フォトグラメトリ用スマホアプリ「display.land」の使い方解説

本記事では「display.land」という、スマートフォンで空間を撮影して3Dモデル化し、他のユーザーとシェアできるSNSアプリの使い方と、3Dモデル化した空間をSTYLYにアップロードする方法を紹介します。

display.landとは

空間を3Dモデル化

display.landはフォトグラメトリという手法を用いて、空間や物体を3Dモデル化できる無料アプリです。

また作成した空間をトリミングしたり、デコレーションしたりもできます。

空間の撮影から3Dモデル化、編集、アップロードまで全てを、スマートフォンだけで行えるので、誰でも気軽に始められます。

他のユーザーの空間を見る

他のユーザーが投稿した3Dモデルを見て楽しむとができます。

他ユーザーが投稿した空間を楽しめます

他ユーザーが投稿した空間を楽しめます

他SNSアプリと同様にいいねをしたり、コメントを書き込んだりできます。

3Dモデルをエクスポート

作成した3DモデルはOBJ形式でダウンロードできるので、UnityやBlenderにエクスポートが可能です。

本記事ではUnityへエクスポートする方法を紹介します。

display.landをダウンロード

アプリのダウンロードはこちらからできます。

https://get.display.land/

display.landはiPhone・Android対応です。

アプリを起動して、生年月日やユーザー名などを入力するとアカウントを登録します。

空間を3Dモデル化する手順

撮影方法

スマートフォンを持ち移動して撮影します。

画面の+をタップすると撮影画面が起動します。

+をタップして撮影開始

+をタップして撮影開始

スマートフォンを自分の顔くらいの高さで持って、空間を撮影してみましょう。

画面の「BEGIN」をタップして、ピンク色のバーが「MIN」まで伸びるまで撮影してください。

MINまで撮影

MINまで撮影

きれいな3Dモデルを作るには、様々な角度から撮影する必要があります。

もし、うまくいかない場合は、ゆっくりと歩いて撮影してみてください。

アップロード

撮影が完了したらタイトルと撮影場所を入力します。

タイトルを入力

タイトルを入力


場所を入力

場所を入力

タイトルと撮影場所は後からでも変更が可能なので、仮入力でも大丈夫です。

「UPLOAD NOW」をタップするとアップロードされ、3Dモデルが制作されはじめます。

3Dモデルの制作開始

3Dモデルの制作開始

Upload、Processが100%になると3Dモデルが完成されます。

完成すると通知で教えてくれるので、それまで待ちましょう。

撮影した量とスマートフォンの性能によって、3Dモデルの作成時間は変わりますが、最も少ないデータ量なら、10分程度で完了します。

処理中の画面

処理中の画面

完成すると、「Drafts」に下書きとして追加されるので、ここから3Dモデルの確認や編集ができます。

下書きに保存されます

下書きに保存されます

 

基本操作

空間を見たり、編集するためには最大3本の指を使って操作します。

基本操作方法

基本操作方法

操作方法は左上の?マークから見られます。

操作方法を簡単にまとめると

指1本で視点の移動

指2本で回転とズーム

指3本で視点の高さを変更

と覚えるとわかりやすいと思います。

編集方法

「Drafts」から編集したい3Dモデルをタップして、「EDIT」を選択します。

トリミング

画面下の「CROP」モードを選択して、制作した3Dモデルをトリミングします。

編集画面

編集画面

うまく撮影できなかった場所を切り取り、きれいな3Dデータにします。

トリミングの操作方法は?マークから確認できます。

トリミングの操作方法

トリミングの操作方法

ピンク色の面を動かして、トリミングする場所を決めます。

トリミング

トリミング

オブジェクトの追加

画面下の「OBJECTS」モードを選択すると、空間にオブジェクトを追加してデコレーションできます。

ここでは詳しく説明しませんが、?マークから操作方法を確認して遊んでみてください。

オブジェクトの追加

オブジェクトの追加

 

トリミングやオブジェクトの追加が完了したら、右上のチェックボタンをタップします。

変更の確認をされるので、「UPDATE」をタップして保存完了です。

3Dモデルをシェア

作成した3Dモデルを公開しましょう。

PREVIEWを選択

PREVIEWを選択

「Drafts」から公開する3Dモデルを選択して、「PREVIEW」、「PUBLISH NOW」とタップします。

PUBLISH NOWを選択

PUBLISH NOWを選択

公開した後は「Published」に追加され、3Dモデルを確認できます。

公開済みに追加されます

公開済みに追加されます


公開された状態

公開された状態

Unityにエクスポート

リンクをコピーしPCでダウンロード

display.landに公開した3Dモデルは、OBJ形式でダウンロードできます。

ダウンロードしたい3Dモデルの矢印マークからリンクをコピーします。

矢印を選択

矢印を選択


Copy Link を選択

Copy Link を選択

コピーしたリンクをPCで開き、display.landにログインします。

PCでリンクを開いてログイン

PCでリンクを開いてログイン

 

ログイン後に画面右上のボタンをクリックするとダウンロード形式が選べるので、OBJ3D Meshを選択してダウンロード完了です。

右上からダウンロード

右上からダウンロード


OBJ3D Meshをダウンロード

OBJ3D Meshをダウンロード

Unityへエクスポート

ダウンロードしたZIPファイルを展開し、Unityへエクスポートします。

Unityへエクスポート

Unityへエクスポート

シェーダーの変更

display.landなど、フォトグラメトリで制作した3DモデルはマテリアルのシェーダーをUnlit/Textureに変更するとdisplay.landと同じ見た目に近づきます。

シェーダーをUnlit/Textureに変更

シェーダーをUnlit/Textureに変更

シェーダーの変更については、こちらのフォトグラメトリの入門記事でも紹介されているので参考にしてみてください。

 

STYLYにアップロード

UnityからSTYLYに3Dモデルをアップロードする方法は以下の記事を紹介されています。

STYLYアカウントを作成する

アカウント作成方法

STYLYにアップロードする方法

UnityからSTYLYにアップロードする方法

 

STYLYにアップロード

STYLYにアップロード

STYLYにアップロードするとこのようになります。

 

×