【無料3Dモデル素材サイト】3D Warehouse使い方解説

本記事では、無料3Dモデルサイト「3D Warehouse」の説明と、3Dモデルのダウンロード方法をご紹介します。最後はSTYLYにアップロードして3Dモデルを確認してみます。

一見、「3D Warehouse」と連携している「SketchUp」専用の3Dモデルしか取り扱っていないようですが、COLLADAデータがダウンロードできるのでチェックしていきましょう。

3D Warehouseとは

3D Warehouseとは、無料の3Dモデルサイトです。

冒頭でも記載したように、一部無料の3Dソフト、SketchUpと連携している3Dモデルサイトです。多くのクリエイターが3Dモデルをアップロードしているので多くの種類がある3Dモデルが用意されています。

3D Warehouseの公式サイトはこちらから。

3D Warehouseについて

言語設定

まず言語設定をご紹介します。英語だと見づらい方は日本語に変更できます。

フッターに言語設定ボタンがあるので、そちらから変更ができます。
一度クリックするとフッターが消えてしまうのが難点で、サイトを再更新すると再度フッターが表示されます。

言語設定_01

3D Warehouseのトップページの見方

ここからは、3D Warehouseについてご説明します。

3D Warehouseのトップページ

①カテゴリ検索

ここでは、カテゴリ別に3Dモデルが分けられています。どれかを選択するとそのカテゴリのページに遷移し、さらに細かい3Dモデルを検索できます。

①カテゴリ検索_01

 

より細分化された内容を検索したい場合は、カテゴリーを最初に選択する必要があります。そうすると、次にサブカテゴリを選択できるようになります。

①カテゴリ検索_02

 

さらに、下にスクロールすると、プロパティからより必要に応じた3Dモデルを細分化できます。

3Dモデルのデータサイズやポリゴン数、作者、作成順などがあります。また、一番下には検索フィルターをリセットできるボタンがあります。

①カテゴリ検索_03

 

②検索ボックス

ここで、特定の3Dモデルを入力して検索できます。

 

③Try SketchUp

ここからSketchUpのソフトをダウンロードできます。

③Try SketchUp_01

3D WarehouseはSketchUpに特化している3Dモデルサイトなので併用することで互換性の高い操作ができます。

③Try SketchUp_02

 

④3D Warehouseに3Dモデルのアップロードする

画面右上にある、Upload a Modelボタンから.skp形式の3Dデータをアップロードできます。

④3D Warehouseに3Dモデルのアップロードする_01

3Dデータのアップロードには、アカウントの作成またはログインが必要です。

④3D Warehouseに3Dモデルのアップロードする_02

アカウントの作成、ログインが完了すると、3Dデータのアップロードが可能になります。

ちなみに、skpデータというのはSketchUpで制作された3Dデータの拡張子です。ファイルフォーマットがskpデータのみ対応しているので他の3Dデータは対応していないようです。

Browseボタンから、skpデータのアップロードができます。

④3D Warehouseに3Dモデルのアップロードする_03

3D Warehouseでアカウントを作成する

それでは、3D Warehouseのアカウントを作成していきましょう。

画面右上にあるアイコンにカーソルを合わせます。アイコンをクリックする必要はないです。

3D Warehouseでアカウントを作成する_01

 

カーソルをアイコンに合わせると、アカウント作成のポップアップが表示されます。Sign IN|Create Accountボタンをクリックしましょう。

3D Warehouseでアカウントを作成する_02

 

アカウント作成には、2種類の方法が利用できます。簡単なのはGoogleアカウントから連携させる方法です。もちろんEメールアドレスからも登録できます。

3D Warehouseでアカウントを作成する_03

 

Eメールアドレスで登録される方は、アドレスと任意のパスワードを入力します。その後、Sign Inボタンを押します。登録したアドレスに3D Warehouseからメールが届くことでアカウント登録は完了です。

3D Warehouseでアカウントを作成する_04

アカウントが作成されると、このようにマイページが表示されます。

3Dモデルを3D Warehouseにアップロードしたり、プロフィールの設定など、さまざまな設定ができます。

3D Warehouseでアカウントを作成する_05

アカウント作成の一連の流れは以上です。

3D Warehouseでモデルをダウンロードしてみる

それでは、3D Warehouseで3Dモデルをダウンロードしてみましょう。

まずは、カテゴリ検索から任意のカテゴリを選択しましょう。

3D Warehouseでモデルをダウンロードしてみる_01

サブカテゴリも選択してみます。

3D Warehouseでモデルをダウンロードしてみる_02

Downloadボタンを押すことで、その3Dモデルをダウンロードするバージョンを選択できます。

3D Warehouseでモデルをダウンロードしてみる_03

いくつか3Dモデルのバージョンが用意されていますが、今回はCOLLADAデータを選択しましょう。

このCOLLADAデータは3Dデータを配布するためのフォーマットでBlenderなどの3Dソフトでも使用できます。その上にあるSketchUpデータは拡張子が.skpとなります。

また、See more detailsから詳細を見ることもできます。

3D Warehouseでモデルをダウンロードしてみる_04

ここでは、3Dモデルの作者やモデルの詳細を全て確認できます。プレビュー画面ではパースが表示され、タンブルやスクロールで確認できます。

3Dモデルの確認が完了したら、ダウンロードボタンを押しましょう。

3D Warehouseでモデルをダウンロードしてみる_05

これがダウンロードされた3Dデータです。テクスチャとCOLLADデータが含まれています。

ダウンロードされたデータ

本来であればこれらのファイルをそのままSTYLYにアップロードできるのですが、3D Warehouseの3DモデルはそのままSTYLYにアップロードするとテクスチャが反映されません。

ダウンロードしたファイルをSTYLY Studioにアップロード

ダウンロードしたファイルをSTYLY Studioにアップロード

この3Dモデルは本来銀色なのですが、STYLY Studio上では灰色になっています。

そこでSTYLYにアップロードするために、Sketchfabを活用します。

STYLYにアップロードする方法

STYLYへのアップロードの手順を簡潔に説明すると以下の通りです。

  1. Sketchfabに3D Warehouseの3Dモデルファイルをアップロードする
  2. Sketchfabから3DモデルをglTF形式でダウンロードする
  3. ダウンロードしたファイルをSTYLYにアップロードする

先ほどダウンロードしたファイルを全てSketchfabにアップロードします。

Sketchfabを使ったことがないという方は、こちらの使い方のマニュアル記事をご参照ください。

SketchfabからglTF形式のzipファイルをダウンロードしたあとは、そのzipファイルをSTYLYにアップロードします。

STYLYにログインして、空間を作成します。

まだSTYLYのアカウントをお持ちでない方はこちらの記事をご参照ください。

ダウンロードしたファイルをSTYLYにアップロードします。
アップロードの仕方がわからない方は、こちらの記事をご参照ください。

下記画像の①>②の順でモデルのインポート画面へ進んでいきます。
モデルがアップロードできたらMy Modelsから追加されたモデルをクリックします。

STYLY 3Dモデルインポート画面

STYLY 3Dモデルインポート画面

STYLYにアップロードすることができました。

STYLY Studioで確認

STYLY Studioで確認

いかかでしたか。

3D Warehouseでも普通の3Dサイトと同じように3Dデータをダウンロードできます。アップロードされている3Dモデルもデータサイズが一定でダウンロードもサクサクできました。

他の3Dソフトを使用する方も、COLLADAデータを使用することでSketchUpをダウンロードしなくても操作できる点が魅力的でした。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

×
newbview popup