【Unity/Playmaker】VRシューティングゲームを作り方 敵キャラクターの設定

VRシューティングゲームの作り方では、UnityとPlaymakerを使ってVRシューティングゲームを作り、STYLYにアップロードして公開するまでをレクチャーします。

今回は、Unityで敵役の女の子の設定とアニメーションを追加する方法をご紹介します。  

  1. 事前準備
  2. 銃コントローラ設定
  3. 弾丸の設定
  4. 敵キャラクター発生方法
  5. 敵キャラクターの設定
  6. BGMとSEの設定
  7. STYLYにアップロードする方法

Part.1〜7まで続いてますので、最後まで読んで作ってみましょう!

 

前回は敵の数を管理するシステムを作成しました。

 

女の子の設定

Enemyを作成

はじめに、Scene Hierarchy内で空のGame Objectを作り、「Enemy」と名前をつけます。

新しいゲームオブジェクトを作成

新しいゲームオブジェクトを作成

次に、下記の画像に示すように、myUnityAssetsフォルダから「SapphiArtchan」プレハブを探し、それをEnemyオブジェクトにドラッグして子オブジェクトにします。

SapphiArtchan格納場所

SapphiArtchan格納場所

場所:SapphiArt > SapphiArtchan > OBJ > SapphiArtchan

SapphiArtchanをドラッグ

SapphiArtchanをドラッグ

SapphiArtchanを 「girl」とし名前をシンプルに変更しましょう。

girlと名前を付ける

girlと名前を付ける

Capsule Colliderを追加

次に下記の画像で示すように、EnemyオブジェクトのインスペクタウィンドウでCapsule Colliderコンポーネントを追加し、それを編集して女の子の体の周りにうまく収まるようにします。

Edit Colliderボタンをクリックし、ドラッグしながらサイズを変更できます。

Capsule Colliderを追加

Capsule Colliderを追加

以下の数値を参考にCapsule Colliderの設定をしてください。

Capsule Colliderの設定

Capsule Colliderの設定

Rigid bodyを追加

また、女の子のオブジェクトにRigid bodyを付与し、物理法則が作用するようにしてください。

そこで、Use GravityとIs Kinematicボックスにチェックしてください。

Is Kinematicの効果により女の子はオ銃弾と衝突するようになります。

しかし、ゲーム内で重力以外のforceの影響を受けません。

rigid bodyの設定

rigid bodyの設定

C#スクリプトを削除

次に、Sapphi Art Chan_Anim C#スクリプトの横にある小さな歯車のアイコンをクリックし、Remove Componentをクリックします。

C#スクリプトはSTYLYと互換性がないため、これを削除する必要があります。

C#スクリプトを削除

C#スクリプトを削除

Positionを変更

最後に女の子がステージ上の正しい高さに表示されるように、女の子のY値を-1に設定してください。

Position Yの値を-1にする

Position Yの値を-1にする

FSMの設定

Setupステートの設定

Enemyオブジェクト内に開始のSetupステートを持った新しいFSMを作成します。

「Get Main Camera」アクションと「Get Child」アクションを追加し、画像のように設定します。

メインカメラをmainCameraというゲームオブジェクトとして取得・格納し、Child Nameで「girl」を見つけて同じ名前の変数に格納します。

(後でメインカメラと女の子の両方をFSMで参照する必要があるので、変数としてここに格納するのが非常に便利です。)

EnemyオブジェクトのFSM設定

EnemyオブジェクトのFSM設定

Chasing Playerステートの設定

次に、「Chasing Player」という新しいステートを作成し、それをSetupステートのFINISHED遷移に接続します。

その後、「reachedPlayer」という新しいイベントを作成し、それをChasing Playerに追加します。

Chasing Playerステートの設定

Chasing Playerステートの設定

下の図のように、Chasing Playerステートに「Smooth Look At」アクションと「move Towards」アクションを追加します。

Smooth Look Atとmove Towardsアクションの設定

Smooth Look Atとmove Towardsアクションの設定

Smooth Look Atアクションにより女の子がメインカメラ、すなわちVR空間のプレイヤーの方向に向きます。

Move Towardsアクションはプレイヤーに向かって女の子を動かすもので、このゲームの鍵となります。

「Finish Distance」を5に設定すると、女の子はプレーヤーから適当な距離で止まり、この移動アクションが完了すると、reachedPlayerイベントがトリガーされます。

