【Unity/Playmaker】コントローラーがオブジェクトに衝突して、イベントを発生させる方法(COLLISION EVENT)

この記事では、コントローラーがオブジェクトに衝突した際に、イベントを発生させる方法を説明します。

衝突した際に、オブジェクトの色が変化したり、回転したり、大きさが変わるなど、様々なインタラクションを引き起こすことができます。

また、衝突の仕方も大きく分けて、「TRIGGER EVENT」と「COLLISION EVNET」という2つの方法があります。

今回は、COLLISION EVENTの説明をします。

TRIGGER EVENT

TRIGGER EVENT

TRIGGER EVENT編はこちら

事前準備

UnityのプラグインであるPlayMakerをあらかじめインストールしておきましょう。

はじめてPlayMakerを使用するひとは、あらかじめ以下の記事を一読することで、理解を深めることができます。

概要

Unityでは、コントローラーとオブジェクトが当たった際にイベントを発生させてインタラクションが引き起こされます。
これをPlaymakerによって実装します。

オブジェクトと当たった際によって引き起こるイベントは2種類あります。

  1. TRIGGER EVENT :「触れたこと」によって引き起こされるイベント
    コントローラーと3Dモデルが重なり合った情報によってインタラクションが引き起こされます。
  2. COLLISION EVENT:「衝突」によって引き起こされるイベント
    コントローラーとの衝突判定の物理作用の情報によってインタラクションが引き起こされます。

今回は、COLLISION EVENTの説明をします。

COLLISION EVENTについて

COLLISION EVENTを発生させる条件は以下です。

  • コントローラー、オブジェクトどちらか一方、または両方にRigidbodyが付与されている
  • コントローラー、オブジェクト両方にColliderが付与されている
  • コントローラー、オブジェクト両方のColliderのIs Triggerが外れている
  コントローラー オブジェクト
Rigidbody

必要
(どちらかに付与されていれば良い)

必要
(どちらかに付与されていれば良い)
Collider 必要 必要
ColliderのIs Trigger チェック外す チェック外す

この条件を満たすことで、Playmaker上の「COLLISION ENTER」が発動します。

STYLYでCOLLISION EVENTを使う条件

STYLYでCOLLISION EVENTを使うためには、以下設定が必要です。

イベントを発生させたいオブジェクト

イベントを発生させたいオブジェクトには、以下設定が必要です。

  • Colliderの付与
  • ColliderのIs Triggerのチェックを外す

STYLYのコントローラー

STYLYのコントローラーに以下設定したオブジェクトをつけてあげる必要があります。

  • Rigidbodyの付与
  • Colliderの付与
  • ColliderのIs Triggerのチェックを外す

 

では実際に作って見ましょう。その前に流れを説明します。

  1. 3Dモデルの準備
  2. 衝突させる3DモデルにColliderを付与する
  3. Playmakerで3Dモデルにインタラクションの設定をする
  4. STYLYコントローラー用のオブジェクトを作る
  5. オブジェクトをSTYLYのコントローラーにくっつける

3Dモデルの準備

インタラクションを実装する3Dモデルを用意しましょう。今回はCubeを使用します。

Hierarchy内を右クリックして、3D Objectの「Cube」を選択しましょう。

Cubeを作る

今回、インタラクションを実装する3Dモデルとなります。
Cubeに当たり判定をつけるために、Colliderを付与しましょう。

衝突させる3DモデルにColliderを付与する

Colliderは衝突判定を計算するコンポーネントです。対象の3Dモデルに付与することで、他の3Dモデルに触れたときに「衝突した」という情報が取得されます。

Collider

通常、Unityのシーン上で作ったCubeやSphereには初期状態で付与されていますが、インポートした3Dモデルには付与する必要があります。

付与する場合には、Inspecter内の「Add Component」から付与できます。

付与するモデルの形に合わせてColliderを選択しましょう。

Colliderを付与することで、3Dモデルに当たり判定が取得されるようになりました。

 

