【Unity】 ProBuilderで簡単な家を作成してみる

本記事ではモデリングツールのProBuilderで簡単な家を作成する方法を紹介します。

ProBuilderはUnity上で直感的にモデリングすることができるツールです。

また、ProGridsというツールを同時に使用することで、建物や部屋などの直線的なオブジェクトを簡単に作成できます。

事前準備

ProBuilderとProGridsをインポートします。

アセットストアからProBuilderとProGridsを検索しインポートします。

Unity ProBuiilder アセットストア画面

Unity ProBuiilder アセットストア画面


Unity ProBuilder インポート画面

Unity ProBuilder インポート画面


Unity ProGrids アセットストア画面


Pro Grids インポート画面

Pro Grids インポート画面

インポートが完了すると、画面上部のToolsタブにProBuilderとProGridsが表示されます。

Tools→ProBuilder→ProBuilderWindow からProBuilderウインドウを表示します。

ProBuilder ウインドウ表示方法

ProBuilder ウインドウ表示方法


ProBuilder ウインドウ

ProBuilder ウインドウ

 

このウインドウはドラックすることで、画面の好きな場所に固定できます。

ProBuilder ウインドウを画面端に固定

ProBuilder ウインドウを画面端に固定

 

Progridsも同様に、Tools→ProGrids→ProGridsWindow から追加できます。

ProGrids ウインドウ表示方法

ProGrids ウインドウ表示方法


ProGrids ウインドウ

ProGrids ウインドウ

ProGridsはProBuilderでモデリングする際に補助線の役割をします。

この補助線に沿って、オブジェクトの移動や引き伸ばしを行うことができます。

基本操作

オブジェクト選択

ProBuilderではUnityの基本操作に加えて、ProBuilder独自の操作方法があります。

画面上部に4つのオブジェクト選択モードが表示されており、左から

オブジェクト全体の選択

Unity Probuilder オブジェクト選択

Unity Probuilder オブジェクト選択

 

オブジェクトの頂点の選択

Unity Probuilder 頂点選択

Unity Probuilder 頂点選択

 

オブジェクトの辺の選択

Unity Probuilder 辺選択

Unity Probuilder 辺選択

 

オブジェクトの面の選択

Unity Probuilder 面選択

Unity Probuilder 面選択

 

選択した後はUnity操作選択から、移動、回転、拡縮が可能です。

Unity 操作選択画面

Unity 操作選択画面

NewShape

ProbuilderウインドウからNewShapeを選択すると、新しいオブジェクトを生成することができます。

初期設定ではキューブが選択されていますが、ドアや階段、球体などのいくつかの形のオブジェクトを生成できます。

New Shape キューブ

New Shape キューブ


New Shape ドア

New Shape ドア


New Shape 階段

New Shape 階段


New Shape 球体

New Shape 球体

生成時に詳細設定の数値を変更することで、オブジェクトの形の調整も可能です。

引き伸ばし

オブジェクトの頂点、辺、面のいずれかを選択している状態で矢印を動かすと、オブジェクトを引き伸ばすことができます。

Unity ProBuilder 引き伸ばし

Unity ProBuilder 引き伸ばし

ProGridsツールのおかげで、補助線に沿って1mずつ引き伸ばしができます。

ProBuilderはこの引き伸ばしをうまく活用することで、直感的にモデリングできます。

簡単な家を作成

基本操作を覚えたところで、簡単な家を作成してみましょう。

まずは、NewShapeからキューブを生成し、6m×6mの大きさに引き伸ばして床を作ります。

簡単な家の床

簡単な家の床

 

ドアを生成して、家の入り口を作ります。

NewShapeからオブジェクトの種類Doorに変更し、詳細設定を画像の様にしましょう。

簡単な家のドア

簡単な家のドア

生成したドアを床の上に置きます。

簡単な家のドア設置

簡単な家のドア設置

 

次に、家の壁を作っていきます。

キューブの詳細設定のXYZ欄を、画像の様に変更したものを3つ生成します。

簡単な家の壁を生成

簡単な家の壁を生成


簡単な家の壁生成×3

簡単な家の壁生成×3

3枚の壁を床の上に配置しましょう。

簡単な家の壁の不足部分

簡単な家の壁の不足部分

3枚の壁を並べると、長さが足りない箇所があるので、引き伸ばしで調整します。

簡単な家の壁を引き伸ばし

簡単な家の壁を引き伸ばし

 

次は屋根です。

NewShapeからPrizmを選択し、詳細設定の数値を画像の様に変更し生成しましょう。

簡単な家の屋根

簡単な家の屋根

生成した屋根を乗せましょう。

 

最後に入り口に階段を設置します。

詳細設定の数値を画像の様にし、ドアの前に設置します。

簡単な家の階段

簡単な家の階段

これで簡単な家のモデリング完了です。

簡単な家

簡単な家

家に色をつける

完成した家に色をつけてみましょう。

色をつけるには、マテリアルを作成して色を設定します。

マテリアルの作成は、プロジェクト上で右クリック→Ctreate→Maetrial

マテリアルの作成方法

マテリアルの作成方法

名前をつけて、Insepectorからマテリアルの色を変更しましょう

マテリアル名前変更

マテリアル名前変更


マテリアルの色変更

マテリアルの色変更


カラーパレット

カラーパレット

今回は屋根を赤、壁と階段をベージュ、床を茶色にしました。

用意したマテリアル

用意したマテリアル

作成したマテリアルをドラッグすると色をつけることができます。

マテリアルのつけ方

マテリアルのつけ方

全ての箇所に色をつけたら、簡単な家の完成です。

簡単な家の完成

簡単な家の完成

STYLYにアップロードする

Unity Plugin For STYLYを使って、作成した簡単な家はSTYLYにアップロードできます。

オブジェクトを結合する

作成した簡単な家は、複数のオブジェクトから構成されています。

このままでは扱いにくいので、一つのオブジェクトに結合します。

作成したオブジェクトを選択し、ProBuilderウインドウのMerge Objectsを選択すると結合ができます。

簡単な家のオブジェクトを選択

簡単な家のオブジェクトを選択


ProBuilder Merge Object を選択

ProBuilder Merge Object を選択


オブジェクト結合後

オブジェクト結合後

 

結合後にオブジェクト名も変更しておきましょう。

オブジェクトを選択し、右クリックからRenameで名前変更ができます。

オブジェクト名変更

オブジェクト名変更


オブジェクト名変更

オブジェクト名変更後


オブジェクト名変更後

オブジェクト名変更後

Unity Plugin For STYLY をダウンロードする

STYLYにアップロードするために、Unity Plugin For STYLYをダウンロードしましょう。

Unity Plugin For STYLY のダウンロード方法や設定方法については、こちらをご参照ください。

作成したオブジェクトをアップロードする

ProBuilderウインドウのExportから作成したオブジェクトをエクスポートし、STYLYにアップロードします。

詳しい方法については、こちらの過去記事をご参照ください。

 

STYLYにアップロードが完了後はこのように配置できます。

簡単な家をSTYLYにアップロード

簡単な家をSTYLYにアップロード

 

本記事ではProBuilderで簡単な家を作成しました。

オブジェクトを生成して、引き伸ばしをするだけで簡単にモデリングが可能です。

ぜひ試してみてください!