高解像度の3DスキャンができるiPhoneアプリ「Trnio」を使ってみた

今回は「Trnio」という、人やモノをスキャンし3Dモデル化するiPhoneアプリを使って、身の回りのモノを3DモデルにしてSTYLYに配置する方法を紹介します。

Trnioアプリ

互換性:iOS 11.3以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

価格:¥360

Apple Store

https://itunes.apple.com/us/app/trnio/id683053382?mt=8

撮影はObjectモードとSceneモードの2種類があります。

Objectモードはユーザが物体の周りを円形に動きながら撮影します。

Objectモードで作成

SceneモードはObjectモードでは撮影が難しい大きい物体や景色を撮影するのに適しています。

Sceneモードで作成

Objectモード

Objectモードを選択すると、赤い撮影ボタンがあるのでタップしてください。

撮影開始ボタン

画面中央に緑の円が表示されるので、物体がその円の中央になるようにして、円の中心をタップしてください。

物体と円を合わせる

すると画面左上に回転度合いを示すメーターが表示されるので、物体を中心に円状に動いて撮影します。

回転メータが表示

1周すると、回転メーターが満タンになります。

それを確認できたら、赤いボタンをタップして3Dモデル化を開始してください。

撮影完了

自動的にクラウドにアップされて3Dモデル化が開始されます。

以下の写真のように「Done」と表示されれば3Dモデル化が完了したことになります。

3Dモデル完成

Objectモードで作成

※本記事では扱いませんが、ここで「AR」をタップすると目の前の空間に3DモデルがARで表示されます。

Sceneモード

回転しながら撮ることが難しい大きな物体や、景色の場合はSceneモードで撮影します。

Sceneモードでは撮影したい景色全体が写るようにして、右や左にカメラをズラしながら複数枚の写真を撮ります。

撮影が完了したら、Objectモードと同様に3Dモデル化が完了するまで待ちます。

 

Sceneモードで作成

Sketchfabにアップロードし、3Dモデルをダウンロードする

3Dモデル化が完了すると、Sketchfabにアップロードできるようになります。

まだSketchfabのアカウントを作成していない場合、以下の記事の「Sketchfabアカウント登録」を参考に、アカウントを作成してください。

デフォルトの設定ではSketchfabにアップロードした3Dモデルはダウンロードできないので、ダウンロードできる設定に変更します。

右上のアカウントをクリックし、「Models」を選択します。

自分の3Dモデル一覧を表示

自分がSketchfabにアップロードした3Dモデルの一覧が表示されるので、ダウンロードしたい3Dモデルを選択します。

画面右側に設定欄があるので、「Download」を「Free」にして「SAVE CHANGES」を選択します。

ダウンロード可能な設定に変更

しばらくすると、アカウント名の下にダウンロードボタンが表示されるので、クリックすると3Dモデルをダウンロードすることができます。

ダウンロードボタン

ダウンロードの形式はOBJとglTFのどちらかを選べますが、今回はglTFを選択してください。

STYLYにアップロードする

glTFをダウンロードすると、zip形式で保存されます。

他の3Dモデルをアップロードするときと同様に、[Assets]メニューボタンをクリックして、[3D Model]ボタンをクリックします。 次に、[My Models & Upload]タブをクリックして、[Select…]ボタンをクリックしてください。

3DモデルのSTYLYへのアップロードに関する詳しい方法はこちら 

※zipファイルを解凍するとglTFファイルがありますが、glTFファイル単体ではSTYLYにアップロードできないので注意してください。

STYLY Web Studioにアップロード

STYLY Web Studioにアップロードすることができました。

Trnioを使えば誰でも簡単に身の回りの物体のフォトグラメトリを作成し、STYLYにアップすることができるので、ぜひ使ってみてください!