COLLISION EVENTを発動させるには、ColliderのIs Triggerのチェックは外したままにしましょう。

Is Trigge のチェックを外す

Playmakerで3Dモデルにインタラクションの設定をする

今回はコントローラーが3Dモデル(Cube)に当たったことで、TRIGGER EVENTが発動し、色が変化するインタラクションを実装します。

あらかじめ、色を変化させるためのMaterialを作ります。
Project上で右クリックをし、「Create > Material」を選択し、Materialを作ります。

Materialを作る

 

Materialを作りましたら、名前をREDにしましょう。
名前を変更し、Inspector内でカラーを変更します。

色を変更

これでMaterialの準備ができました。

次にインタラクションの準備をPlaymakerで行います。

Cubeを選択した状態で、Playmaker Editor上で右クリックをし、「Add FSM」を選択します。

Add FSM

 

State1が追加されます。State1を「Waiting for Collision」と名前を変更しましょう。

名前を変更

 

Waiting for CollisionのStateを選択した状態で、右クリックをし、「Add Transition > System Events > COLLISION ENTER」を選択しましょう。

COLLISION ENTERを選択

 

次に、Playmaker Editor上で右クリックをし、Add Stateを選択します。このStateに色が変化するアクションを設定します。

Add State

 

State1が追加されました。名前を「Change Color」に変更しましょう。

名前を変更

 

Change Colorのアクションを設定します。Change ColorのStateを選択した状態で、右のStateタブ右下の「Action Browser」を選択して、ブラウザーを開きましょう。

Action Browserを開く

 

Action Browserから「Set Material」を選択し、右下の「Add Action To State」を選択し、アクションを追加します。

Set Materialを追加

 

Set Materialのアクションの設定をします。

Set Material内の「Material」を、あらかじめ用意した「RED」Materialをセットします。

Materialをセット

 

最後に、「Waiting For Collision」のStateと「Change Color」のStateを繋げましょう。

Stateをつなげる

 

これでCubeのCollision Eventによるインタラクションの設定ができました。

次に、コントローラーに取り付けるColliderの設定をします。

STYLYコントローラー用のオブジェクトを作る

COLLISION EVENTを発生させるSTYLYコントローラー用オブジェクトを作っていきます。

イメージ図

コントローラーは右と左ありますが、基本作成手順は一緒です。
右コントローラー用の説明で進めます。

以下設定のオブジェクトを作ります。

  • Rigidbodyの付与
  • Colliderの付与
  • ColliderのIs Triggerのチェックを外す

まず、最初にHierarchy内に「Create Empty」で空のオブジェクトを作ります。
名前を以下に変更します。
右コントローラー:RightControllerCollider
左コントローラー:LeftControllerCollider

RightControllerColliderを作成

RightControllerColliderを作成

 

Add Componentから、Sphere Colliderを追加し、Sphere ColliderのRadiusを「0.05」に設定します。
Is Triggerのチェックが外れているので、そのままにしてください。

Sphere Colliderを付与

Sphere Colliderを付与

Coliiderの設定ができました。

 

Add Componentから、Rigidbodyを追加して、Use Gravityのチェックを外します。

Rigidbodyを付与

Rigidbodyを付与

COLLISION EVENTを発生させるSTYLYコントローラー用オブジェクトが完成しました。

オブジェクトをSTYLYのコントローラーにくっつける

COLLISION EVENTを発生させるオブジェクトをSTYLYのコントローラーにくっつける必要があります。

全体の流れ

  1. Find game object でSTYLYのコントローラーを見つける
  2. Get Position でコントローラーの空間座標を取得する
  3. Set Position でオブジェクトの位置をSTYLYコントローラーの位置に合わせる
  4. Set Parent でSTYLYコントローラーにオブジェクトをくっつける

 

ControllerColliderRightにFSMを追加しましょう。
Add Componentから、Play Maker FSMを追加します。
Play Maker FSMのEditボタンをクリックして、Playmaker Editorを開きます。

