Manual,

STYLYは、Unityで制作されたシーンをまるっとあげることができる「シーンアップロード機能」のα版の提供を開始いたしました。本記事では、シーンアップロード機能の使い方と、仕様、注意事項をまとめてあります。

α版のため、機能が限定的且つ全てが正常に動作することを保証するものではないので、予めその点ご理解いただいた上でお使いいただければ幸いです。

シーンアップロード機能を使ってあげたシーン例

 

Unityからのシーンアップロード方法

Unityからのシーンアップロード方法はPrefabと同様、sceneファイルを右クリック→「Upload prefab or scene to STYLY」を選択するのみです。

UnityPluginは以下のダウンロードページから最新版を取得してください。

Unityからアセットをアップロードする方法については以下記事リンクに詳細が記載されていますので、ご覧ください。

UnityからSTYLYにアセットをアップロードする方法

 

仕様

  • UnityUploaderでシーンを選択してアップロード
  • WebEditorでMyModelsからアップロードしたシーンを選択して配置
    • WebEditor上でもシーンは表示されるが移動、回転、拡大などの操作は不可
  • PC VRクライアントでのみ体験可能
  • スタートポジションは変更できないので、予め想定(StartPositionは、(0,0,-5))した上でアップロードする。

 

制限事項

  • Scene内のカメラは削除してアップロードする事
  • WebEditor/WebPlayer/PC VR Clientのみサポートのみ。Daydream/GearVRについてはサポート外。
  • スクリプトは配信されない。
    • その他、動的なコンテンツが正常に動作しない可能性があります。
  • SceneアセットのサムネイルはDUMMY表示となります。
  • サイズが大きすぎるとアップロードできない可能性があります。

 

本対応で得られる表現

今回のシーンアップロード機能を使うことで、ライトや反射などの表現が可能になります。

 

不具合やご要望などございましたら、こちらよりご連絡ください。

 

“Unityシーンアップロード機能の使い方” への1件のコメント

  1. Plase Quick より:

    ベータ版しかダウンロードサイトにありませんが、いつ頃ご提供いただける予定でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ryohei Watanabe

Ryohei Watanabe

VR Inside元創刊編集長。Psychic VR Labが提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」に惚れ込み、2018年1月よりChief Media Officerとして同社へ移籍。

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。
 

Unity

Unityで制作されたコンテンツをお持ちの方へ
Unityシーンアップロード機能を活用すれば簡単にVR化が可能に!

Click here

×