NEWVIEW FEST 2021

2022.01.21(Fri.)~01.31(Sun.)
@SHIBUYA PARCO & VIRTUAL VENUE

XR作品体験、ライブ、トーク、ポップアップetc.XRカルチャーの最前線を発信
3次元空間での表現と体験のデザインを開拓するNEWVIEW初の複合型イベント

Adobe Dimensionで3Dモデルを作成して書き出す方法

本記事ではAdobe Dimensionでどんなことができるのかを紹介します。

下記画像のようなロゴ入りの純金バッグを作りながら、基本操作の説明も行います。

完成イメージ

完成イメージ

 

Adobe Dimensionとは

Adobe Dimensionは2Dと3Dを組み合わせたリアルな合成画像を簡単に作成できるツールです。ロゴが入ったコーヒーカップやバッグ、ガラスのコップなど製品のモックアップを作る際に使われることも多いです。

Adobe Dimensionでできること

・3Dモデルをさまざまな角度から見られる。

・画像ファイルを3Dモデルに貼り付けられる。

・最終的にpngなどに書き出せる。

・書き出した画像はPhotoshopやIllustratorで加工できる。

・fbxやobjファイル等の3Dオブジェクトをインポートして加工できる。

Adobe Dimensionでできないこと

・モデリング。モデリング機能は無いので予め用意されたモデルを使用します。

・Adobe Dimensionからfbxをエクスポートはできません。エクスポートできるのはobjとGLTGとGLBのみです。

実際にパッケージを作ってみる

ここでは実際に純金のロゴ入り紙袋を作りながらAdobe Dimensionの基本操作を説明していきます。

完成イメージ

完成イメージ

新規ファイルを作成

「ファイル」→「新規」を押して新規ファイルを作成します。

すると以下のような画面が表示されます。

新規ファイル

新規ファイル

3Dオブジェクトの配置

画面左側の「スターターアセット」からバッグを右側のアートボードへドラッグします。

するとバッグがアートボードに配置されます。

バッグの配置

バッグの配置

テクスチャの貼り付け

スターターアセットを下にスクロールしていくとテクスチャを見つけることができます。

その中から純金のテクスチャを選んで、先ほど配置したバッグにドラッグ&ドロップして貼り付けます。

純金テクスチャの貼り付け

純金テクスチャの貼り付け

するとバッグが純金になりました。

純金テクスチャが貼り付けられたバッグ

純金テクスチャが貼り付けられたバッグ

ロゴの貼り付け

その後、スターターアセットをさらに下にスクロールしていくと「ブランドロゴ」を見つけることができます。

こちらもドラッグ&ドロップでバッグに貼り付けられます。

バッグにロゴを貼り付ける

バッグにロゴを貼り付ける

ロゴ付きの純金バッグができました。

ロゴ付き純金バッグ

ロゴ付き純金バッグ

 

モデルの書き出し

作成した3Dモデルを書き出します。

純金バッグを選択した状態で、

「ファイル」→「書き出し」→「選択したモデル」とするとモデルの書き出しができます。

今回はobj形式で書き出しをします。

objモデルの書き出し

objモデルの書き出し

objファイルとDimension上で貼り付けたテクスチャ等も一緒に書き出しされます。

書き出しが完了すると以下の画像のようにobjファイルとmtlファイル、テクスチャの画像が入ったファイルが生成されます。

本記事ではファイル名を「test」としているので「test」フォルダとtest.obj、test.mtlが生成されます。

testフォルダの書き出し

testフォルダの書き出し

Unityへのインポート

3DモデルをSTYLYにアップロードする際には、Unityを使用する必要があります。

そこでここではAdobe Dimensionで書き出したモデルをUnityへインポートする方法をご紹介します。

まず先ほど書き出したobjファイルをUnityへインポートしていきます。

Unityで「Assets」→「Import New Assets」からインポートします。

アセットをインポートする

アセットをインポートする

Projectビューにあるインポートした紙袋(test)をHierarchyビューに配置するとSceneに表示されますが、色がついていない状態で配置されます。

testをHierarchyビューに配置する

testをHierarchyビューに配置する

色がついていない紙袋は不要なので、Hierarchyビューからは一度削除します。

色をつけるには、先ほどAdobe Dimensionで書き出しをした際に生成されたフォルダに入っている画像を使用します。

こちらも先ほどUnityにインポートしたobjファイルと同様に、インポートしていきます。

アセットをインポートする

アセットをインポートする

フォルダ内にはたくさんの画像が書き出されていますが、今回は純金のマテリアルとロゴの入ったこちらの画像1枚のみをインポートするのみで十分です。

画像を選択して、「Import」をクリックします。

テクスチャをインポートする

テクスチャをインポートする

「Create」→「Material」と選択して、マテリアルを作成します。マテリアルには「test_mtl」と名付けます。

マテリアルを作成する

マテリアルを作成する


テクスチャをマテリアルに設定する

テクスチャをマテリアルに設定する

「test_mtl」を選択した状態で、先ほどインポートしてきたテクスチャ画像「tmp_eu_thumb_3de0_7206」を「Albedo」と書いてある部分の左の正方形にドラッグ&ドロップします。

testのPrefabの「Materials」タブの中の「MODEL_BAG_CUTOUT」にtest_mtlをドラッグ&ドロップします。その後「Apply」ボタンを押します。

 

モデルにテクスチャをアタッチする

モデルにテクスチャをアタッチする

「Apply」ボタンを押すとテクスチャが3Dモデルに反映されます。

そして「test」PrefabをHierarchyビューにドラッグ&ドロップします。

test PrefabをHierarchyビューに配置する

test PrefabをHierarchyビューに配置する


色のついたモデルが表示される

色のついたモデルが表示される

しっかりと色のついた純金バッグがSceneビューに表示されていることがわかります。

STYLYへのアップロード

UnityへインポートしたモデルはSTYLYへアップロードできます。

UnityからSTYLYへのアップロード方法は以下の記事を参考にしてみてください。

STYLY Studioにアップロード

STYLY Studioにアップロード

本記事ではAdobe Dimensionの紹介や基本操作を紹介しました。

Adobe Dimensionでは、モデリングツールで作ろうとすると時間がかかるラベルやテクスチャのついた3Dモデルをドラッグ&ドロップで簡単に作ることができます。

さまざまなモデルを使うのも、テクスチャを張り替えるのも気軽に素早くできるので、いろいろと実験してみてください。

newbview popup