【無料 3Dデザインソフト】Sketch Upを使ってみた

本記事では、3Dモデリングソフト「Sketch Up」のダウンロード方法から、モデリング制作、STYLYへのアップロードまでをご紹介したいと思います。

数多くある3Dソフトの中で、Sketch Upが他のソフトと比較して特化している部分なども記載していきます。

SketchUpとは

Sketch Upとは、3Dモデリングソフトです。
Sketch Upには、アプリとしてダウンロードするものとWeb上で使用できるサービスのものと2種類あります。今回は30日間無償のダウンロード版Sketch Upでモデリング制作をしていきたいと思います。もちろんWeb版や有料のもので作業を進めていただいても構いません。

ダウンロード版Sketch Upへのアクセスはこちらから。(英語)
※日本語版はこちらから。

Web版Sketch Upへのアクセスはこちらから。(英語)

 

Sketch Upホーム画面

SketchUpをダウンロードする

公式のSketch Upサイトにアクセスし、下の画像にある”Try Sketch Up“をクリックします。

SketchUpをダウンロードする①

ここでは、Sketch Up側から使用目的を問われるので、一番近い項目を選択します。今回はPersonal(個人用)を選択してログインへ進みます。

SketchUpをダウンロードする②

Emailアドレスの入力、またはGoogleアカウントへサインインすることでSketch Up用のアカウント作成ができます。

SketchUpをダウンロードする③

 

①では、興味のある分野を選択します。希望であれば、Sketch Up関連のニュースや情報が送られてくるチェックボックスにチェックを入れます。②のContinue to My Appsをクリックして次に進みます。

SketchUpをダウンロードする④

 

冒頭でも記載しましたが、Sketch UpにはパソコンにダウンロードするアプリとWeb上で使用できるサービスの2種類があります。今回は赤枠にある、ダウンロード版Sketch Upをダウンロードします。

SketchUpをダウンロードする⑤

Download”をクリックすると、.dmgファイルがダウンロードされるのでダブルクリックして開きます。
すると下のウィンドウが表示されるので、Sketuch UpアイコンをApplicatioinsフォルダに移動させることでSketch Upが保存されます。

Sketch Upアプリケーションを保存する

 

アプリケーション内にある、Sketch Upをダブルクリックして起動します。
すると、以下のような同意を求めるポップアップが表示されます。一番下にある同意のチェックボックスにチェックを入れて、”Continue“を押して次に進みます。

Sketch Up License Agreement

 

Sketch Upが起動したら、まずSketch Upにサインインします。先ほど入力したEmailアドレスまたは、Googleアカウントを入力します。

Sketch Upにサインインする

ちなみに、Web版のSketch Upは下の画像のような見え方です。ダイジェストを確認する場合はStart tourへ進み、すぐにモデリング制作を始める場合は”Start modeling”をクリックします。

SketchUp_Web版

 

以上がSketch Upのダウンロード方法でした。
それでは、次から実際にSketch Upを起動してみましょう。

SketchUpのUIと基本的な操作説明

新規シーンを作成とUI

Sketch Upを起動すると、下のような画面が表示されます。

左2つがSimpleという、デフォルトのグリーンのシーンです。それぞれインチとメートルという単位で分けられています。右4つのArchitecturalというグレーのシーンは建築図面表記用のシーンです。

今回は、Sketch Up初心者向けの内容なので、シンプルの単位をメートル表記のものにしました。建築図面表記の方がわかりやすい方はそちらを選んで頂いても構いません。

使用するシーンが決まったら、アイコンをクリックすると自動的に該当するシーンが生成されます。

Sketch Upシーン選択①

または、
File > New Form Template…

ここには、デフォルトで自動表示されるテンプレート以外にも平面図、インテリア用、木工用、3Dプリント用など様々なので、目的に応じてシーンの選択をします。

Sketch Upシーン選択②

 

下の画像が、Sketch Upの作成されたシーンです。

①ツールバー > 3Dモデリングに必要なツールメニュー
②作業エリア > 作成されたモデルや、ツールの効果などが表示される

他の3Dソフトと大きくUI変わりませんが、比較してSketch Upはアイコンや色使いがシンプルで初心者でも使用できそうな気がします。

Sketch Up 新規シーン(Simple、Meters)

 

Sketch Upにおける基本的なマウス操作

Sketch Upで作業をする際は中ボタンでの操作が便利なので、マウスでの作業をお勧めします。
トラックパッドでも作業は可能ですが、都度ツールバーから切り替えて作業するのは面倒なのでここはマウスにしましょう!