Play Maker FSM付与

Playmaker FSMを付与

 

State 1を選択し、右のStateタブの右下にあるAction Browserを選択し、開きましょう。

Action Browserを開く

Action Browserを開く

 

Action Browserから今回設定するFind Game Object / Get Position / Set Position / Set Parentを追加しましょう。
必ず画像と同じ順番に並べてください。順番が違うと正しく動作しないことがあります。

4つのアクションを追加

4つのアクションを追加

Find game object でSTYLYのコントローラーを見つける

Find Fame ObjectのObject Nameに以下を入力します(太文字部分を入力してください)

  • 右コントローラーにオブジェクトをくっつけたい場合:Controller (right)
  • 左コントローラーにオブジェクトをくっつけたい場合:Controller (left)

上記と同じく、Controllerと(right)の間に半角スペースがはいります。
1文字でも間違えると、機能しないため、注意しましょう。

次にStoreをメニューバーを開き「New variable…」を選択し、以下を入力します(太文字部分を入力してください)

  • 右コントローラー:rightController
  • 左コントローラー:leftController

STYLY内のコントローラーが検索されて、変数rightControllerにSTYLY内のコントローラー情報が格納されます。

Find Game Objectの設定

Find Game Objectの設定

 

With Tagは使わないので、Untaggedに変更しましょう。
Find Game Objectの設定は終わりです。

Find Game Object 設定完成図

Find Game Object 設定

Get Position でコントローラーの空間座標を取得する

Get PostionのGame objectの↕ボタンをクリックして、Use OwnerからSpecify Game Objectに変更します。
メニューバーの=ボタン、↕ボタンの順番でクリックして、Find Game ObjectのStoreの変数rightControllerを指定します

Vectorのメニューバーの↕ボタンをクリックして、「New variable…」を選択し、以下を入力します(太文字部分を入力してください)

  • 右コントローラーに:rightControllerPosition
  • 左コントローラーに:leftControllerPosition

これでSTYLYのコントローラーの空間座標が、変数rightControllerPositionに格納されます。

Spaceは、Worldに設定しましょう。

Get Positiionの設定

Get Positiionの設定

Set Position でオブジェクトの位置をSTYLYコントローラーの位置に合わせる

Set PostionのGame objectの↕ボタンをクリックして、Use OwnerからSpecify Game Objectに変更します。
メニューバーの=ボタンクリックして、None(Game Object)欄にHierachyからControllerColliderRightをドラッグアンドドロップします。

ControllerColliderRightをGame Objectにセット

ControllerColliderRightをGame Objectにセット

 

Vectorのメニューバーの↕ボタンをクリックして、Get PositionのVectorで設定したrightControllerPositionを選択します。
SpaceをWorldに変更してください。

Set Positionの設定

Set Positionの設定

これでオブジェクトがSTYLYのコントローラーと同じ位置に設定されました。

Set Parent でSTYLYコントローラーにオブジェクトをくっつける

Set ParentはSTYLYのコントローラーを親、オブジェクトを子の関係にして、コントローラーに追従させることができます。

Set ParentのGame objectの↕ボタンをクリックして、Use OwnerからSpecify Game Objectに変更します。
メニューバーの=ボタンクリックして、None(Game Object)欄にHierachyからControllerColliderRightをドラッグアンドドロップします。

Parentを設定します。
=ボタンクリック、↕ボタンの順番でクリックして、rightControllerを選択します。

 

Set Parentの設定

Set Parentの設定

これでオブジェクトがSTYLYのコントローラーにくっつける設定ができました。

STYLYへアップロード

作ったオブジェクトをPrefab化してSTYLYにアップロードしましょう。

アップロード対象Prefab

  • ControllerColliderRight
  • ControllerColliderLeft
  • Cube

詳しいアップロード方法はこちらを参照してください

サンプルScene
こちらから動作確認できます。

さまざまなアクションを実装してみましょう!

×