Slowmotionアイキャッチ01

【Unity/Playmaker】スローモーション機能を作る 弾丸の動きを作る

この記事ではUnityのPlaymakerを使用してStylyのVR空間でスローモーションを作る方法を紹介します。 マウスのボタンとHTC Viveのコントローラでの操作になります。

完成データのプレー動画

完成データのプレー動画

完成のイメージはこのようになります。 トリガーを押しているときだけ時間がスローモーションになります。

サンプルアセットをWebEditorで確認する

サンプルアセットをWebEditorで確認するLaunch the WebEditor

※STYLYに登録していれば、本TIPSで作成したサンプルアセットをWebEditorで確認することができます。 アカウント未登録の場合、新規登録を行ってから再度、本ボタンをクリックしてください。

アカウント登録はこちらから Click here

 

サンプル

STYLY GALLERYからサンプル空間を体験できます。 Slowmotion_Sample 記事で紹介しているUnityプロジェクトのダウンロードはこちらからできます。 Slowmotion_Sample プロジェクトデータには各種プラグインは入っていませんので使用する際はご自身でインストールしてからご利用ください。 Playmaker SteamVR Plugin

PlaymakerとSteam VR Plugin

アセットストアからそれぞれダウンロードしてUnityで使用できる状態にします。

アセットストアにあるPlaymaker

Playmakerは有料アセットです。 Playmaker  

Steam VR プラグイン

Steam VRは無料で使用できます。 SteamVR Plugin  

Bulletの作成

スローモーションを感じるための動くアセットとして弾丸を作ります。

弾となるSphere

Sphereの名前を”Bullet”としてスケールをそれぞれ0.1にしました。   Bulletを選んだ状態でPlaymaker Editorを開きます。

FSMの追加

右クリックから”Add FSM”を選びます。  

FSMの名前を変更

新しくStateが作られました。 FSMの名前をBulletspeedに変更しました。   続いてBulletへのActionを追加していきます

Actionを追加

Action Browserをクリックします。  

Action Browserから選択

BrowserからTransformのTranslateを選択してAdd Action To Stateをクリックします。 これでActionが追加されました。   弾丸のスピードを設定します。

Translateの設定

ここではZに7を設定しました。  

Prefabにする

これをPrefabにします。

弾丸が出る場所を作る

Bulletspawnという名前のCubeを作りMesh Rendererのチェックを外します。

Bulletspawnの設定

  BulletspwanにもPlaymakerでFSMを作成します。

BulletspawnのAction Browser

Add ActionからFind Game Objectを追加します。  

MainCameraをFind

With TagからMainCameraを選択してMainCameraのタグを持ったオブジェクトをFindします。  

新規に変数を作る

New Variableから新規の変数を作りそこに格納します。  

変数を作って格納

ここではmainCameraという変数名にしました。   Add Stateをして新たにStateを作ります。

State2ができた

  TransformからLook Atを追加します。

Look Atを追加

 

Target Objectを選ぶ

 

TargetをmainCameraに

Look Atのターゲットを先ほど作ったMainCameraにしてKeep Verticalのチェックを外します。   State1のTransitionをFINISHEDにします。

TransitionをFINISHEDに

  そこからState2につないでいきます。

State2につなぐ

  次にState3を作り、Create ObjectのActionを追加します。

Create ObjectのActionを追加

  Createするオブジェクトを指定します。

BulletとBulletspawnの追加

Game Objectには”Bullet”をSpawn Pointには”Bulletspawn”を指定します。  

Send EventからFINISHED

Send  EventのActionを追加してTransitionをFINISHEDにします。 State2からState3につなぎます。

State3につなぐ

  繰り返しになるようにState3からState2にもつなぎます。

State3からState2につなぐ

  1秒ごとに発射されるようにWaitを追加します。

Waitの追加

時間は1秒にしました。 Finish EventはFINISHEDにします。   このままだと弾丸がずっと飛び続けてしまうので適当なところでDestroyします。

DestroyとDelayの時間

Destroy ObjectでBulletを指定してDelayする時間を4秒にしました。   この記事ではUnityのPlaymakerを使って弾丸を自動生成する方法を紹介しました。 次の記事ではこの弾丸の動きをスローモーションにする方法を紹介します。 続き UnityのPlaymakerでスローモーションのシーンを作る方法_vol.2 UnityからSTYLYにアセットをアップロードする方法 この記事を読む