Unityに自動保存機能を追加する

みなさんはUnityを操作中、突然Unityが落ちたことはありませんか?

保存しないまま作業を進めて、その日の作業内容が全て消えてしまうと大変です。

本記事ではUnityのプロジェクトを自動保存してくれる機能「AutoSave」の使い方を紹介します。

AutoSaveをUnityプロジェクトに導入すれば自動でシーンやプレファブを保存してくれるので、作業効率が向上します。

AutoSaveはUnity界隈で有名なテラシュールブログのtsubakiさんが作成してくださった物です。

Unityへの実装方法

AutoSaveをUnityに導入する方法は簡単で、既存のファイルをUnityにインポートするだけです。

AutoSave.csをダウンロードする

https://gist.github.com/tsubaki/8709502

こちらのサイトから「Download ZIP」をクリックしてzipファイルをダウンロードしてください。

zipファイルダウンロード画面

zipファイルをダウンロード

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、「AutoSave.cs」というファイルがあることを確認してください。

AutoSave.csを確認

AutoSave.csを確認

AutoSave.csをUnityにインポートする

Unityを開き、ProjectにAutoSave.csをインポートしてください。

AutoSave.csをUnityプロジェクトに配置

AutoSave.csをUnityプロジェクトに配置

これでAutoSave.csをUnityに導入することができました。

自動保存の設定

Preferencesを開く

AutoSave.csをUnityに導入したら、メニューバーの「Unity」→「Preferences」をクリックします。

preferences

Preferencesを選択

Unityに関する各種設定を行うポップアップが表示されるので、「Auto Save」を選択してください。

Auto Saveを選択

Unity PreferencesのAuto Saveを選択

「auto save」にチェックを入れると、自動保存機能が有効になります。

Auto Saveの各設定

auto saveの下の3項目にチェックを入れてください。

Auto Saveの設定

全項目にチェック

3項目それぞれの役割を説明します。

  • save prefab:チェックを入れると、プレファブを自動保存します。
  • save scene :チェックを入れると、シーンを自動保存します。
  • save scene interval:自動保存の間隔(/秒)です。

Unityの復元機能

AutoSave.csをUnityに導入すると、Unityの復元機能も追加されます。

メニューバーの「File」→「Backup」→「Backup」を選択すると、現在のシーンのバックアップをとれます。

復元機能

バックアップしたシーンはプロジェクトファイルの「Backup」→「Assets」というフォルダに保存されます。

「File」→「Backup」→「Rollback」をクリックすると、バックアップしたシーンを復元することができます。

注意点

AutoSaveを使用する際に注意が必要な点は、AutoSaveはそのプロジェクトでしか有効でないということです。

新しくプロジェクトを作成した際は、またAutoSaveを導入するように気をつけてください。

最後に

STYLYではUnityで作成したSceneをアップロードできます。

UnityのprefabをSTYLYにアップロードする方法

UnityのSceneを丸ごとSTYLYにアップロードする方法

STYLYのVR空間を体験する方法

STYLYのVR空間は簡単に体験できるので、気軽に作成してみてください。

newbview popup