【Unity】Shaders Laboratoryの紹介

本記事ではUnityで無料で使用できるさまざまなシェーダーを掲載しているサイト「Shaders Laboratory」を紹介します。

無料で使えてコピペで簡単に実装できるので、「シェーダーは使ってみたいけど、難しそう…」という方も是非お気軽に使ってみてください。

Shaders Laboratoryトップページ

Shaders Laboratoryトップページ

Shaders Laboratoryとは

Shaders Laboratoryは無料で使えるシェーダーが多数掲載されているサイトです。

掲載されているシェーダーは、クレジット表記無しでどんなプロジェクトにも使用することができます。

Shaders Laboratoryのタブの説明

使い方は簡単です。

まずはタブを見ていきます。

Shaders Laboratoryタブ

Shaders Laboratoryタブ

「HOME」「SHADERS」「LINKS」「ABOUT」の4つのタブがあります。

「HOME」はShaders Laboratoryの説明が書いてあります。

「SHADERS」にはさまざまなシェーダーが記載されています。最も使うのはこのタブになります。

「LINKS」はシェーダーを学習する上で役に立つリンクが多数載っています。シェーダーを学習したい方はこちらも参考にすると便利かと思います。

「ABOUT」はShaders Laboratoryの管理人のYouTubeチャンネルやTwitterアカウントなどがあります。パトロンとして管理人を支援することができるリンクも貼ってあります。

Shaders Laboratory使い方

早速使い方を説明していきたいと思います。

「SHADERS」タブをクリックします。するとカテゴリごとにさまざまなシェーダーが書いてあるページに飛びます。

最初なのでSTEP BY STEPから見ていきたいと思います。

STEP BY STEP

STEP BY STEP

 

「Step 1 : Shaderlab」、「Step 2 : Vertex and fragment shader」どちらも行います。下記画像の動画を見ながら進めていきます。ソースコードも載っていますので、利用してください。

VERTEX AND FRAGMENT SHADER

VERTEX AND FRAGMENT SHADER

こちらの「Step 2 : Vertex and fragment shader」を完了すると、下記画像のように色を変えられる立方体を作成することができます。

完成画像

完成画像

他のサンプルシェーダーを使ってみる

基礎の基礎である立方体の色を変えるシェーダーが使えるようになったので、他のシェーダーの使い方も見ていきます。

使い方は先ほど作ったシェーダーと同じです。

先ほどコピペしたシェーダーのコード部分を書き換えるだけで実装することができます。

今回はこちらのFlat shadingのシェーダーを使ってみます。

Flat shadingの場所

Flat shadingの場所


Flat shadingの動画とソースコード

Flat shadingの動画とソースコード

アクセス先のページの動画とソースコードを参考にして、Unity上で適応すると使うことができます。

Flat shading完成画像

Flat shading完成画像

完成です。

Shaders Laboratoryおすすめシェーダーの紹介

上記のように、Shaders Laboratoryの使い方がわかったので、ここからはShaders Laboratoryの中でかっこいいシェーダーやオススメのシェーダーを紹介していきたいと思います。

全て先ほどと同じように動画で手順を見て、必要に応じてソースコードをコピペすることで実装することができます。

Rim Effect

氷のようなエフェクトを付与できるシェーダーです。

Rim Effect

Rim Effect

Snow Effect

雪が付着したような効果を付与できるシェーダーです。

Snow Effect

Snow Effect

Oil Painting

3Dオブジェクトだけでなく、画像に使えるシェーダーもあります。こちらは油絵風の見た目になるシェーダーです。

Oil Painting

Oil Painting

SEPIA WITH FINAL COLOR

これは画像をセピア調にしてくれるシェーダーです。

SEPIA WITH FINAL COLOR

SEPIA WITH FINAL COLOR

 

STYLYへのアップロード

Shaders Laboratoryのシェーダーを適用したオブジェクトはSTYLYにアップロードすることができます。

UnityからSTYLYにアセットをアップロードする方法

今回はShaders Laboratoryを紹介しました。簡単にかっこいいシェーダーを作成できるので、組み合わせたり、改造したりして表現の幅を広げてみてください!

×
newbview popup