Playmakerを使った初めてのゲーム作り④ 玉転がしゲームつくってみる(後編)

「PlayMaker」の概要・インストール方法・使い方からPlayMakerを使ってUnityで簡単なゲームを作ってみようシリーズ④の記事です。

PlayMakerはUnityで使用するプログラミング言語(C#)を学習しなくても、Unityコンテンツ/VRコンテンツを簡単に制作することができます。

STYLYと組み合わせて使用することによって、VRコンテンツも作ることもできるので、簡単なゲームを作りながら覚えていきましょう!

前回はキー入力でボールを移動できるようするところまで紹介しました。

本記事では、ステージにアイテムを設置して、ボールで収集できるようにします。

また、収集したアイテムの個数を表示するUIを作成し、ゲームを完成させましょう。

事前準備

PlayMakerを持っていない方はあらかじめインストールしておきましょう。

PlayMakerのインストール方法は以下の記事で詳しく解説しています。

はじめてPlayMakerを使用する人は、あらかじめ以下の記事を一読することで、理解を深められます。

作成するゲーム

本記事で制作するゲームのイメージです。

ボールをキー入力で操作し、アイテムを12個取得するという玉転がしゲームを作っていきます。

ゲームの完成イメージ

ゲームの完成イメージ

サンプルシーンはこちらで体験できます。

なお、これはUnity公式の無料チュートリアル「玉転がしゲーム(Roll-a-ball)」をPlayMakerで作成したものです。

このゲームを制作することで、UnityやPlayMakerでのゲームづくりの基本を理解できます。

アイテムの作成

GameObjectを作成

GameObjectを作成し、名前を「PickUps」と変更します。

Positionは(0,0.5,0)と設定します。

名前をPickUpsに変更

名前をPickUpsに変更

Cubeを作成

Pick Upの中にCubeを作成し、名前を「Pick Up」と変更します。

Cube作成

Cube作成

Transformを画像のように設定します。

Transformの設定

Transformの設定

次にキューブにマテリアルを設定しましょう。

Project上で右クリック、Create > Materialsとマテリアルを作成し、名前を「Pick Up」と変更します。

画像では黄色を設定していますが、好みのマテリアルに変更しましょう。

マテリアルを作成

Transformの設定

PickUpマテリアルをキューブに設定すると画像のようになります。

キューブにマテリアルを設定

キューブにマテリアルを設定

アイテムのFSM設定

キューブをアイテムのように見せるために、回転するようにしましょう。

回転させるにPlayMakerを使用します。

PickUpを選択してPlayMakerエディタを開き、FSMを追加します。

PickUpにFSMを追加

PickUpにFSMを追加

State 1の名前を「Rotating」に変更します。

State 1の名前を変更

State 1の名前を変更

「Rotate」アクションを追加し、値と設定を画像のようにします。

これにより、1秒間にX軸で15°、Y軸で30°、Z軸で45°、回転するようになります。

Rotateアクションの設定

Rotateアクションの設定

一度シーンを再生してみると、アイテムのキューブが回転するようになっています。

アイテムが動くようになった

アイテムが動くようになった

キューブのinspectorの「Box Collider」にチェックを入れます。

これはアイテムとボールの衝突判定を行うために必要なので、あらかじめ設定しておきます。

Box Colliderにチェック

Box Colliderにチェック

作成したアイテムを複製[Ctrl+D]してステージに配置してみましょう。

12個に複製して、円状に配置します。

アイテムを複製して配置

アイテムを複製して配置

アイテムとボールの衝突判定

PlayMakerで衝突判定をするには「TriggerENTER」を使用します。

TriggerENTERについては詳しく知りたい方は、こちらの記事で紹介しているので、ご覧ください。

Picking Upステートの設定

BallのFSMを開き、新しいステートを追加し、名前をState 1から「Picking Up」に変更します。

次にPicking Upステートを選択し、右クリックしてグローバル遷移のTrigger ENTERを追加します。

Trigger ENTERを追加

Trigger ENTERを追加

追加すると画像のようになります。

Picking Upステートにつながる

Picking Upステートにつながる

Picking Upステートに「Get Trigger Info」アクションを追加します。

Game Object Hitに新しく作成した「other」変数を設定します。

Get Trigger Infoアクションの設定

Get Trigger Infoアクションの設定

「Game Object Compare」アクションを追加します。

GameObjectにotherを設定します。

Not Equal Eventに新しく作成した「GetItem」イベントを設定します。

(赤い「!」が表示されていますが、問題ありません。)

Game Object Compareアクションの設定

Game Object Compareアクションの設定

PickingUpステートにGetItemイベントを設定します。

PickingUpステートにGetItemイベントを設定

PickingUpステートにGetItemイベントを設定

Getting Itemステートの設定

新しいステートを作成し、名前を「Getting Item」に変更し、Picking Upステートから遷移をつなぎます。

「Activate Game Object」アクションを追加し、Game Objectを「Specify Game Object」に変更し、otherを指定します。

Activateのチェックを外します。

Activateのチェックを外す

Activateのチェックを外す

Getting ItemステートにFINISHEDイベントを設定し、Movingステートに遷移をつなぎます。

Movingステートに遷移をつなぐ

Movingステートに遷移をつなぐ

シーンを再生してボールをキー入力で操作すると、衝突したアイテムが消えるようになりました。

衝突したアイテムが消える

衝突したアイテムが消える

 

