STYLYで使えるUnityおすすめアセット【African Big Pack】動物3Dモデル

STYLY Oculus版で確認

STYLYで使えるUnityおすすめアセットを紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、「African Big Pack」という動物の3Dモデルアセット集になります。

このAfrican Big Packを配布している4toon Studioという3Dモデル制作会社は、これ以外にも高品質の動物の3Dモデルを配布しています。

4toon Studioが配布しているUnityアセット例

本記事ではアセットの概要、アセットをUnityへダウンロードしてインポートする方法、そして最後にアセットをSTYLYにアップロードする方法をご紹介します。

サンプルアセットをWebEditorで確認する

サンプルアセットをWebEditorで確認するLaunch the WebEditor

※STYLYに登録していれば、本TIPSで作成したサンプルアセットをWebEditorで確認することができます。 アカウント未登録の場合、新規登録を行ってから再度、本ボタンをクリックしてください。

アカウント登録はこちらから Click here

 

サンプル

STYLY GALLERYから「African Big Pack」アセットをVRで体験できます。 https://gallery.styly.cc/Hitori/92ebfdc0-38a9-11e9-b34d-4783bb2170d0

African Big Pack

African Big Pack

ファイルサイズ合計:1.2GB サポートUnity Version:5.1.1以上 価格:$160 サイト https://assetstore.unity.com/packages/3d/characters/african-big-pack-66458 以下の動物が含まれています。

  • バッファロー
  • ラクダ
  • チーター
  • ワニ
  • ゾウ
  • ガゼル
  • キリン
  • ゴリラ
  • カバ
  • ハイエナ
  • ヒョウ
  • ライオン
  • サイ
  • イノシシ
  • シマウマ
  • ヌー

全ての動物をSceneに配置

Unity上でのダウンロードとインポート方法

Unity上から、Unity Asset Storeにアクセスして、「African Big Pack」アセットをダウンロード・インポートする方法をご紹介します。 Unity Asset Storeの操作方法については、以下の記事をご覧ください。

既にUnity Asset Storeの操作方法をご存知の方は、Asset Store内で「African Big Pack」で検索してクリックしてください。

Unity Asset Storeで検索

オブジェクトをSceneに配置

Projectウィンドウを開き、「Assets」をクリックし、アップロードしたい動物のフォルダを選択すると、「Prefab」フォルダがあるので開きます。

Prefabを確認

ハイポリとローポリがセットで用意されているので、スペックが低い環境やサイズが大きすぎる場合(STYLYはアップロードサイズの上限が50MB)はローポリを選択しましょう。
また、アニメーションのついているオブジェクトと、ついてないオブジェクトもあります。
アセットをSceneにドラッグ&ドロップするとオブジェクトをSceneに配置することができます。
Sceneに配置してもオブジェクトが見えませんが、Sceneを起動するとちゃんと配置できていることが確認できます。

オブジェクトをSceneに配置

アニメーションを設定する

ここからはオブジェクトにデフォルトで設定されているアニメーションの確認と、その変更方法を解説します。

Hierarchyウィンドウのオブジェクトを選択して、Inspectorウィンドウを開きます。

オブジェクトを選択してInspectorウィンドウを確認

Sceneを起動した際に動いていたオブジェクトには「Animator」というコンポーネントがついています。

Inspectorウィンドウを確認

「Animator」コンポーネント内の「Controller」欄をクリックすると、下の図のように「Controller」に格納されているファイルが明示されます。

Animator Controllerを確認

明示されたAnimator Controllerをダブルクリックすると、Animatorウィンドウを開くことができます。

Animatorウィンドウ

基本的にどの動物にもデフォルトで設定されているアニメーションは同じです。
Walk(ゆっくり歩き始める)→Run(走る)→loop Jumping(ジャンプ)→Idle(たたずむ)の繰り返しです。
各ステートをクリックしてInspectorウィンドウを開くと、アニメーションのスピードや遷移先を設定することができます。
Animatorウィンドウの詳しい概要や使い方は、以下のUnityの公式マニュアルを参照してください。https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/class-State.html
 
 
 
 

STYLYへアップロードする方法

オブジェクトをSTYLYにアップロードします。

UnityからアセットをSTYLYにアップロードする方法はこちらの記事をご覧ください。

Sceneを丸ごとSTYLYにアップロードしたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

下の画像は、アップロードしたアセットをSTYLY Web Editorで表示したときのGIF画像になります。

 

 

 

 

Web Editorに配置

African Big Packを含めた、4toon Studioの3Dモデルアセットを使えば、手軽に高品質の動物をVR空間に入れることができるので、とても便利です。 ぜひ使ってみてください!