【Blender2.8】Animation Nodes入門

この記事では、ノードベースで複雑なアニメーションを作成することができる、Animation Nodesという無料アドオンの使い方をご説明します。

Animation Nodesとは

Blenderでは基本的に手動でキーフレームを打つことでアニメーションを作成しますが、Animation Nodesという無料アドオンを使うと、ノードベースでより高度なアニメーションを作ることができます。

公式のPVを見ると、いかに多様なアニメーションが作れるのかがわかります。

 

 

導入

こちら からダウンロードすることができます。今回はAnimation Nodesのバージョンは2.1、Blenderのバージョンは2.83を使っています。

ダウンロードしたファイルをBlenderにインストールする方法は、以下の記事の「3 Blenderへのインストール」を参考にしてください。

インストールすると、画面左上のEditor Typeから「Animation Nodes」を選択できるようになります。

Animation Nodesの選択

Animation Nodesの選択

以下のように、画面を2分割して片方をAnimation Nodes、もう片方を3D Viewportにするとプレビューしやすくなります。

上:Animation Nodes 下:3D Viewport

上:Animation Nodes 下:3D Viewport

 

オブジェクトを移動・回転・拡大縮小させる

まず、オブジェクトの移動・回転・拡大縮小という基本的な動きをAnimation Nodesで作成してみましょう。

[Shift]+[A]キーを押して、「New Node Tree」をクリックします。

New Node Treeを選択

New Node Treeを選択

すると、通常のシェーダーエディターと同様に[Shift]+[A]キーでノードを追加できるようになります。

Object > Object を選択すると、「Object Input」というノードが追加されます。ここで、動かしたいオブジェクト(ここではCube)を選択しておきます。

Object InputノードでCubeを選択

Object InputノードでCubeを選択

X軸方向に動かす

次に、Object > Transform Outputを追加し接続します。ここでは動かしたい軸を選びます。

今回選択している「X」は、移動のX軸、という意味です。

Transform Outputと接続

Transform Outputと接続

次にAnimation > Time Infoを追加し、Transform OutputノードのLocationソケットと接続しようとすると、自動的に「Combine Vector」というノードが追加されます。このように、接続に必要なノードは自動で追加されます。

Time Infoと接続

Time Infoと接続

 

X軸方向へ速い速度で移動

X軸方向へ速い速度で移動

この状態でアニメーションを開始すると、オブジェクトが速く動き出します。これは、オブジェクトのX軸座標の値=フレーム数になっている状態です。

 

Number > Mathを下のようにつなげ、値を調整するとオブジェクトがゆっくり動くようになります。今回は値を0.03に設定しました。オブジェクトのX軸座標の値がフレーム数×0.03になっている状態です。

Mathノードを接続

Mathノードを接続


X軸方向に進行

X軸方向に進行

Y軸方向に回転させる

Object Transforms Outputノードの回転にも同様にノードを接続すると、以下のように回転しながら移動するアニメーションも作れます。

移動と同様にノードを接続

移動と同様にノードを接続


X軸方向に進行・Y軸回転

X軸方向に進行・Y軸回転

ランダムに拡大縮小させる

ランダムな値を使いたい時は、「Wiggle」というノードを使用します。Wiggleノードはいくつかありますが、今回はVector > Wiggle からVector Wiggleノードを使います。

以下の赤線内のように、Time InfoノードとVector Wiggleノードを接続してみましょう。

Time InfoノードとVector WiggleノードをScaleに接続

Time InfoノードとVector WiggleノードをScaleに接続

すると、毎フレーム0.0〜2.0の間でランダムに拡大縮小されるようになります。

ランダムな拡大縮小

ランダムな拡大縮小

なお、同じノードを使っているものは一つのノードにまとめることもできます。ここではTime Infoノードが3つ使われていたので、Time Infoノード1つから3本線を伸ばすように変更しました。

Time Infoノードをまとめる

Time Infoノードをまとめる

STYLYにアップロード

アニメーションをベイクする

Animation Nodesで制作したアニメーションは、そのままではエクスポートすることができません。エクスポートするためには、アニメーションをキーフレームという形にベイクする必要があります。

ベイクするとアニメーションを再度編集することができなくなってしまうので、必ず別ファイルとして保存してから作業するようにしてください

Animation Nodesウィンドウ右側にある「Node Tree」というタブを選択後、「Overview」の項目を展開して「Bake to Keyframes」をクリックするとベイクすることができます。

Bake to Keyframes

Bake to Keyframes

ベイク後にワークスペースを「Dope Sheet」に切り替えると、以下のように毎フレームキーフレームが打たれていることが分かります。

ドープシート

ドープシート

glTF形式にエクスポート

オブジェクトを選択した状態で、「Export」から「glTF 2.0」を選択します。

glTF形式でエクスポート

glTF形式でエクスポート

出てきたウィンドウの右側で、「Selected Objects」と「Animation」にチェックを入れて、「Export glTF」をクリックします。

エクスポート設定

エクスポート設定

STYLYにアップロード

3DモデルをSTYLYにアップロードしてみましょう。

STYLYアカウントを作成する

アカウント作成方法

glTF形式のファイルをSTYLYにアップロードする方法

newbview popup