回転 > 中ボタン押しながら回す
 中ボタンを押しながらシーン上でマウスを動かすと回転します。

ズーム > 中ボタンをホイール
 中ボタンをスクロールするようにホイールするとシーンの拡大縮小ができます。

パン > 中ボタン+Shift
 中ボタン+Shiftで視線の固定をしたままパン移動ができます。

SketchUpでモデルの制作

さて、準備が整ったらモデルを制作していきましょう。まずはツールバーからRectangleを選択します。

モデル制作_01

 

Z軸の面に四角形を描きます。描きにくい場合は、シーンを回転させると地面が見つけやすいです。
四角形を描いたら画面左下のDimentionsに、4m, 4mと入力します。

モデル制作_02

ツールバーから押し出すアイコンを選択します。そのまま、

引き上げたい面を選択して引き上げます。基本的に操作はこれだけです。”線を描いて、引き上げる“のみです。簡単ですね!

モデル制作_03

 

次に、ツールバーからLineを選択します。

モデル制作_04

 

そのまま上面の対角線に線を追加します。

モデル制作_05

 

次にツールバーから移動ツールを選択し、対角線でクロスしている頂点を引き上げます。
すると、屋根のように三角形になります。

モデル制作_06

 

次に窓を作ります。
ツールバーからCircleを選択します。これを使用して丸窓を作ってみてください。

モデル制作_07

 

丸を二重丸にして、その間を押し出すことで窓枠もできました。わかりやすく大きく描いていますが、皆さんは好きなようにバランス見て制作を進めてみてください。

モデル制作_08

 

次に窓を描いた裏にドアを描いてみましょう。今までと同じ要領で問題ないです。
イメージとして下の画像を参考にしてみてください。

モデル制作_09

 

次に制作したモデルにカラーをつけていきましょう。
ツールバーからペンキバケツアイコンを選択します、するとColorsのパレットが表示されます。そこから任意の色を選択します。選択したカラーはパレット左下に表示されます、その色がアウトプットされるカラーです。

カラーをつけるときは面をクリックするだけでOKです。色を変更しない限り辺をクリックし続けることで同じカラーをつけ続けることができます。

モデル制作_10

 

全体にカラーをつけるとこんな感じです。

モデル制作_11

ここではプレーンカラーを使用していますが、カーペットやレンガ、絨毯、水、ガラス、岩石、フローリング、タイル柄など建築に必要なテクスチャがデフォルトで用意されています。種類も豊富なのでイメージに近いモデリングが可能です。

モデル制作_12

以上がSketch Upでの簡易的なモデリングです。

 

モデルを書き出す

モデルが完成したら書き出してみましょう。

File > Export > 3D Model

を選択します。

モデルを書き出す_01

 

書き出しのウィンドウが表示されたら、OBJ Fileを選択して、Exportに進みます。
すると任意の場所にモデルが3Dオブジェクトとして書き出されます。

モデルを書き出す_02

 

以上がモデルの書き出しです。これでモデル制作から書き出しまでの一連の作業が完了しました。

制作したモデルをSTYLYへインポートしてみる

3Dモデルの準備ができたら、STYLYに入れて完成形をチェックしてみましょう。
STYLYにログインして、空間を作成します。アカウントの作成記事はこちらから。

STYLYトップページ

①>②の順でモデルのインポート画面へ進んでいきます。

STYLY 3Dモデルインポート画面

 

STYLYにモデルをインポートするときは、mtlデータと、objデータの二つを複数選択してインポートします。

マテリアル、オブジェクトデータ

 

モデルのインポートが完了すると、My Modelsにモデルがアセットとして追加されます。これをクリックするとSTYLY Editorに自動でインポートされます。

STYLY My Models

 

作ったモデルをSTYLYで表示するとこんな感じです。綺麗にマテリアルも反映されてますね。

STYLY Editor

 

いかがでしたか。
3Dモデルソフトの中でもかなりシンプルなUIと操作性で遊んだだけでなんとなく操作方法が理解できた方もいたかもしれません。

また、Sketch Upには建築図面表記というシーンが別で設定されていたりデフォルトのテクスチャにカーペットや窓枠柄があることから、やっぱり”建築”や”家具”などの無機物なモデル制作に特化した3Dソフトだと思いました。

多くある3Dソフトから、モデルの用途別にソフトを使い分けるのも面白いかもしれませんね。