得点表示用のUIを作成

UIとPlayMakerを組み合わせて、収集したアイテムの個数が画面に表示されるようにしましょう。

Textを作成

Hierarchyで右クリック UI > Text 選択してTextを作成します。

Textを作成

Textを作成

「Canvas」や「EventSystem」は自動的に生成されるもので、削除しないようにしましょう。

Hierarchyの状態

Hierarchyの状態

Textの名前を「Score」に変更します。

Layerを初期設定の「UI」から「Default」に変更しましょう。

(最終的にSTYLYにアップロードする時に必要な設定なので、忘れずに変更しましょう。)

Layerを「Default」に変更

Layerを「Default」に変更

ScoreのRect Transformコンポーネントを画像のように変更します。

ScoreのRect Transformの設定

ScoreのRect Transformの設定

Scoreのテキストコンポーネントを画像のように変更します。

Scoreのテキストコンポーネントの設定

Scoreのテキストコンポーネントの設定

シーンを再生すると、Gameビューの左上にNew Textと得点表示のUIが表示されます。(Main CameraのTransformは変更しましょう)

Gameビューの左上にNew Textと表示

Gameビューの左上にNew Textと表示

クリアメッセージ用のUIを作成

Hierarchyで右クリック UI > Text 選択してTextを作成します。

Textの名前を「Win」に、LayerをDefaltに変更します。

WinUITextを作成し、LayerをDefaltに変更

WinUITextを作成し、LayerをDefaltに変更

ScoreのRect Transformコンポーネントを画像のように変更します。

ScoreのRect Transformコンポーネントを設定

ScoreのRect Transformコンポーネントを設定

WinのRect Transformコンポーネントを画像のように変更します。

WinのRect Transformの設定

WinのRect Transformの設定

シーンを再生すると、Gameビューの中央にNew Textと表示されます。

中央にNew Textと表示される

中央にNew Textと表示される

FSM設定

収集したアイテムの個数が表示されるようにBallのFSMを設定します。

Initステートの設定

BallのPlayMakerエディタを開き、InitステートのStateタブを開きます。

「UI Text Set Text」アクションをGet Componetアクションの前に2つ追加します。

1つ目のUI Text Set TextアクションのGame Objectには新しく「score」変数を設定し、Textには「Count: 0」と:の後にスペースを1つ入力します。

2つ目のUI Text Set TextアクションのGame Objectにも新しく「score」変数を設定し、Textにはと「 」とスペースを1つだけ入力してください。

UI Text Set Textアクションの設定

UI Text Set Textアクションの設定

これで、ゲームを開始すると画面左上のScoreがCount: 0と表示され、中央のWinは一時的に見えなくなりました。

画面左上にCount: 0と表示される

画面左上にCount: 0と表示される

「Set Int Value」アクションを追加します。

Int variableに新しく作成した変数「count」を指定し、Int Valueを0とします。

これにより、初期設定の値が0である「count」という変数を使用することがきます。

Set Int Valueアクションの設定

Set Int Valueアクションの設定

Getting itemの設定

Getting itemステートを選択し、Stateタブを開きます。

「Int Add」アクションを追加します。

Int Variableにcountを指定し、Addを1と設定します。

Int Addアクションの設定

Int Addアクションの設定

「Convert Int To String」アクションを追加します。

Int Variableにcountを指定し、String Variableを新しく作成した「countString」変数を設定します。

Convert Int To Stringアクションの設定

Convert Int To Stringアクションの設定

「Build String」アクションを追加します。

String Partsを2とし、Element 0を「Count:」、Element 1に「countString」を指定します。

Store Resultに新しい変数の「message」を指定します。

Build Stringアクションの設定

Build Stringアクションの設定

「UI Text Set Text」アクションを追加します。

Game Objectにscore変数を指定し、Textに先程設定したmessage変数を指定します。

UI Text Set Textアクションの設定

UI Text Set Textアクションの設定

「Int Compare」アクションを追加します。

Integer 1にcountを指定し、Integer 2に12を指定します。

Equalに新しいWinイベントを指定します。

Int Compareアクションの設定

Int Compareアクションの設定

Getting Itemステートに作成したWinイベント追加します。

Getting ItemステートにWinイベント追加

Getting ItemステートにWinイベント追加

Clearステートの設定

新しいステートを作成し、名前を「Clear」と変更します。

Getting ItemステートからClearステートに遷移をつなぎます。

Clearステートを作成

Clearステートを作成

Clearステートを選択し、エディタを開きます。

「UI Text Set Text」アクションを追加し、Game ObjectにUI Textのwin変数を設定します。

Textには「You Win!」と入力しましょう。

UI Text Set Textアクションの設定

UI Text Set Textアクションの設定

最後に、PlayMakerエディタのVariablesタブを開きscore変数とwin変数の設定をします。

Variablesタブを開く

Variablesタブを開く

score変数の設定画面のValueにUIのScoreをドラッグ&ドロップして設定します。

ValueにScoreを設定

ValueにScoreを設定

win変数の設定も同じようにValueにUIのWinをドラッグ&ドロップして設定します。

ValueにWinを設定

ValueにWinを設定

これで、アイテムを12個収集するとクリアメッセージのYou Win!と表示されます。

シーンを再生して12個のアイテムを収集してみましょう。

12個収集するとクリアメッセージが表示

12個収集するとクリアメッセージが表示

以上で玉転がしゲームが完成しました!

次回はUnityで制作したゲームをSTYLYにアップロードするための、カメラの設定とアップロードの方法を紹介します。

当記事はユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社様の【Unity道場 2017】PlayMakerによる初めてのUnityプログラミングのスライド内容を改変して使用しております。

 

×