Feature, STYLY, VR Editor,

STYLYにVR空間内のアセットだけでなく、空間自体を拡大・縮小しながら編集することができる「VR Editor」を標準搭載いたしました。


NEWVIEW AWARDS 2018グランプリ受賞者であるバーチャルアーティスト「えもこ」氏が本機能の動画を公開中

STYLY VR Editorについて

本機能はVR空間内にあるアセットの移動をはじめ、拡大・縮小、複製・削除はもちろん空間自体を縮小し、俯瞰視点の箱庭感覚でもVR空間の編集を行うことができる新機能です。

3D空間特有の距離感の掴みにくさや、一人称視点で見た際のサイズ感の違いなど、VR空間制作時に起こる問題を解消し、より直感的に制作することが可能となります。

VR Editorの詳細はこちらから:https://styly.cc/manual/vr-editmode/

 

利用手順

  1. STYLY WebEditorを起動
    • アカウント未登録の方はこちらの記事を参考に登録してください。
  2. 新規 or 既存の空間に必要素材をインポート
  3. STYLYのSteamアプリをダウンロード後、起動
  4. My Scenesを開き、対象空間のサムネイル右下にある鉛筆ボタンをクリック
  5. もしくは、VR空間内でメニューを開き、Edit in VRボタンをクリック
  6. STYLY VR Editorが起動

 

操作方法

左:Oculus Rift用操作ガイド 右:htc VIVE用操作ガイド

左:Oculus Rift用操作ガイド 右:htc VIVE用操作ガイド

アセットの移動
コントローラーで対象物に触れ、トリガーを引くとアセットを掴めるので、そのまま好きな場所へ移動する事が可能です。

アセットの複製・削除
アセットを掴んだ状態で、タッチパッドをクリックすると複製することができます。また、削除したい場合は消したいアセットにコントローラーで触れ、タッチパッドをクリックすると削除できます。

アセットの拡大・縮小
アセットを掴んだ状態で、もう片方のコントローラ-のトリガーを引き、両手を広げると拡大、狭めると縮小します。

空間の拡大・縮小
両手コントローラーのグリップボタンを押しながら、両手を広げると拡大、狭めると縮小します。

空間の回転
両手コントローラーのグリップボタンを押しながら、両手を前後に動かすと回転させることができます。

Ryohei Watanabe

VR Inside元創刊編集長。Psychic VR Labが提供するVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」に惚れ込み、2018年1月よりChief Media Officerとして同社へ移籍。

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。
 

Unity

STYLYを活用し、全世界に向けVRコンテンツを配信
まずはアカウントを作成しよう

Click here

×