STYLYで使えるUnityおすすめアセット【テクスチャ編】※無料

STYLY VIVE版での見え方

STYLYで使えるUnityおすすめアセットを紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、無料のテクスチャ集です。

STYLYには以下のようなGroundがデフォルトで用意されていますが、自分好みの地面・壁を作りたい場合は、テクスチャアセットをインポートして使用します。

STYLYのGround一覧

本記事では、無料で使えるテクスチャアセットのダウンロード方法、およびSTYLYへのアップロード方法を紹介します。

サンプルアセットをWebEditorで確認する

サンプルアセットをWebEditorで確認するLaunch the WebEditor

※STYLYに登録していれば、本TIPSで作成したサンプルアセットをWebEditorで確認することができます。 アカウント未登録の場合、新規登録を行ってから再度、本ボタンをクリックしてください。

アカウント登録はこちらから Click here

 

サンプル

STYLY GALLERYからテクスチャアセットをVRで体験できます。

http://gallery.styly.cc/Hitori/715505ee-fc21-11e8-b34d-4783bb2170d0

テクスチャ① 10 Texture Sets ‘Industrial 02’

サイバーな感じの鉄のタイル、モルタル、滑り止めなど床マテリアルが20種類あります。

10 Texture Sets ‘Industrial 02’テクスチャ

ファイルサイズ合計:30.8MB

サポートUnity Version:4.2.2以上

サイト https://assetstore.unity.com/packages/2d/textures-materials/10-texture-sets-industrial-02-17624

テクスチャ② 20 Man Made Ground Materials

レンガ、フローリング、パネルなど「床&地形」専用テクスチャが20種類あります。

20 Man Made Ground Materialsテクスチャ

ファイルサイズ合計:99.8MB

サポートUnity Version:4.2.2以上

サイト https://assetstore.unity.com/packages/2d/textures-materials/floors/20-man-made-ground-materials-12835

テクスチャ③ 20 Texture Sets ‘Industrial 01’

「金属とプラスチック&ゴム」に特化したPBRマテリアル素材が20種類あります。

20 Texture Sets ‘Industrial 01’テクスチャ

ファイルサイズ合計:32.8MB

サポートUnity Version:4.2.2以上

サイト https://assetstore.unity.com/packages/2d/textures-materials/20-texture-sets-industrial-01-17541

テクスチャ④ 20 Ground Material Sets SCI FI

惑星、洞穴の表面など、SF風のマテリアルが20種類あります。

20 Ground Material Sets SCI FIテクスチャ

ファイルサイズ合計:290.7MB

サポートUnity Version:4.2.2以上

サイト https://assetstore.unity.com/packages/2d/textures-materials/20-ground-material-sets-sci-fi-12401

Unity上でのダウンロードとインポート方法

Unity上から、Unity Asset Storeにアクセスして、テクスチャアセットをダウンロード・インポートする方法をご紹介します。

Unity Asset Storeの操作方法については、以下の記事をご覧ください。

既にUnity Asset Storeの操作方法をご存知の方は、Asset Store内で上記のアセット名で検索してクリックしてください。

UnityAssetStoreで検索

テクスチャをオブジェクトに反映する方法

インポートしたテクスチャをオブジェクトに反映させていきます。

まずはHierarchyウィンドウで右クリックして「3D Object」→「Cube」を選択してSceneにオブジェクトを作成してください。

オブジェクト作成

テクスチャ反映GIF

Projectウィンドウを開き、テクスチャをドラッグ&ドロップでオブジェクトにコピーします。

これでテクスチャが反映できました。

STYLYへアップロードする方法

Unityから、テクスチャを反映させたオブジェクトをSTYLYにアップロードする方法をご紹介します。

UnityからオブジェクトをSTYLYにアップロードする方法はこちらの記事をご覧ください。

Sceneを丸ごとアップロードする方法はこちらの記事をご覧ください。

※Sceneを丸ごとアップロードするためには、Scene内にあるMain Cameraを削除する必要があります。

 

WebEditorに配置

テクスチャを反映させたオブジェクトをWebEditorに配置できました。

自分好みのテクスチャを探すのは面倒な作業ですが、これらのアセットをインポートするとテクスチャを見つけやすくなるので、テクスチャが欲しい時はぜひ使ってみてください。