【Unity】Terrain To Meshを使ってTerrainをメッシュとテクスチャに分割する

Unityには空間の基本となる大地を作成できるTerrainがありますが、Terrainは容量が大きくシーンが重くなったり、STYLYにアップロードすると拡大縮小や回転ができないという問題があります。

そこで今回は「Terrain To Mesh」というUnityアセットを使ってTerrainのメッシュとテクスチャを分割し、容量を小さくしてSTYLYにアップロードする方法を紹介します。

今回はTerrainで大地を作成する方法は紹介しないので、Terrainの使い方から学びたい方はこちらの記事を参考にしてください。

UnityのツールTerrainを使ってフィールドを作成する

本記事では、Terrainで大地が作成された状態から始めていきます。

Terrain完成

Terrain To Mesh

Terrain To Mesh

ファイルサイズ合計:20.2MB

サポートUnity Version:5.6.4以上

価格:$25

サイト
https://assetstore.unity.com/packages/tools/terrain/terrain-to-mesh-47276

メッシュとテクスチャを出力する

Terrain To MeshアセットをUnityにインポートしたら、メニューバーの「Window」→「VacuumShaders」→「Terrain To Mesh」を選択してください。

すると、以下のようなウィンドウが表示されます。

Terrain To Mesh設定1

Terrain To Mesh設定2

各項目の設定は上の画像と同じです。

使用するTerrainをHierarchyウィンドウからドラッグ&ドロップで挿入します。

Terrainをドラッグ&ドロップ

設定が完了して「Generate」を選択すると出力が開始されます。

出力したファイルをUnityで統合する

出力が完了すると、Assetsフォルダに(Temporary)という新規フォルダが生成されます。

Projectウィンドウを確認

Temporaryフォルダ内の「OBJ」フォルダを開くと出力したメッシュがあります。

それをSceneに追加します。

メッシュをSceneに追加

次に「New Terrain_Material」というマテリアルがあるので、それをSceneのメッシュに反映させます。

マテリアルをメッシュに反映

木の3Dモデルは出力されないので、Scene内で最初作成したTerrainから、今Sceneに追加した新しいTerrainに木を移動させます。

木を移動

Hierarchyウィンドウで木の3DモデルがTerrainから分割されたファイルになっているので、それを新しいTerrain内に格納します。

木をTerrainに格納

これでTerrainで作成した大地が、容量が小さく、かつSTYLYにアップロードして拡大縮小や回転ができる3Dモデルに変換されました。

STYLYにアップロードする

UnityからSTYLYにTerrainをアップロードする方法は以下の記事を参考にして下さい。

STYLYにTerrainをアップロードすることができました。

STYLY Web Studioに配置