Reached Playerステートの設定

「Reached Player」ステートを作成し、画像のようにreachedPlayer遷移につなげます。

「Get Distance」アクションを追加し、敵(Use Owner)とプレイヤー(mainCamera)の距離を計算させます。

その後「Float Compare」アクションを追加し、距離が1.5よりも大きい(場合にchasePlayer遷移が起こるようにします。

これにより、プレイヤーが敵から1.5以上離れると、敵が再びプレイヤーを追いかけるようになります。

Reached Playerステートの設定

Reached Playerステートの設定

弾丸と敵の当たり判定を作成

次に、Chasing Playerステートに戻って「Trigger Event」アクションを追加します。

これは「トリガー」を検知するアクションです。

ここでの「トリガー」とはcolliderを意味しています。

先ほど敵を作った時に、シーン内で他のcolliderと接触させるために敵にcapsule colliderを付け加えました。

弾丸と敵のcolliderがある時間重なり合う時に衝突と判定させるようにします。

On Trigger Stayをトリガーのタイプとして選択し、Trigger Eventの後「die」イベントに送られようにします。

つまり、画像のように「Dead」ステートを作り、「die」からこのステートに遷移を加えます。  

Deadステートを作成

Chasing Playerステートの設定とDeadステートを作成

次にReached Playerステートにまったく同じ設定のTrigger Eventアクションを追加します。

これはこのステートでプレイヤーが敵を撃ってしまう可能性があるためです。

また、このステートからも「die」遷移イベントをDeadステートに加えます。

Reached Playerステートの設定

Reached Playerステートの設定

Deadステートの設定

Deadステートをクリックし、enemyCounterを見つけて、同じ名前の変数に格納するために「Find Game Object」アクションを追加します。

その後、Send EventをsubtractEnemyにし、Send EventアクションをenemyCounter変数上で実行します。

これはプロジェクト内で前もって作成していたグローバルイベントです。

これらの2つのアクションを組み合わせると、画面上の敵の数を常に監視するenemyCounterオブジェクトが置かれ、敵が一体死んだ場合、敵の総数から一つ減らすためのメッセージが送られます。

Deadステートの設定

Deadステートの設定

「Destroy Component」アクションを付け加え、UnityEngineのドロップダウメニューから「Capsule Collider」を選択し、取り外します。

このcapsule colliderを取り外すことにより、敵キャラクターと近い距離で撃った銃弾をが正しく敵に当たるようになります。

Capsule Colliderを選択

Capsule Colliderを選択

最後に、「Wait」アクションでDeadステートに10秒待機させ、「destroySelf」というイベントを送信させます。その際、Real Timeボックスをチェックします。

この遷移をDestroying Selfという新しいステートに接続します。

Waitアクションを追加

Waitアクションを追加

Destroying Selfステート内に「Destroy Self」アクションを一つ作り、Detach Childrenを解除します。

これは子要素を敵に付与したままゲームから無くさせるためです。

Destroy Selfアクションの追加

Destroy Selfアクションの追加

敵オブジェクトをプレハブ化

今度は、敵オブジェクトのプレハブを作成します。

まず、敵のオブジェクトをシーン階層から直接myPrefabsフォルダにドラッグします。

次に、下の画像に示すように、元のゲームオブジェクトをシーン階層から削除します。

Enemyをプレハブ化

Enemyをプレハブ化

enemySpawnerのFSMを編集

作成したEnemyプレハブをGame Objectフィールドにドラッグし、enemySpawnerのFSMを完成させます。

enemySpawnerオブジェクトを選択し、FSM内のSpawning Enemyステートに進みます。

赤いエラーアイコンがついているCreate ObjectアクションのGame ObjectフィールドにEnemyプレハブをドラッグします。

Creat ObectにEnemyをドラッグ

Creat ObectにEnemyをドラッグ

なお、Playmakerでは一度プレハブ化したオブジェクトでもFSMを直接編集できます。

もしEnemyプレハブをもう一度編集する必要があれば、myPrefabsフォルダの中から選択して行うことができます。

プレハブ化したオブジェクトの再編集

プレハブ化したオブジェクトの再編集

アニメーション設定

敵の女の子に関するロジックが出来上がったら女の子にアニメーションを付けていきましょう。

Enemyである女の子のオブジェクトをScene Hierarchyから選択し、ドロップダウンメニューからWindow > Animatorとクリックし、女の子のアニメーションコントローラを表示させます。

チュートリアルで使ってきたSapphiArthcanモデルには様々なアニメーションがついてきており、アニメーションを加えるには欲しいアニメーションを選択し細かい修正を行うだけです。

Animatorを選択

Animatorを選択

まずは「idle」と「running」につながっている遷移矢印を0に設定します。

2つの矢印をそれぞれ選択し、Inspectorウィンドウ内のHas Exit Time boxのチェックを外します。

これを画像のように、「hit01」、「KO_big」アニメーションにも繰り返します。

Has Exit Time boxのチェックを外す

Has Exit Time boxのチェックを外す

一度EnemyプレハブのFSM内のChasing Playerステートに戻ります。

「Set Animator Bool」アクションを2つ作ります。

1つはParameterを「param_idletohit01」とし、Valueボックスのチェックを外してfalseにします。

2つめはParameterを「param_idletorunning」とし、ボックスにチェックを入れてtureにします。

なお、param_idletohit01は攻撃、param_idletorunningは走るアニメーションを意味します。

以上の設定により、敵がプレイヤーを攻撃中の場合、敵が攻撃するのを止め、走行へと切り替わります。

Chasing Playerステートの設定

Chasing Playerステートの設定

EnemyプレハブのFSM内のReached Playerステートに進み、「Set Animator Bool」アクションを2つ作ります。

1つ目はParameterを「param_idletorunning」としValueをfalseに設定します。

2つ目はParameterを「param_idletohit01」としValueをtrueに設定します。

これでrunnnigアニメーションを止め、敵がプレイヤーに近づくと攻撃(キック)し始めるようになります。

Reached Playerステートの設定

Reached Playerステートの設定

同様に、Deadステートに進み、「Set Animator Bool」アクションを3つ追加します。

1つ目と2つ目のSet Animator Boolアクションにはparam_idletohit01、param_idletorunningをfalseで設定します。

3つ目のSet Animator BoolアクションにはKOアニメーションの「param_idletoko_big」をtrueで設定します。

Deadステートの説明

Deadステートの説明

これでDeadステートに進むと、他の全てのアニメーションは止まり、敵は床に倒れこむKOアニメーションが起動されます。

以上で敵のアニメーション設定は完了しました。

次回はゲームの音楽を作っていきましょう。

サンプルScene

サンプルゲームはSTYLY GALLERYから体験できます。

×
newbview popup