Asset,

STYLY VIVE版での見え方

 

STYLYで使えるUnityおすすめアセットを紹介したいと思います。今回ご紹介するのは、「Unity Particle Pack 5.x」というアセットになります。
「Unity Particle Pack 5.x」は炎を作れるパーティクルで、無料で使用することができます。STYLYで作った空間内に炎を出現させたいときに使用することができます。

本記事ではアセットの概要、アセットをUnityへダウンロードしてインポートする方法、そして最後にアセットをSTYLYにアップロードする方法をご紹介します。

サンプルアセットをWebEditorで確認する

サンプルアセットをWebEditorで確認するLaunch the WebEditor

※STYLYに登録していれば、本TIPSで作成したサンプルアセットをWebEditorで確認することができます。
アカウント未登録の場合、新規登録を行ってから再度、本ボタンをクリックしてください。

アカウント登録はこちらから
Click here

 

 

サンプル

STYLY GALLERYから「Unity Particle Pack 5.x」アセットをVRで体験できます。
http://gallery.styly.cc/Hitori/9a900d92-ee2b-11e8-b34d-4783bb2170d0

Unity Particle Pack 5.x

Unity Particle Pack 5.xその1

Unity Particle Pack 5.xその2

ファイルサイズ合計:97.3MB

サポートUnity Version:5.5.0以上

サイト
https://assetstore.unity.com/packages/essentials/asset-packs/unity-particle-pack-5-x-73777

Unity上でのダウンロードとインポート方法

Unity上から、Unity Asset Storeにアクセスして、「Unity Particle Pack 5.x」アセットをダウンロード・インポートする方法をご紹介します。

Unity Asset Storeの操作方法については、以下の記事をご覧ください。

Unityの基本操作方法について

既にUnity Asset Storeの操作方法をご存知の方は、Asset Store内で「Unity Particle Pack 5.x」で検索してクリックしてください。

Unity Particle Pack 5.xを検索

STYLYへアップロードする方法

Unityから[Unity Particle Pack 5.x]アセットをSTYLYにアップロードする方法をご紹介します。

UnityからアセットをSTYLYにアップロードする方法はこちらの記事をご覧ください。
UnityからSTYLYにアセットをアップロードする方法

Sceneを丸ごとSTYLYにアップロードしたい場合は、こちらの記事をご覧ください。
Unityシーンアップロード機能の使い方

下のGIF画像は、アップロードしたアセットをSTYLY Web Editorで表示したときの画像になります。

Web Editorで確認

Unityアセットストアを使えば、このように簡単に空間内でパーティクルを実装することができます。

画像内では6つの炎がありますが、以下の画像のHierarchyウィンドウで不要な炎を削除することで、好みの炎のみSTYLYにアップロードすることができますので、Sceneウィンドウで好みの炎を探してみてください。

Unity Particle Pack 5.xのHierarchyウィンドウ

yuriesky

大学3年です。普段はAdobe PremiereProとAfterEffectsを使った動画制作をやっていて、今はVRの勉強もしています。 ↓Twitter↓ https://twitter.com/Hitori_Hara ↓YouTube↓ https://www.youtube.com/channel/UC0bKcaSRqufMRAbHq2lCb-Q?view_as=subscriber

Share this article

Shares
Facebook Twitter Google+ Pinterest hatebu

About STYLY

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。 STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなど クリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。