【Unity/Playmaker】VRシューティングゲームを作り方 BGMとSEの設定

VRシューティングゲームの作り方では、UnityとPlaymakerを使ってVRシューティングゲームを作り、STYLYにアップロードして公開するまでをレクチャーします。

今回は、ゲーム中に音楽とSEの設定する方法を紹介します。 

  1. 事前準備
  2. 銃コントローラ設定
  3. 弾丸の設定
  4. 敵キャラクター発生方法
  5. 敵キャラクターの設定
  6. BGMとSEの設定
  7. STYLYにアップロードする方法

Part.1〜7まで続いてますので、最後まで読んで作ってみましょう!

 

前回の記事では敵役の女の子の設定を行いました。

ミュージックコントローラの設定

BGMの設定

ゲームに音楽を追加するには、最初に「musicController」という新しい空のゲームオブジェクトを作成し、そのFSM内に「Play Music」という開始ステートを与えます。

Play Musicステートを作成

Play Musicステートを作成

MusicControllerオブジェクト用のInspectorタブで、Add Componentをクリックし、コントローラに実際に音楽を流させるための「Audio Source」コンポーネントを加えます。

Boss FightトラックをmyAudioフォルダから「Audio Clip」フィールドにドラッグし、「Play On Awake」と「Loop」ボックスもチェックします。

Audio Sourceの設定

Audio Sourceの設定

これでゲームが始まるとすぐに音楽が始まり、ゲームが終了するまでループが継続します。

SEの設定方法

今度は、敵と弾に効果音を加えます。

Enemyプレハブをクリックし、InspectorウィンドウからAudio Sourceコンポーネントを追加します。

AudioClipフィールドの右にある丸いボタンを押してオーディオクリップを選択し、「mai_free_08_damage」オーディオトラックを選択します。

また、Play On Awakeボックスのチェックを外してください。

EnemyプレハブのAudio Source設定

EnemyプレハブのAudio Source設定

 

ここでEnemyのFSMに移動し、Deadステートをクリックします。

Set Animator Boolアクションの直後に「Audio Play」アクションを追加し、画像のように設定します。

DeadステートにAudio Playアクションを追加

DeadステートにAudio Playアクションを追加

今度は銃に効果音を加えます。

musicControllerとEnemyと同じ方法で、gunController_Rに「Audio Source」コンポーネントを追加し、「shot_hand_gun」オーディオクリップをAudioClipフィールドにドラッグします。

また、Play On Awakeのチェックを外しFalseに設定してください。

gunController_RのAudio Source設定

gunController_RのAudio Source設定

最後に、gunController_RのFSM内のSpawning Bulletステートに行き、Audio Playアクションを追加し、下の図のように設定します。

Spawning BulletステートにAudio Playアクションを追加

Spawning BulletステートにAudio Playアクションを追加

以上でゲーム中に音楽が流れようになりました。

 

次回のPart7でチュートリアルは最後となります。

最後にステージを追加しゲームを完成させ、作ったゲームをSTYLYにアップロードする方法を紹介します。

サンプルScene

サンプルゲームはSTYLY GALLERYから体験できます。

×
newbview popup