STYLY-Unity-サンプルプロジェクトの使い方

STYLYの記事を読んでいると、以下のようにSTYLY-Unity-サンプルプロジェクトをダウンロードすることがあります。

「立体音声波形の作り方」から

GitHubは簡単に言うと世界中の人々が自分の作品(プログラムコードやファイル)を保存・公開できるWebサービスです。

個人・企業を問わず、無料で利用することができます。

STYLY-Unity-サンプルプロジェクトでは、STYLYで使える高精度のシーンやプレファブ等をまとめてあり、それらを使うことで1から自分で作成する手間を省くことができます。

またSTYLY-Unity-サンプルプロジェクト内のものは、STYLY Magazine内に作り方の記事があります。

今回はSTYLY-Unity-サンプルプロジェクトの使い方がわからない方のために、その使い方を紹介します。

STYLY-Unity-サンプルプロジェクトをダウンロードし、フォルダを確認する

STYLY-Unity-サンプルプロジェクトを用意したので、以下のリンクをクリックしてください。

https://github.com/styly-dev/STYLY-Unity-Examples

GitHubトップ画面

GitHubを開くと画面の中央に「Sign up」ボタンがあり、GitHubアカウントを作成することができますが、STYLY-Unity-サンプルプロジェクトをダウンロードする際にアカウントは必要ないので、アカウント作成方法は本記事では割愛します。

「Clone or download」をクリックします。

 

「Download ZIP」を選択

「Download ZIP」を選択してください。

自動的にZIPファイルがダウンロードされます。

ZIPファイルを展開

ダウンロードが完了したらZIPファイルを解凍して中身のフォルダを確認しましょう。

Unityでファイルを確認

解凍したSTYLY_Unity_サンプルプロジェクトを選択

Unityを起動し、「Open」をクリックするとファイルを選択する画面になるので、先ほど解凍した「STYLY-Unity-Examples-master」を選択して開くと、プロジェクトを開けます。

プロジェクト起動


Assetsに格納

「STYLY-Unity-Examples-master」→「Assets」→「STYlY_Examples」を開くと、Unityプロジェクトの一覧が表示されます。

STYLY-Examples一覧

今回は使い方の紹介なのでどれでもいいのですが、「9 windows」を例として使い方の紹介をしていきます。

↓「9 windows」は以下のギャラリーで確認できます。

 

シーンを選択

「STYLY-Examples」内の「9 Windows」フォルダを開き、シーンをダブルクリックしてください。

シーンを確認

「9 Windows」のシーンを開くことができました。

このままSTYLYにアップロードすることもできます。

Unityのシーンを丸ごとSTYLYにアップロードする方法はこちら

Hierarchyウィンドウを確認

Hierarchyウィンドウを見ると、シーンを構成する要素を確認することができます。

エフェクトの確認

また、シーンを構成する各要素のInspectorウィンドウを見ることで、エフェクトの設定を理解することもできます。

要素ごとにSTYLYにアップロードする方法はこちら

記事とギャラリーの確認

「README」を確認

「9 Windows」フォルダ内の「README」のInspectorウィンドウを開くと、シーンに関連する記事と、STYLYギャラリーのURLを確認できます。

記事URL

「##document」の下の行のURLは、このシーンに関連した記事のURLです。

このURLをコピーアンドペーストして検索すると記事を見つけることができます。

※記事がない場合もあります

ギャラリーページのURL

「##STYLY Gallery Page.」の下の行はSTYLYギャラリーサイトでのURLです。

このURLをコピーアンドペーストして検索するとギャラリーサイトでシーンを見ることができます。

 

お疲れさまでした。

以上でSTYLYで使えるSTYLY-Unity-サンプルプロジェクトの使い方の紹介は終わりです。

シーン作成に生かしてみてください!