(JP) 【無料 3Dドットモデリングツール】Magica Voxelを使ってみた

In this article, I will show how to download Magica Voxel, how to use it and export the 3D model created.

This time I use it on macOS but Windows user can use it as well. Please be aware that the UI etc, may be different.

About Magica Voxel

Magica Voxel is open-source software, which allows you to do modelling work with voxels.

The official site is here. You also download the software from this site.

Magica Voxel Top page

How to download Magica Voxel

Access the official site. You will easily find the download button there.
There is the version for each OS (Only for Mac and Windows), so download the one compatible. The download will finish in tens of seconds.

Download Magica Voxel

 

About the error when launching

When launching Magica Voxel on macOS, you may see the black screen without the software started up.

 

‘Magica Voxel’ icon

In that case, you can launch it by the following sequence.

  1. Uncompress the compressed file you downloaded.
  2. Move temporarily the ‘Magica Voxel’ icon (See the image above) from the uncompressed file to the desktop or the other folder.
  3. Move the ‘Magica Voxel’ moved to the desktop, back to the uncompressed file.

How to solve the error when launching Magica Voxel

That is all you need.
Once you solved it this way, it will launch without problems next time. So please try it if you struggle with this error.

Navigation and UI on Magica Voxel

Now, I explain how to navigate in Magica Voxel and its UI.
Of course, you can navigate with the mouse. But, I will show how to navigate with the trackpad in an easy way.

How to navigate

  • Scale > Slide two fingers

Navigation – Scale-up

 

Navigation – Scale-down

 

  • Rotate camera (Scene Tumbling) >  Click with two fingers and slide them. If you do the same with one finger, it selects an area or creates a voxel etc.
  • Undo (Ctrl+Z)
  • Cancel the selection (Ctrl+D)
  • Delete > you can delete the voxel selected.

By the way, I found ‘Copy and Paste’ was not working.

The UI of Magica Voxel

I explain the basic UI of Magica Voxel here.

The UI of Magica Voxel

1. Colour Palette

You can change the colour of each voxel here. The numbers 1 to 4 are written are below the caption ‘Palette’. There are the color palettes of each colour tone. By default, some colour palette are available, such as greyscale, low-tone colours, etc.そこではカラートーン別のカラーコードが表示されています。グレースケールやトーンダウンしたカラーコードなどがデフォルトで用意されています。
ブラシパレット
ここでは、塗ったり生成したりするボクセル単位を変更できます。

2. Brush Palette

This pallet allows you to change the target when you paint or create voxels. 

The Edit mode

The Brush tool has some Edit modes.

L>Line
If you create a line, press the ‘Attach’ button. Then, you can draw a line with voxels. There are ‘Project’ and ‘Straight’ modes.

C>Center
When creating faces, press the ‘Attach’ button first. You can create ‘Circle’ or ‘Square’ faces. They are created from the centre point.

C>Center

P>Pattern
You can add a pattern registered. It’s can be rotated around X, Y and Z-axis.

V>Voxel
This allows you to create a sphere or voxel. You can create or add them in ‘Attach’ mode, whilst you can paint in ‘Paint’ mode. In the ‘Erace’ mode, you can erase voxels with the pattern you set.

F>Face
This allows you to create a face with voxels. You can create or add it in ‘Attach’ mode, and paint a face in the ‘Paint’ mode. In ‘Erase’ mode, you can delete the face selected.

B>Box
You can add, paint and delete voxels with a box specified by dragging the mouse. ‘Attach’ mode adds voxels, and ‘Paint’ mode paints them with the colour selected from the palette. In ‘Erase’ mode, you can delete voxels with the box specified.

3. Scene

You make your voxel model here. By selecting the Render tab, you can switch the screen to display the rendered image by selecting the Render tab.

‘Rendering’ screen

4. 編集ツール

ここでは赤枠内、モデルのスケールや、ボクセルのサイズ、反転、回転などが設定できます。

また、Magica Voxelはモデルを囲むラインの中にしかボクセルを生成できません。変更する場合は青枠にある数値を変更設定します。

編集ツール

 

5. プロジェクト、アウトライン

こちらでは、デフォルトで用意されてるボクセルモデルや、モデルの階層管理ができるアウトラインがあります。

プロジェクト、パターン、アウトライン

 

それでは、次からボクセルモデルを制作してみましょう。

Magica Voxelでモデリングしてみよう

まずは、Magica Voxelを起動して新規シーンを表示します。

UI操作を確認した後に新規ボクセルを表示させる場合は、画面左上にあるドキュメントマークが新規作成ボタンです。

新規作成

まず、Lineモード、Attachモード、範囲選択、ラインタイプをStraightに設定し、1/5を範囲選択します。

範囲選択する

 

次にカラーパレットから緑色、塗りつぶしアイコンを選択します。
先ほど選択した範囲をクリックすることで、任意のカラーをつけることができます。

カラーをつける_01

同様に4/5の範囲を赤色に塗りつぶします。

カラーをつける_02

 

次に形を変えていきます。
選択範囲を指定して、Deleteを押します。画像のように1/3ずつ削除します。

選択範囲の削除

 

さらに形を作っていきます。
Voxcelモード、Eraseモードにして、MirrorをY軸、AxisをX軸に設定します。画像のように三角形になるようにラインを入れていきます。

ミラーリング削除

 

ミラーリング削除して余ったボクセルを削除していきます。
Faceモード、Eraseモード、MirrorをY軸、AxisをX軸に設定します。残っている部分を選択してDeleteをクリックすることでまとめてがさっと削除できます。

フェース削除

 

モデリングの最後にペイントをします。
Voxcelモード、Paintモードにしてから、任意のカラーパレットから色を選択します。

ペイント編集

 

レンダリング

モデリングの最後にレンダリングを少しご紹介します。

レンダリング

1. Renderボタン

このボタンを切り替えるだけでレンダリング画面に遷移します。

 

2. Lightエディタ

エリアライトやスカイライト、フォグなどの設定ができます。

 

3. マテリアエディタ

素材の変更(Diffuse、Metal、Glassなど)から、カメラの設定、イメージの挿入が可能です。書き出す際のイメージサイズもこちらで変更できます。

 

4. 書き出しボタン

書き出しのレンダリングが開始します。

 

レンダリング画像

あまり多くの数値を頻繁に変更すると、かなりバッテリーの消耗をするので、様子をみながらレンダリングすることをお勧めします。

 

書き出し

モデルが完成したら、3Dファイルに書き出します。

画面右下から、Exportより書き出しモデルを選択します。今回は.objで書き出していきます。
保存先を決めてSaveを押すと任意の場所に書き出されます。

モデルの書き出し

 

制作したモデルをSTYLYへインポートしてみる

3Dモデルの準備ができたら、STYLYに入れて完成形をチェックしてみましょう。
STYLYにログインして、空間を作成します。アカウントの作成記事はから。

STYLYトップページ

①>②の順でモデルのインポート画面へ進んでいきます。

STYLY 3Dモデルインポート画面

モデルがアップロードできたらMy Modelsから追加されたモデルをクリックします。

STYLYにインポートされたモデルのピポッドポイントがずれているし、テクスチャもついていません。必要であればUnityで一度テクスチャとセンターを調整してもいいですね。さすがにテクスチャがないと何かよくわかりません。

インポートモデル

モデルの制作からstylyへのインポートは以上です。

いかがでしたか、とても簡単にボクセルモデルを制作することができました。また、レンダラーが無料とは思えない綺麗さとクオリティが搭載されているので、トライアンドエラーを試してオリジナルの世界観を作ってみてください。