【Blender2.81】Auto-Rig Proでキャラクターを動かす

この記事では、Blenderの有料アドオン「Auto-Rig Pro」を用いてキャラクターモデルを動かす方法についてご説明します。

Auto-Rig Proとは

Auto-Rig Proとは、3Dモデルに自動でリグを付与し、3Dモデルに動きをつけやすくするBlenderの有料アドオンです。キャラクターモデルだけでなく、動物や昆虫など、さまざまなモデルに利用できます。

四角い箱のようなものが「リグ」

四角い箱のようなものが「リグ」

Auto-Rig Proは、以下のリンク先にて販売されています。

Auto-Rig Pro – Blender Market

キャラクターを動かす

Auto-Rig Proを用いて実際にキャラクターモデルを動かしてみましょう。

今回使用しているBlenderのバージョンは2.81、Auto-Rig Proのバージョンは3.46です。

アドオンの読み込み

アドオンの購入・インストール方法については以下の記事をご覧ください。

なお、このアドオンはダウンロードしたzipファイルを一度展開する必要があります。

zip展開後の中身

zip展開後の中身

インストールするファイルはこのうち、以下の2つになります。

  • auto_rig_pro-master.zip
  • proxy_picker.py

モデルの読み込み

今回はVRoidのモデルに元から入っていたボーン・コリジョンのデータを削除して利用しました。VRMモデルを利用する場合は、以下の記事をご覧ください。

Blender上で制作した自作モデルであれば、そのままで問題ありません。

ボーンの位置を指定する

まずはモデルを選択します。このモデルの場合は髪以外のパーツを全選択しています。
ボーンの位置は、モデルの体積をもとに決められるため、髪や大きな装飾品はこの時点では選択せず、身体の基本構成パーツを選択すると良いです。

基本構成パーツを選択

基本構成パーツを選択

Nキーを押すと表示されるプロパティ・シェルフから、「ARP」のAuto-Rig Pro:Smartを開き、「Get Selected Object」をクリックします。

Auto-Rig Proのメニュー

Auto-Rig Proのメニュー

「Add Neck」をクリックすると、Neck(首)の位置を指定するポインタが表示されるので、首の位置に移動させます。

Add Neck

Add Neck


首の位置を指定する

首の位置を指定する

同様の手順で、Chin(顎)、Shoulder(肩)、Wrists(手首)、Spine Root(背骨の末端)、Ankle(足首)の位置を指定していきます。

なお、この時Y軸方向(奥行き)を調整する必要はありません。

その他の部位の位置も指定する

その他の部位の位置も指定する

今回は顔のリグは設定しないので、このまま「Go!」を選択します。

「Go!」をクリック

「Go!」をクリック

すると、自動でボーンが生成されます。メッシュに沿ってY軸方向の位置も自動調整されています。

ボーンが生成された

ボーンが生成された

ボーンに問題がなければ、Auto-Rig Proの項目にある「Match to Rig」をクリックします。

すると、ボーンをもとにリグが自動生成されます。

リグが生成された

リグが生成された

モデルと紐付ける

この時点ではモデルとリグは紐ついていないので、リグをポーズモードで動かしてもモデルは動きません。

オブジェクトモードでモデルの全パーツを選択した上で、最後にShiftキーを押しながらリグを選択し、「スキン」タブの「バインド」をクリックします。

モデルとリグをバインド

モデルとリグをバインド

リグを選択した状態でポーズモードに切り替えると、移動(Gキー)や回転(Rキー)を使ってリグを動かし、ポーズをつけられるようになります。

ポーズモードへ切り替え

ポーズモードへ切り替え

ポーズモードでリグを移動・回転させた時にモデルが追従して動けば成功です。

モデルが動くようになった

モデルが動くようになった

実際に動かしてみる

いろいろ動かして見ましょう。

腕を動かす

腕を動かす


足を動かす

足を動かす

なお、ポーズモードでポーズをつけた後で元に戻したい時に、Ctrl+Zキーを使うとボーン配置が崩れることがあります。元の位置に戻したい時はAlt+Gキー、元の回転に戻したい時はAlt+Rキーを使って戻します。

また、以下のように、動かした際に余計なパーツまで動いてしまう時は、ウェイトを調整する必要があります。

ウェイトの調整方法については、以下の記事の「1.5 ボーンのウェイトを調整する」をご覧ください。

いかがだったでしょうか。

Auto-Rig Proを使うと、手動では面倒なリギング作業を簡単に行うことができます。ぜひお試しください。

×