにちは。
今回はセンスが無くてもVRを作る方法を紹介します。
手短に言うと、無料で手に入る3DモデルとSTYLYでVRシーンを作ります。
まずは無料でかっこいい3Dモデルが手に入るサイト「BLEND SWAP」を紹介します。
BLENDER SWAP

BLENDER SWAP

BLEND SWAPは3DモデリングソフトBlenderで作成された3Dモデルを共有する目的で作成されたサイトです。
サイトを訪問してもらえると分かりますが、どのモデルもクオリティが高く驚きます。
これらが無料で使えてしまうのですから、活用しない手はありません。
今回はそんなBLEND SWAPの力を借りて、StarWarsの空戦をSTYLYで作ってみたいと思います。
「Trench Run」 by TheArtofScott

「Trench Run」 by TheArtofScott

 

サンプル

STYLY GALLERYからサンプル空間を体験できます。

http://gallery.styly.cc/soichirooooo5/6f0c038b-21f4-11e9-b34d-4783bb2170d0

 

3Dモデルをダウンロードする

BLEND SWAPのユーザ登録を済ませ、早速な3Dモデルをダウンロードします。

 

「X-Wing」 by benjob

「X-Wing」 by benjob

 

「Tie Fighter」 by benjob

「Tie Fighter」 by benjob

 

「Vader Tie Fighter」 by benjob

「Vader Tie Fighter」 by benjob

 

ついでに星空もダウンロードしておきます。

「Starry Sky」 by Francesco Ungaro

「Starry Sky」 by Francesco Ungaro

 

STYLYへ取り込む

ダウンロードした.blendファイルは、「My Models & Upload」メニューから取り込むことができます。

STYLYエディターからBLENDファイルをアップロード

STYLYエディターからBLENDファイルをアップロード

 

3モデルともアップロードを完了しました。

blendファイル取込完了

blendファイル取込完了

 

組み立てる

以下、組み立て手順を説明していきます。

SkyboxをDarkに変更する

SkyboxをDarkに変更する

 

GroundをOffにする

GroundをOffにする

 

x-wingを配置する

x-wingを配置する

 

Tie Fighterを追加する

Tie Fighterを追加する

 

操縦席が見えるよう「Vader Tie Fighter」を配置する

操縦席が見えるよう「Vader Tie Fighter」を配置する

 

Polyの「pink ball」を追加する

Polyの「pink ball」を追加する

 

pink ballをアフターファイアとして配置する

pink ballをアフターファイアとして配置する

 

Polyの「concrete ground texture」を追加する

Polyの「concrete ground texture」を追加する

 

concrete dround texture を壁として配置する

concrete dround texture を壁として配置する

 

画像ファイルのアップロード画面を開く

画像ファイルのアップロード画面を開く

 

星空画像をアップロードする

星空画像をアップロードする

 

オリジナルままのアスペクト比で画像をインポートする

オリジナルままのアスペクト比で画像をインポートする

 

前方に星空が見えるよう配置する

前方に星空が見えるよう配置する

 

以上、参考画像と比べると特に操縦席周りが寂しいですが、ここまでにします。

 

VRシーンをイチから構想するとなるとやはりセンスが必要になると思うのですが、

好きな映画や漫画のワンシーンを再現するのであれば、そこまで高いハードルに悩むこともなく、気軽に始められると思います。

是非、STYLYで手軽にチャレンジしてみて下さい。