Manual,


本記事では、Unityで作成したアセットをSTYLY上で使用するための方法をご紹介します。
STYLYで使用できるUnityのアセットの種類は、3DModel、Particle system(Shuriken)、Light、UI要素、Shader(Amplifed Shaderを使ったもの等)、PlayMakerを用いたアセットなどです。
Unity上でアニメーションやインタラクティブな機能を付与したアセットや、色を付けたLightのアセットなどをSTYLYで使用できます。
自分だけの新しい表現方法を追求したい方はぜひチャレンジしてみてください。

必要要件

Unityのバージョン「Unity 2017.4.x」に対応しています。さらに、以下のコンポーネントがインストールされているか確認してください。

Unity Download Assistant

  • Windows Build Support (Windowsをお使いの場合、デフォルトでインストールされます。)
  • Mac Build Support (Macをお使いの場合、デフォルトでインストールされます。)
  • Android Build Support
  • WebGL Build Support
  • iOS Build Support

アップロード可能なアセットの種類

Unity Asset Uploaderを使えばSTYLYに次の種類のアセットを入れ込むことができます。

STYLY WebEditor画面

  • 3DModel(Mecanimでアニメーションを付けたものも可能)
  • Particle system(Shuriken)
  • Light
  • UI要素
  • Shader(Amplifed Shaderを使ったもの等)
  • PlayMakerを用いたアセット

これら異なる種類のアセットでも、アップロードのプロセスは同じです。プレハブとしてアップロードしたいアセットを保存し、このチュートリアル内の記述内容に従うだけです。

注意:もしPlayMakerで付けたアクションがSTYLY上でうまく作動しない場合は、一度ブラウザ上のキャッシュを取り除いてみてください。また、STYLYはC#で記述されたスクリプトは対応しておりません。

UNITY PLUGIN FOR STYLYのダウンロードとインポート

UNITY PLUGIN FOR STYLYを使えば、Unity上で作ったプレハブをSTYLYにアップロード可能です。
UNITY PLUGIN FOR STYLYのダウンロード手順を紹介します。

まずは以下のリンクか、もしくはSTYLYのトップ画面のメニューから[DOWNLOAD]メニューからダウンロードページにアクセスしてください

DOWNLOAD

STYLYトップページ

UNITY PLUGIN FOR STYLY (BETA) ダウンロード手順1

DOWNLOADページに移動したら、UNITY PLUGIN FOR STYLY (BETA) の[DOWNLOAD]ボタンをクリックして、ダウンロードします。
ダウンロードが完了したら、UnityのプロジェクトにUNITY PLUGIN FOR STYLY (BETA)をインポートします。

UNITY PLUGIN FOR STYLY (BETA) インポート 手順1

Unityプロジェクトを開きます。[Assets]メニュー > [Import Package]メニュー に進んで、[Custom Package…]メニューをクリックしてください。

UNITY PLUGIN FOR STYLY (BETA) インポート 手順2

先ほどダウンロードした「STYLY.unitypackage」を選択して、[開く(O)]ボタンをクリックします。

UNITY PLUGIN FOR STYLY (BETA) インポート 手順3

すべてのチェックボックスにチェックしたまま、[Import]ボタンをクリックします。

UNITY PLUGIN FOR STYLY (BETA) インポート 手順4

インポート後、メニューに[STYLY]が追加され、Projectに[STYLY_Plugin]フォルダが作成されていれば完了です。

STYLYアカウントとSTYLY_Pluginを接続する方法

自身のSTYLYアカウントのAPIをキーを取得する必要があります。APIキーの取得方法を紹介します。

STYLYアカウントとSTYLY_Pluginを接続する 手順1

STYLY WebEditorへログインします。次に[API Key]メニューを選択します。
API Keyが表示されますので、コピーします。

STYLYアカウントとSTYLY_Pluginを接続する 手順2

Unityプロジェクトの[STYLY]メニューに進み、[Asset Uploader Settings]をクリックします。

STYLYアカウントとSTYLY_Pluginを接続する 手順3

Emailフォームには、アカウントのメールアドレスを入力します。
API Keyには、先ほどコピーしたキーを張り付けてください。
これでSTYLYアカウントとSTYLY_Pluginを接続が完了しました。

アップロード対象のファイルサイズの確認方法

プレファブのファイルサイズを確認する方法を紹介します。アップロードには、特にサイズが大きい場合、数分〜それ以上の時間を要しますので、STYLYにアップロードする前にプレファブのファイルサイズを確認しましょう。

アップロードファイルサイズ確認画面

ファイルサイズを確認するには、確認したいプレハブを右クリックし、[STYLY] > [Check File Size]ボタンをクリックしてください。アップロードするアセットは20MB以下を推奨しています。

UnityからSTYLYにプレファブをアップロードする方法

ファイルサイズ確認したら、Unityで作成したプレファブ化したアセットをSTYLYにアップロードしましょう。

プレファブアップロード画面

アップロード方法を紹介します。アップロードしたいプレファブを右クリックします。
[STYLY] > [Build And Upload Prefab Asset]をクリックします。アップロード処理が実行されます。

UnityからSTYLYにプレファブをアップロードする方法 手順2

アップロードの処理が成功すると、ポップアップメッセージ[Upload succeeded.]が表示されますので、[OK]ボタンをクリックしてください。
アップロードエラーが表示された場合、エラーが起こった詳しい状況(動作手順やスクリーンキャプチャ)を下記に問い合わせお願いします。

エラー問い合わせ先

  • 日本語:https://www.facebook.com/groups/stylyusers/
  • 英語:https://www.facebook.com/groups/STYLY.VR/
  • メール:info@styly.cc

複数プレファブのアップロード(追記 2018/11/03)

STYLYはプレファブの複数アップロードに対応しました。

最新版のSTYLY.unitypackageをダウンロードし、上記と同じ手順でインポートしてください。

Projectシーン内のアップロードしたいプレファブを複数選択してから、右クリックしてください。
「STYLY」→「Upload or scene to STYLY」を選択するのは前章と同じです。

プレファブ複数選択

これで複数プレファブを一度にアップロードすることができました。

UnityからSTYLYにScene丸ごとアップロードする方法

Unityシーンアップロード機能の使い方

アップロードしたプレファブをSTYLYで使用する

アップロードしたプレファブの確認方法を紹介します。

アップロードしたプレファブをSTYLYで使用する

STYLY WebEditorを開きます。次に[Assets]ボタンをクリックして、[3D Model]ボタンをクリックします。
最後に[My Models]メニューをクリックします。My Modelsにアップロードしたプレファブがあれば完了です。

 

“UnityからSTYLYにアセットをアップロードする方法” への1件のコメント

  1. […] UnityからSTYLYにアセットをアップロードする方法 この記事を読む […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中将

STYLY / Media Marketing / Engineer / VR Idol Producer / STYLYでゆるめるモ!のVR衣装展示空間作った人 / STYLYではVRでの表現やテクニカルな方法を紹介してくれるライターさんを募集してます! Twitter:@chujo_p

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。